2016年03月17日

宗吉瓦窯跡史跡公園と宗吉かわらの里展示館


春本番の暖かさが続くのかと思いきや
また冷んやり寒さがもどったりと
まさに三寒四温のきょうこの頃
春の訪れが待ち遠しい“ふじやま”です

先日、久しぶりに取材にいってまいりました
張り切って向かった先は、宗吉かわらの里展示館
個人的には初めて訪問するということもあり
わくわくしながら施設内外を見学させていただきました


それでは、さっそくレポートです🎤

ここは、三豊市三野町に残る国指定史跡 宗吉瓦窯跡
宗吉瓦窯跡は、飛鳥時代(650年頃)に生産を開始した
四国で最も古い瓦専門の窯跡群です

調査によって発掘された瓦窯跡には
3つの大きな特徴がありました🌟

これだけは知っておきたい宗吉瓦窯3つの特徴
     👉その@   藤原宮で使われた瓦の中で一番遠くから!
         👉そのA   窯跡が24基。当時としては日本最大規模!
 👉そのB   17号窯は、長さ13Mと全国最大級!
と、そのどれもが日本を代表する内容のものばかりなんです!

28A16A81-76E8-4664-85DB-9603ABD8DCD4.jpg
2009年にオープンしたのがこちらの展示館
655B4C6D-F6D6-4EA2-8AF9-B783A316BAF4.jpg
遺跡にまつわる展示やイベントの開催などで賑わいまするんるん
76BBD4DA-2CC2-4764-9008-42113773A522.jpg
屋外展示では、古代の瓦窯群の景観を復元
0CA931B1-33DD-48A0-9DF6-94149EC4C8B8.jpg
遺構の保存状態が良好であった16 号窯跡を
実際の遺構上にレプリカで再現してあります
65CCEFE4-D12F-48D0-8BCE-7B2ED7739DAE.jpg
発掘現場の迫力を体感できますよ〜⛏
C8A22817-CF94-4736-89AE-ECC480CD0185.jpg
芝生広場では、各種イベントも開催されるようです



4FA1197D-F6D3-4735-AC10-899566ED4997.jpg
展示館の中へ入ると
9D51C7CE-A508-49A1-A0EB-C6F5D313E720.jpg
藤原宮の南面大垣の一部を古代の道具と方法で再現した屋根や
当時の瓦製造の様子を再現したジオラマ
DA91FEB4-80A7-4DB8-9A2D-36AA7702F77E.jpg
そして、出土品約130点を常設展示しています
窓からは宗吉史跡公園の窯跡群を一望できますよ〜

7A749A6D-5DC8-4BCC-99E9-DB59B7EFF0C3.jpg
万葉衣装研究家の山口千代子先生監修のもと
笠田高校生活デザイン科の生徒さんたちの手によって復元された
飛鳥時代の古代衣装も展示されていました

BF30D576-A20E-4322-ABC2-0019A5696FD3.jpg
こんなものも発見しちゃいました✨
F772AA05-CEF0-4987-840D-3DBCCC3A132F.jpg
現在、こちらの宗吉瓦窯は宗吉瓦窯跡史跡公園として
地域ボランティアの協力を得ながら整備され
国の史跡として大切に守られているそうです



ということで、今回はいろいろと勉強をさせていただきました
身近なところに、歴史と文化を感じられる場所があったんですねぇ
余談ですが、展示されていた古代衣装を身に纏えば…
より身近に歴史を感じられますよ❗️
ぜひ一度、飛鳥時代にタイムスリップしてみませんかぁ⁉️



「第7回 宗吉史跡まつり」のお知らせEA9A0F55-8503-42D9-AEFC-126ABCD697AC.jpg

              日時:3月27日(日)11時00分〜17時30分
会場:三豊市宗吉瓦窯跡史跡公園

今年で7回目を迎える、宗吉史跡まつり。
今年の能舞のテーマは「高砂」です。
どうぞお楽しみください。



<駐車場のご案内>
当日は史跡公園の駐車場は使用できません。
三野町体育センターに広い駐車場をご用意しております。
そこからシャトルバスで会場までお越しいただくよう、
ご協力をお願い致します。






posted by ほんまモンリポーター at 21:29| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

今年はサル年・・・ということで、「大浜百々手」に注目してみました♪


春の荘内半島の風物詩 『百々手』
今週末には、荘内半島の大浜地区で、百々手まつりがおこなわれます。
こちらの大浜の百々手まつり、県の無形民俗文化財にも指定されています!

043-df8f9-thumbnail2.jpg


大浜自治会副会長の森伸男さんに伺いました♪
10344864_1555545421440967_1027792031_n.jpg


大浜百々手まつりは・・・
宮の的(船越八幡境内)と浜の的(浜・海岸、今は埋め立て)で二箇所で行われます。

大浜百々手祭の会場ともなる船越八幡神社
はこちら

618.JPG

 ☆大浜の百々手会場への道順など、詳しくはこちらから


今回、こちらの大浜の百々手をご紹介するのは・・・
猿投げ百々手と言われているからなんです。

大浜の百々手では、手づくりのぬいぐるみの猿を
神事の時に、射手さんがもち投げのように、撒くそうです!

022-48fe5-thumbnail2.jpg


なぜ猿なのか?!



災難がさる
災いがさる
困難がさる

と、いうこと!

拾ったさるはお守りとして財布やカバンにつけておくんだそうです!


射手は12人

022-8d821-thumbnail2.jpg
今年が厄年の男性の場合、百々手のために
地元大浜へ帰ってくる方もいます。

船越八幡は朝9時半〜、浜は午後1時半〜
まず、猿を撒いてから、その後、古式小笠原流の作法に則り弓を引きます。


大浜百々手は、厄除け、そして、荘内半島に春を告げる行事として・・・
地元の方も、大切に守り続けている行事です。
大浜自治会がお接待で飴湯、ぜんざいをする予定です。


大浜百々手まつり、一般の方の見学も可能ですが、
地元の方が大切にしている神事ですので、
くれぐれもマナーを守り、神聖な時を過ごしに足を運んでください。


========================================================
せっかく大浜まで行くなら・・・

☆隠れ家的なイタリアンレストラン 
 Slow Restaurant lido (スローレストラン リード)
 予約をしてから行ってくださいね! 詳しい記事はこちら

☆荘内半島をドライブした先に絶景カフェ 花畑
 天気がよかったら、青い瀬戸内海が広がります 
 お花もきれいな季節です! 詳しい記事はこちら

☆春の瀬戸内海一望 紫雲出山山頂もきれいな頃です
 紫雲出山関連の記事はこちら

posted by ほんまモンリポーター at 19:05| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

お正月用の白味噌や体を温める発酵食品を! 〜三野町 丸岡味噌麹〜

急に寒くなって来ましたが、風邪など引いていませんか?
今年は、発酵食品で免疫力をアップして、元気な冬を送りましょう♪

創業明治2年の丸岡味噌麹

022.JPG


丸岡味噌麹では、創業当時から変わらない
昔ながらの「むしろ製法」で作るので、すべて手作業。
難しいのは、温度と湿度の管理、経験と勘の地道な作業です。


保存料や添加物は一切加えていない麹はで作られた甘酒は、
癖がなく、あっさりと優しい甘さが体中に広がります


麹からは・・・
清酒、焼酎、しょうゆ、味噌、甘酒、みりん、酢、
お漬物、酒粕、塩麹

など、日本の食を支えるたくさんの食品が麹から作られています!

026.JPG


発酵食品は、免疫力をアップして本当に体にいいんです!
味噌、甘酒、塩麹、どれも簡単に作ることができるので、
丸岡味噌麹では、レシピや作り方にたっぷり相談に乗ってくれますので、
誰でも、手作りの味に挑戦することができます。

025.JPG

買えば、何でも手に入る時代
でも、手間をかけて、家族のことを思う食事を作ってほしい
そんな想いを込めて、作り方を教えてくれますよ!


ぜひ、丸岡味噌麹さんの手間暇かけて作られた麹を手に入れて
手作り食品に挑戦してみてください!


丸岡味噌麹

住所 三豊市三野町下高瀬540
電話 0875−72−5417
営業時間 朝7時頃〜夜19時頃
定休日 1月1日のみ

県道220号線、三豊市役所 三野支所を西方面にすぐです

023.JPG
posted by ほんまモンリポーター at 12:33| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

高瀬のべに茶 リニューアル♪

さくらです

お茶の産地、三豊市高瀬町では、毎年いろいろな種類のお茶が作られていますが、
秋〜冬頃に販売されるのが、発酵茶の『べに茶』

その、『べに茶』がリニューアルされました♪

001.JPG

 ☆たかせのべに茶ってどんなお茶?はこちら
 ☆たかせのべに茶ができるまで・・・はこちら
かわいらしいコロンとした箱に入ってます!

この、箱の中側は、緑の茶畑の景色&お茶の効能が紹介されています。
003.JPG

べに茶は、日本茶とも紅茶とも、ちょっとずつ違い、
まろやかな香りで、ほんのり甘く、飲みやすいお茶に仕上がっています!
そして、健康面にも自信あり!!!
 ・酸化防止効果
 ・抗菌作用
 ・疲労回復とストレス解消などの効果
などが挙げられています♪



変わったのは、パッケージだけではありません。

12356084_461065994093512_837550647_o.jpg
(左:今年のべに茶、右:去年のべに茶)


さらにズーーームしてみると・・・
12355998_461065980760180_258038222_o.jpg
茶葉が今年のほうが大きめのまま、残してあります。

ということで、ゆっくりと時間をかけて、
茶葉が開いていくのを楽しみながら飲むことができます♪

ティーパックに入っていますが、袋から出して、
葉に熱湯を入れて待っていると・・・
004.JPG

ゆっくりと置いておくと、葉が開いたのわかりますか!?
005.JPG

こんな感じで、ゆっくりとお茶のおいしさを出しながら、
味わってみてください!
お忙しい方は、ティーパックのままでも、おいしくいただけますよ♪


<<現在、べに茶が購入できる場所>>
・三豊市高瀬町 高瀬茶業組合
・三豊市高瀬町高瀬の茶の木
・三豊市財田町 アンファーム
・三豊市高瀬町 風薫(金、土、日のみ営業)
・三豊市高瀬町 JA高瀬産直
・高松 さぬき産業工芸館 サン・クラッケ
・高松 四国ショップ88
まだまだ、買える場所も増えてくる予定です!


高瀬茶業組合
12343440_461065844093527_1286877703_o.jpg
住所   三豊市高瀬町佐股甲2476
電話   0875−74−6011
営業時間 8:00〜17:00(11〜3月は8:30〜17:30)
定休日  日曜・祝日(4月20日頃〜5月20日頃の新茶シーズンは無休)

詳しい場所はこちら

12370001_461065894093522_1654899992_o.jpg
いろんなお茶が並びます。
おいしいお茶のいただき方なども、教えてくれますよ!

posted by ほんまモンリポーター at 20:11| Comment(3) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

緑の壁が完成! 〜仁尾町 松賀屋〜

さくらです

三豊市内、どこへ行っても、新しいやり方を模索しながら、
[今]できることに精一杯取り組んでいる人たちに、たくさん出会います♪

そんな活動の一つでもある、仁尾町を拠点として地域に密着した活動を続けている、
一般社団法人『誇』

現在、仁尾町内に残る『松賀屋』を所有しております。
IMG_5476.JPG

現『松賀屋』は、塩業が栄えていた仁尾町で塩田王と呼ばれていた
塩田忠左衛門氏(1882〜1963年)の邸宅跡で、
約40年間空き家だったものを、現在、清掃・改修を重ねて活用をしているスペースです。
 ☆松賀屋についての過去のご紹介記事はこちら

その邸宅を取り囲む塀の一部が、今年の7月に襲来した台風の影響で倒壊したために、
[今]できる形での修復の形を模索した結果、
『壁木オーナー募集』という取り組みをしていました。
IMG_2603.JPG

約100本の木を植え、生け垣を作ることで、敷地を守ろうと言うものです!

一口3,000円でオーナーとなる方を募集した結果、
92名の方から約40万円の寄付が集まりました。

そして、先日、『誇』が用意したラカンマキの苗木の植樹をしました。
017.JPG

今にも雨が降りそうな曇り空のもと、出資者の中から参加された約30名の方が、
植え付けを行いました。
019.JPG

こちらは、全く壁がなくなっている状態
016.JPG

早速、植え方を教えてもらって、作業開始!
021.JPG

子供も大人も、一緒になって、どんどん植えていきます!!!
025.JPG

026.JPG

027.JPG

あっという間に、緑のきれいな壁が完成♪
042.JPG

丁寧に木と支える竹を結び付けています。
041.JPG


『松賀屋』の敷地は広く、
完全なる修復を目指すにはまだまだ長い道のりとなりそうですが、
[今]必要な修復を、できる形で続けていくことを模索しながら、
今回の新しい試みとなりました。

この木が育ち、しっかりとした【壁】に育つ頃には、
また、『松賀屋』も、たくさんの人が集えるスペースになっているはずです!

仁尾町を盛り上げるべく立ち上がっている一般社団法人『誇』の活動、
これからも、応援をお願いします♪


そうそう、三豊市では、今、小さな力の『応援』を
必要としている案件がいろいろあり・・・
また、そんなお話は、明日のブログでご紹介したいと思います♪

どうぞ、たくさんの方の、『住んでいる町がよくなれば!!!』という
小さくても、アツイ想い、このブログを通じて火をつけていきたいです!!!

一緒に、週刊みとよほんまモンRadio!のラジオとブログも応援してください♪
よろしくお願いします!

posted by ほんまモンリポーター at 19:53| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする