2021年10月27日

ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ Vol.7-2 萩原杏香さん(前編)

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」
三豊市内で暮らす人たちのライフスタイルを紹介 Vol.7-2(前編)

最近、三豊では、幅広い世代で移住をしてきている人たちがいます。
自分の住みたいところを選んで移住してきた人たちが、どのような暮らしをしているか、伺ってきました。


2021年1月より三豊へ移住
萩原杏香さん (26歳)

247287569_421150666056982_8488853206954986409_n.jpg

長い髪にすらりとしたおしゃれな雰囲気💓
海外の海岸沿いを歩いていても似合いそうな、明るい雰囲気のある杏香ちゃん。

杏香ちゃん
「私、世界のどこに行っていても、ラテン系の人たちとノリがあうんです。なぜか三豊には、ラテン系に近いような明るいパワーを感じて、移住した・・・、というより、今は海外留学中のような感覚です!」

え〜!?
本州から海を越えた四国の、日本で一番小さな香川県の、西の片隅にある三豊で、ラテンのパワーを!? そこでの『海外留学中の気分』という三豊へのいきさつと、現在のライフスタイルをお聞きします。

世界のどこに行っても・・・ってお話でしたが、若いころから海外に興味があったの?

杏香ちゃん
「出身は、奈良県、家は世界遺産の法隆寺の近くです。
小学校4年生の時、親戚が住んでいたオーストラリアに、家族旅行として始めての海外旅行に行きました。その時の空港の雰囲気や飛行機、そしてキャビンアテンダント(以下CA)さんの雰囲気に憧れて、CAを目指すようになりました。」

247245421_619259619247574_6707627527667747141_n.jpg
(小さいころから目指せ!キャビンアテンダント💓)

「奈良県内の公立高校で、唯一外国語学科がある高校に進学し、その後も関西外国語大学の英語科で学びながら、エアラインコースにも参加していました! 本気で国際線CAになりたかったので、まじめに英語を学ぶ大学生活を送っていました。」


今、三豊にいるということは、結局CAにはならなかったの?

杏香ちゃん
「CA一直線という感じですごくまじめに学生生活を送っていたのですが、いざ就職活動が始まりそうになる3回生になった頃に、これだけ世界を飛び回る仕事を目標に英語を勉強してきたけれど、実際本当に英語はしゃべれるの?って自分に対して疑問がわいたんです。正直に言うと、自分の英語力に自信がないということに気が付いたというか・・・。
それで、CAを目指すことはいったん横に置いて、海外で自分の力で暮らしてみようと思いました。」

247293628_425684508993170_7630950204469386905_n.jpg
(語学の勉強を頑張っていた大学の卒業式♪)


おー! 飛び出していった海外の行先は?

杏香ちゃん
「ワーキングホリデーで、1年間、アイルランドへ行きました!
当時、ワーキングホリデーが利用できるヨーロッパの英語圏だと、イギリスかアイルランドの2か国。イギリスは人気が倍率も高かったのですが、アイルランドは定員割れで、合格しやすそうかなと! 
アイルランドって国の場所も歴史も全く知らなかったのですが、知れば知るほど、自然がワイルドで豊か、田舎っぽさや古い町並みが残っている感じが、私には合いそうだと思って、行く前からワクワクしていました!」

247221654_929819640976699_4741077606881904080_n.jpg
(アイルランド滞在中♪)

実際、アイルランドに行ってみてどうでしたか?

杏香ちゃん
「首都のダブリンは、一言でいうと、寛大な街! アイルランド独特の伝統ある雰囲気を残しつつも、いろいろな考えや生き方に寛大で多様性に溢れた街でした。
国で言うとヨーロッパ中のいろんな国から、さらに南米の方も多かったですし、生き方・ライフスタイルにそれぞれの価値観を持っている人も多かったのですが、誰もが自分の価値観を大事に生きることを受け入れている街でしたね。」

247130357_412576106938045_1283691739075733868_n.jpg

アイルランドでの生活は、順調でしたか?

杏香ちゃん
「いろんな発見がありましたし、強くなれたと思います! 
発見は、ラテン系の人たちと気が合うんだということ! 気が付いたら、周りは南米からアイルランドに来ている人たちが多くて、何があっても明るく元気なラテン系の人たちと一緒に過ごすことで元気でいられましたね。
そして、住んでいたところの水と電気が1ヵ月くらい止まったことがありました。さすがにこの時は『もうだめだ〜日本に帰ろうか・・・』と弱気になりそうだったのですが、アパートの住人の人たちと仲良くなったりして、結果乗り切れたんです。そんなサバイバル経験を通して、何とかなるよって強い気持ちを持てるようになりました。」

247205250_919791522248007_3554654283824543484_n.jpg

海外らしいエピソードの数々を乗り越えて、どこでも生きていける自信がついたんですね! アイルランドからは1年で日本に戻ったのですか?

杏香ちゃん
「アイルランドには1年間滞在して、関西に戻りました。
またすぐにでも海外に行きたいという気持ちもあったのですが、戻った頃、ちょうど新型コロナウイルス感染症の影響で、海外渡航が難しくなりました。
これからどうしようかと考えながらも、実家のある関西を拠点に、興味のあったインテリアの勉強をしたり、バイトをして過ごしていました。」


香川へのご縁はどうやって生まれたの?

杏香ちゃん
「2020年の秋ころ、高松出身の大学時代の友人に、『香川に移住しない?』と声をかけてもらい、2泊3日で香川に遊びに来たことがきっかけとなりました。香川と言えば、県庁所在地のある高松市くらいしかわからなかったのですが、友人が案内してくれたのは三豊市のエリアだったんですね。2泊3日という短い時間でしたが、海外に縁のある方や、新しいプロジェクトに次々取り組んでいる人たちに会うことができて、直感的に、ここならやっていけそうだなと感じ、すぐに移住することを決めました!」

247297937_1082292869180789_6758057088319408922_n.jpg
(右:杏香ちゃん
 左:三豊への案内をしてくれたあきはさん
   =>あきはさんは三豊市仁尾町のゲストハウス「平田屋」を運営中


聞いたこともなかった土地に、直感で飛び込んできたんですね!

杏香ちゃん
「アイルランドに行った時と、似ている感覚がしたんです。アイルランドも、最初は知らない国だったけれど、自然が豊かでいろいろな生き方をしている人を受け入れる懐の深い国でした。三豊も、聞いたことがない街の名前でしたが、自然が豊かで、いろいろな人が住んでいそうだということで、あまり迷わなかったですね。」


飛び込んできたという三豊ライフ♪
どんな風に溶け込んでいくのか、後編は明日のブログに続きます。


posted by ほんまモンリポーター at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ Vol.7-1 牛込麻依さん(後編)

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」
三豊市内で暮らす人たちのライフスタイルを紹介 Vol.7-1(後編)

2019年12月 三豊市へ移住
牛込麻依さん(27歳)

247690167_4585272671527880_3154725783750458215_n.jpg

 三豊へ移住するまでのお話:前編はこちら

三豊での生活のスタートは、どう始まったの?

ごめちゃん
「先に移住してた先輩の紹介もあり、三豊で香川暮らしをスタートさせることにしました! 
最初は、三豊市豊中町のUDON HOUSEで手伝いをしながら住みこみをさせてもらいました。」

 〇三豊市豊中町のUDON HOUSEのご紹介記事はこちら

「その後、三豊市仁尾町のGATEを改装するタイミングに合わせて、こちらも住み込みをしながら、DIYを手伝ったりしました。DIYはあまり向いてないなと思いましたけど(笑)」

 〇三豊市仁尾町の「GATE」のご紹介記事はこちら


仕事はどうやって見つけたの?

ごめちゃん
「滞在していたGATEから行きやすい範囲で、まずは、Café de flotsに、『働かせてください』ってお願いに行きました。ちょうど2020年春のオープン準備を進めていたゲストハウスKubelの立ち上げの手伝いや、父母ヶ浜の塩の広報などに関わらせてもらいました。」

 〇Cafe de flotsの裏に立ち上がったゲストハウスKubelのご紹介記事はこちら


働かせてくださいと飛び込んでいったんですね!!!
結局、今は、どんな働き方をしているの!?

ごめちゃん
「移住して1年経ったくらい、2021年春に、この地でしっかりやっていこうと個人事業主として登録をしました。今は、地元の商店での運営サポート、ゲストハウスの運営。
もちろんほんまモンレポーターとして地元のライター業も!
他にも、今は福岡で起業した友人の仕事を手伝ったりと、いろいろな仕事にチャレンジさせてもらっています。」

247568599_269934868396610_4721897953780984168_n.jpg
(運営を担っているゲストハウス リアン)

 〇海辺のゲストハウス リアンのご紹介記事はこちら

244648022_553815785687737_3224939440729601031_n.jpg
(ゲストハウス目の前の夕景)


個人事業主としての働き方は、今の三豊の生活にあっていたんだね!
自ら飛び込んで、自分らしい生き方や働き方を作っていっている感じですね!

ごめちゃん
「昨年は、父母ヶ浜芸術祭vol.0が開催されたのですが、その運営メンバーにも飛び込ませてもらいました! アーティスト対応やボランティアメンバーの募集や調整、会場運営などで、芸術祭期間だけではなく、準備期間から入れたら2か月くらい、飛び回っていました。」

244464861_1050649439070484_2631884587996585188_n.jpg
(父母ヶ浜芸術祭運営メンバーと♪ ごめちゃんは一番右)

「芸術祭の運営を通して、地域でがんばっているメンバーと一緒に働く楽しさだけではなくて、小さな地域だからこその難しさも感じましたし、幅広い年上の人たちの考え方の違いにも触れました。どうやってまとめようと真剣に向き合う日々でしたね。
芸術祭が終わった後、周りの方たちから、『すごく頑張ったね!』と声をかけてもらえて、地域の方にちょっとだけ認めてもらえたのかなと、嬉しかったですね。」

247046738_689198455392057_8155004338624199501_n.jpg

123486812_394045358449748_1973824130442179370_n.jpg
(芸術祭期間中のお仕事中!)


しっかりと地域の人たちと関係を作りながら、自分の居場所や役割を見つけて行ってるんですね! 
最後に、これからのことについて、伺います。

ごめちゃん
「今、三豊では、まだまだ新しいプロジェクトを準備している話を聞いていて、もちろんそこにも関わりたいとは思っています。でも、機会があれば、プロジェクトをゼロから立ち上げるところにも関わっていきたいなと思っています。そのためには、私ができることをしっかり伝えられるように、成長していきたいなと考えています。」

「東京で働いていた時は、突然、瀬戸内海に行きたい!みたいに、リフレッシュをしないと生きられないくらいの生活でした。
今は、毎日、荘内半島の海を見ながら、通勤しているんですね。日々、いろんなことがあっても、毎日リセットされて、リフレッシュに出かけていく必要が全くなくなりました。
瀬戸内海を見ながら暮らすのが日常になって、そして好きな人たちと働けて、日常が落ち着いていますね!

「これからも、島でおじいちゃんたちの会話に飛び込んできたみたいに、三豊を拠点に興味があるものに飛び込みながら、自分らしいペースで生きていくんじゃないかなと、なんとなく感じています。
そしてもう一つ、大学でも学んだ大好きなアートにかかわる時間を、少しずつ増やしていけたらいいな・・・とは思っています。」

247242357_572527900636392_6372175960244012814_n.jpg

ありがとうございました!

飛び込みながら、でも自分のペースを大切に、好きなものに囲まれる暮らし・・・
悩みながらも、自分らしいライフスタイルを作っていくお話が、生き生きと輝いていました!
これからも、素敵な出会いを一つずつ重ねて、三豊だけではなく、自分らしく活躍していく姿、応援しています♪

248267266_934538623810928_1108600219691209135_n.jpg
posted by ほんまモンリポーター at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月25日

ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ Vol.7-1 牛込麻依さん(前編)

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」
三豊市内で暮らす人たちのライフスタイルを紹介 Vol.7-1(前編)

最近、三豊では、幅広い世代で移住をしてきている人たちがいます。
自分の住みたいところを選んで移住してきた人たちが、どのような暮らしをしているか、伺ってきました。


2019年12月 三豊市へ移住
牛込麻依さん(27歳)

IMG_1481 (1).jpg

現在、週刊みとよほんまモンRadio!のほんまモンレポーター「ごめ」ちゃんとして、一緒に三豊市内を飛び回っているメンバーでもあります。
(以下、「ごめちゃん」でお話を伺います)

ごめちゃんの出身は、群馬県ですよね? 瀬戸内にはどういうご縁でやってきましたか?

ごめちゃん
初めて香川県、そして瀬戸内海に来たのは、8年ほど前、大学2年生の時です。
大学で、美術史を専攻したかったので、美術を勉強するなら『アートの島々』のある瀬戸内に行っておかなければと思いました。」

最初の旅は、直島に2泊3日の旅でした。まずはかぼちゃのあるところに行かないと思って! 
そしたら、瀬戸内海に魅了されましたね! 海の穏やかさ、多島美、出会った人たちのあたたかさ・・・、なんていいところなんだと!」

246984748_588868558978863_7981071658599464028_n.jpg
(初の直島上陸時、記念の写真♪) 

初めての島旅で素敵な出会いがたくさんあったんだね♪

ごめちゃん
「次は豊島に行こう!とすぐに決めるくらい、島旅にハマりました!
そこから、大学の休みができるたびに瀬戸内の島々を巡ってました。」

「大学4年生の時の卒論のテーマを『瀬戸内国際芸術祭2016』にしました。
卒論のために、芸術祭をサポートするボランティアのこえび隊に参加したり、縁のあったアーティストさんの作品制作を手伝いに1週間くらい住み込みをさせてもらったりもしました。」

244461483_226429099552761_4791976017072098754_n.jpg
(2016年、住み込みでアート制作に関わっていた時の写真)

瀬戸内に来るたびに、いろんな出会いやご縁で、色の濃い島時間を過ごしていたんだね!

ごめちゃん
「島に行ったら、わからないことを島の人に聞いたり、地元のおじいちゃんたちの会話に飛びこんでみたり、旅行者としてではなくて、島で過ごすのが当たり前の感覚で、溶け込みながら過ごしています。毎回、あったかい出会いがあって、島に行けば行くほど瀬戸内が好きになりましたね。」

248238326_372220804592982_5135099514639195787_n.jpg
(島の人と交流するのが旅のスタイル💓)


ごめちゃんらしい旅のスタイルが、瀬戸内の島での時間にぴったりと合っていたんだね!
瀬戸内に住みたいと思った?

ごめちゃん
「40代になったら、瀬戸内の島に住もう! それまでしばらくは、東京で仕事を頑張ってみよう! 大学を卒業する時にはそんな風に考えて、まずは東京で就職をしました。
それでも、ちょっと休みが取れると、瀬戸内に島に通っていました。」

247173949_481776069605106_9003307718896051031_n.jpg


島への旅って、船の時間を調べたり、島内の移動手段を考えたり、準備もあると思うけれど、調べたり準備をしてきていたの?

ごめちゃん
「最初のうちは、港の場所や移動手段なども調べていました。島に行く計画を立てるのは大好きだったんです! 
でも、だんだん行き当たりばったりでも行けるようになりました。意外と何とかなるんだって!」

247052744_285653246786992_4673275055804647580_n.jpg
(とある日の島旅風景♪)


本当に瀬戸内の島が大好きなんだっていうのが、話からすごく伝わってきました!
でも、思ったより早く、しかも、島ではなくて、三豊に移住することになったんですね?

ごめちゃん
「2017年、東京の会社に入社したのですが、少し頑張り過ぎてしまって、入社2年を過ぎたくらいに、体調を崩してしまいました。
少しゆっくり過ごしたいなと思い、2019年春、瀬戸内に遊びに来ました。
ちょうど瀬戸内国際芸術祭2019の春期会期中だったので、こえび隊としてボランティアをしたり、観光を楽しんだりして、瀬戸内で過ごしたのですが、その時感じたのが『久しぶりに深呼吸できた!』という感覚でした。ここなら、健康に暮らせるかもしれないと!」

247142484_1789566694765558_4549540785960075639_n.jpg


東京の会社員生活に疲れていた心と体にも、瀬戸内の島々の時間は、いい癒しの時間をもたらしたんですね! 
2019年春に遊びに来て、その冬に移住、タイミング的に、そこから移住への流れが速かったね!

ごめちゃん
「そうですね。芸術祭の春会期が終わったころには、『やっぱり自分が好きな瀬戸内に移住しよう!』と決めて、その冬には移住していましたから!」

「東京に帰って、家を引き払って、友人が住んでいる拠点をいくつかまわりながら、本当に香川でいいのかな?ということを感じながら夏の間を過ごしました。

そして秋前に『やっぱり香川で大丈夫だ!』と確信に変わり、香川に戻ってきました。」


2019年秋には、また瀬戸内国際芸術祭の秋会期がありますもんね!

ごめちゃん
「2019年の芸術祭秋会期には、こえび隊として高松を拠点に、約2ヶ月、香川県に滞在しました。こえび隊の宿舎は、台湾、中国など海外からのワーキングホリデー制度で日本に滞在している人も多く、みんなで世界の料理を作って一緒に食べたり、元気の溢れた人たちと一緒に過ごしていたので、どんどん元気をもらいました!」

「秋会期は、香川県の西の方の島も芸術祭が行われているので、粟島や志々島にも遊びに来ました。」

247070770_597020158379195_4288836490884629007_n.jpg
(2019年 こえび隊滞在時の楽しかった思い出!)


粟島、志々島、そして三豊の印象はどうでしたか?

ごめちゃん
「なんとなくなんですが、粟島や志々島に行ってみて、こっちのほうが生活の感じが見えて落ち着くな〜と感じました。島に暮らしている人たちが、普通に自分たちのペースで暮らしているように見えましたね。

247180040_644610353366973_3006218864002988039_n.jpg
(粟島上陸!)
あと西の方は、うどんが美味しいなと、いりこ出汁の美味しさもよかったです!」

「2019年秋会期の頃、ちょうど東京の会社員時代の先輩が、三豊に移住したと聞いて、お話を聞かせてもらいました。
先輩が三豊で会った人たちの話をしてくれたのですが、面白い人がいっぱいいるよと話してくれて! 
その話が面白そうで、地方を元気にするために働いている人たちにも興味がわきましたね!」


そのご縁で、2019年冬には、三豊に移住したんですね!

ごめちゃん
「どうして瀬戸内に住みたいと思ったのか、考えてみました。
その気持ちは、ただ『好きな場所に住みたい!』という気持ちでした。
何をしなくてもいいから、自分が感じて、自分で選んで、自分がいいと思ったところに住みたい!って思った時に、ちょうど三豊とのご縁があったという感じですね。
高松よりも田舎っぽい感じも、生活をするのにちょうどいいかなとも思いました!」

248333569_915958692384961_8880316670347181786_n.jpg

瀬戸内の島旅を楽しんでいたごめちゃんが、いよいよ三豊へ移住♪



posted by ほんまモンリポーター at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

アップサイクルで新たな魅力を創出。喜田建材の取組み

三豊の話題をDEEPにお届け

週刊みとよほんまモンRadio!

10月22日のゲストは・・・

三豊市詫間町
株式会社 喜田建材
企画室の大井彩花さん

秋田県出身の大井さんですが、香川に来るきっかけとなったのが、アメリカ人のご主人が「神奈川」と「香川」を間違えた!?という偶然だったとか!
ですが素敵なところ、と香川を気に入ってくださり今に至るんだそうです。

そんな大井さん、縁があって「地域のためにがんばっている企業に出会った」という、現在お勤めの
株式会社喜田建材は、

住宅建材の卸売りを中心に
不動産業、ゲストハウスの運営、
インテリア雑貨ショップ、ラーメン店など
幅広く事業を展開中。

今回は、
令和3年度かがわ県産品コンクールで入選した

「IRIKO CIRCLE 大漁箱」

について、教えていただきました。

この大漁箱には
 食べるいりこラー油
 いりこのキャラメル
 いりこのフロランタン
 いりこダックワーズ
と、4つのアイテムが入っています。
その中から
食べるいりこラー油をスタジオにお持ちいただきました!

IMG_20211022_135618.jpg

小豆島のごま油、ラー油
庄内の香川本鷹
伊吹島のいりこ
といった地元の愛をいっぱい詰め込んだものになっています。

20211022_140204300.jpg

さっそく2人で試食・・・
歯ごたえがいい
お酒ともあいそう
おかずにもなる!
といった感想が♪

そのままごはんに乗せても・・・
IMG_20211022_191817.jpg

刻んだキャベツと炒めるだけで
ささっとあと一品完成☆
IMG_20211022_190156.jpg

その他にも、
パスタや味付け、おうどんのトッピング・・・
色々な食べ方が楽しめます!

11/1(月)から販売スタート
地元三豊の、雑貨屋さん、アンテナショップなどから順次展開していくとのこと。
見かけた際にはぜひご賞味ください!

さて、
この食べるラー油に使用しているいりこ、
実は普通のいりこではありません!

出汁をとったあとの
「だしガラ」なんです。
出汁をとった後なので塩分が下がっていて、カルシウムはしっかり摂れる、いい所尽くし!

喜田建材は、
いぶきいりこセンター
というラーメン屋さんも運営。

出汁をとる際、毎日いりこのだしガラが出る・・・
それをアップサイクルしたものが
食べるいりこラー油! というわけです

―ところで・・・アップサイクルとは?

(大井さん)「だしガラというと普通は捨てられてしまうものですが、『いりこ』は香川にとって背骨とも言えるような産品だと考えています。
そのいりこにスポットライトを当て、付加価値をつけてパワーアップさせる、そうして誕生したのが食べるいりこラー油なんです。
香川のプライドをぎゅっと詰め込んだので、地元の方も嬉しいと思いますし、県外の方にも、香川の魅力を知ってもらえる商品になったと感じています」

―アップサイクルに注目するきっかけは何だったんでしょうか?

(以下、同)「雑貨インテリア部門、不動産部門、色々な事業を進めていく中で価値あるものが捨てられてしまう、というところをたくさん見てきました。色々な事業展開していく中で、企業として何ができるか?
(アップサイクルできるものを)見つけて、我々で付加価値をつけてお客様に手に取ってもらう、生活に取り入れてもらう、ということに取り組んでいます。いりこサークルもその一部で、他にも、廃材・倒木などを使って眼鏡を作る、といったこともしています。

三豊市は、空き家問題も深刻です。
そこで、空き家にコンテンツを入れる。
地域の人、観光客、空き家の持ち主・・・みんなが幸せに、喜んでくださいます。
まさに『さんぽうよし』という喜田建材の理念に適ったもの、それがアップサイクルです」

20211022_140518873.jpg

―空き家問題も・・・
考えさせられることがたくさんあるのでは?

「私たちは(空き家問題に対する)武器をたくさん持っています。
ゲストハウス事業もそのひとつです。喜田建材はおうちづくりのサポート、つまりお客様に建材を買ってもらうのが本来のお仕事
一方でおうちを建てるお客様は土地が必要、そこで不動産部
優良工務店とお客様を繋ぐ仲人的役割、と業務を展開しているわけですが、

ゲストハウス事業は、実際に建材を体感してもらう『泊まれるショールーム』としての役割も担っているんです。
@空き家問題に対処するA等身大の私たちの建材を見てもらう・・・両方の目的でゲストハウス事業を行っているんです」

現在喜田建材では、三豊、観音寺、丸亀に
13棟ほどゲストハウスを運営。

こけ枝さんのご友人も利用された際、景色の良さ・快適さにとても驚き、喜んでくれたそうですよ!

それぞれ違うコンセプト、個性があるので、
どこに泊まるか迷ってしまいそう

どこも素敵!で非日常を感じられるゲストハウス
一緒に利用する人、目的などに合わせて、選んでみてください。

現在、新うどん県泊まってかがわ割も利用できます。
「県内の皆さんに、三豊の魅力を改めて発見してほしいです。
あまり来る機会がないという方もこのチャンスにぜひ」
と大井さんからメッセージもいただきました。
ゲストハウスについての詳細はこちらをご覧ください。

大井さんのお話を伺って、今後も様々なフィールドでの喜田建材さんのご活躍がより楽しみになりました!!
ぜひ皆さんもSNS等で最新情報チェックしてくださいね

Instagramはこちらから♪

次回の週刊みとよほんまモンRadio!もお楽しみに。

1634914102139.jpeg

株式会社 喜田建材
住所     :三豊市詫間町詫間890-1
電話     :0875-83-3669
ホームページ :https://www.demi-kitaken.com/


■□■□■□■□■□■□■□■□
週刊みとよ ほんまモンRadio!
エフエム香川 78.6MHzにて
毎月第1、2、4金曜日
14:00〜
(Weekend shuttle 内)
※スマホとPCで使えるアプリradikoで、無料会員の方でも放送から1週間はお聴きいただけます
■□■□■□■□■□■□■□■□

posted by ほんまモンリポーター at 23:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

「IRIKO CIRCLE 大漁箱」とは・・・!?|喜田建材

本日午後2時ONAIR!!

週刊みとよほんまモンRadio!

今回のゲストは・・・
株式会社 喜田建材
大井彩花さん

ご紹介いただくのは、
令和3年度かがわ県産品コンクールにて入選された
「IRIKO CIRCLE 大漁箱」

一体どんなものなの?
誕生のきっかけは?

など、詳しくお伺いしますよー!

IMG_20211022_135618.jpg

地域の皆さんに喜んでいただくために、と
常に新しいことに挑戦し続ける、喜田建材の皆さん。
どんなお話が伺えるか、楽しみですね!

お聞き逃しなく

■□■□■□■□■□■□■□■□
週刊みとよ ほんまモンRadio!
エフエム香川 78.6MHzにて
毎月第1、2、4金曜日
14:00〜
(Weekend shuttle 内)
※スマホとPCで使えるアプリradikoで、無料会員の方でも放送から1週間はお聴きいただけます
■□■□■□■□■□■□■□■□
posted by ほんまモンリポーター at 10:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする