2017年05月14日

粟島散歩♬ 〜漂流郵便局〜

                              ふじやまです。


ゴールデンウィーク真っ只中の5月4日
漂流郵便局が臨時開局しているときいて
ちょっと粟島まで足を延ばしてみました。

昨年秋の瀬戸内国際芸術祭後、久しぶりの粟島。
連休中の島をお散歩です
5767B17C-1209-4417-996B-97E0DAD9F760.jpg


この日は天候にも恵まれ、気持ちの良い一日でした。
島のあちこちには綺麗な花が咲きそろい
まるで観光客を出迎えているようにも見えます
鮮やな色をしたツツジがとても印象的でした

F09781F6-AF5A-4A0E-89DB-4AE48EB9CC5C.jpg

F8C50109-9968-402A-A606-00482B90C412.jpg


お目当の『漂流郵便局』はまだオープン前だったので
あまり人がいないうちに、いろんな角度から
カメラのシャッターを切りました。

78DFEF1A-4C52-4398-9F25-40D515C0F651.jpg

6281B2B8-CF78-4097-AFBF-CA19F42799B6.jpg

57B501CE-C94B-47F7-BA19-6E47BE5E0378.jpg


オープンまでまだまだ時間があったので
西浜方面に向かうことにしました。

B1403558-E8F2-435C-802C-15D19417E203.jpg


お昼頃にはもう暑いくらいで、半袖でもじゅうぶん
海から吹く風が心地よかったです。

海辺のほうにもファミリーやカップルなど
多くの人を見かけました。
海ではすでにSUPをしている人も

6923EB8D-BF58-442E-9368-281B985369BE.jpg

6AA22198-53C7-4373-84AF-20DC7D02C539.jpg

D894C9D0-E83F-4CF0-B0D3-061AFF5C0066.jpg


そして、『漂流郵便局』にやってきました
やはりここをお目当てに来る人は多いですね。
この日、ぼくが出会った人たちは
ほとんどが県外から来られていました。
なかには外国人のグループもみかけました。

0487F71D-0B5A-4C6C-82BB-99E2CA1D8564.jpg

138DF997-3C7F-46D2-8CF0-892AB47B5A7A.jpg

C24F0B7B-4CCD-4E71-B661-1A8219F2AA1B.jpg


中田局長も、ここを訪れた人たちとの
会話を楽しまれている様子でした

D63B34AC-9E04-4374-801B-2378C0FCE64D.jpg

626112D1-0448-4E84-A45A-2BD9AACEFB65.jpg

15C70236-E1A6-4DA5-BA74-67B3BF802BA6.jpg

9A364402-E274-40D0-BCFE-B4ACD45A472B.jpg

BCFED56D-1B84-45D7-8ED0-920135E7FB83.jpg

814B2B8E-7F82-474E-9988-03ACFE513422.jpg


見慣れた景色にユーモア溢れる飾り物
てくてく歩いて港まで。。。

0E8FBEEA-0237-4DC2-9C5C-DF17234AAC5B.jpg

7A15D86D-C1C7-4A8F-BEC8-C81111F10B91.jpg
ということで、久しぶりの粟島

いろんな人との出会いもあり、冒険もあり
存分に楽しんできました


また近々いきたいと思います⛴





posted by ほんまモンリポーター at 08:18| Comment(0) | みとよ 島たび♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

志々島へ春を感じに♬


志々島、春の気配がいっぱいです!

DSC06579.JPG

DSC06580.JPG

DSC06591.JPG


大楠の周辺も、きれいになっています♪
港から大楠までは、片道20〜30分くらいです。
DSC06594.JPG

DSC06595.JPG


春には、身近な島旅、おすすめです
DSC06576.JPG

DSC06578.JPG

 ◎のんびりとくつろげる、島の休けい処 くすくすはこちら


三豊市詫間町マリンウエーブ横の宮ノ下港から
約20分の船旅で行くことができる志々島

 ◎宮ノ下〜志々島 定期船の情報はこちら

 午前パターン 宮ノ下 朝8時30分発 〜 志々島 8時50分得着

          (約2時間半 志々島滞在)

        志々島 午前11時30分発 〜 宮ノ下 11時50分着


 午後パターン 宮ノ下 昼12時45分発 〜 志々島 13時05分得着

          (約2時間半 志々島滞在)

        志々島 午後15時50分発 〜 宮ノ下 16時10分着


タグ:志々島 大楠
posted by ほんまモンリポーター at 09:40| Comment(0) | みとよ 島たび♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

志々島 88か所巡り

さくらです

瀬戸内海の島々には、『島四国八十八カ所』が今も残っている島があります。
三豊市の粟島には、今も、『島四国八十八カ所』として、
島内を半日ほどでぐるりと回れる遍路道が残っており、
毎年、4月29日(祝)には島民の方がお接待してくれ、
誰もが、島内をぐるりとお参りする文化が根付いてます。
 ◎粟島島四国八十八カ所に関連した過去の記事はこちら

そして、船で15分、隣の志々島。、
実は、志々島にも、島四国八十八カ所があったことが確認でき、
現在、まちづくり推進隊詫間の方を中心に、調査&整備をされています。


11月の雨の日でしたが、志々島八十八カ所をまわってみようということになり、
ご一緒させていただきました。


志々島へ到着
IMG_5006.JPG

ご案内をしてくださるのは、
まちづくり推進隊詫間理事長の本田進さん
IMG_4962.JPG

昨年、志々島を1周ぐるりと回り、島四国八十八か所の名残を調査し、
番号の残る場所を探し、できる限り整備をしてきました。
IMG_4960.JPG
島全体の地図と番号が記載されています。

お話を聞いてから、回り始めます。

島に残る両墓制の名残である埋め墓の前を通ったすぐに、
IMG_4967.JPG

志々島八十八カ所一番、二番、三番である石仏があります。
IMG_4968.JPG

続いて、旧小学校跡地の横の南国風の木の下に、
IMG_4972.JPG

四番、五番の石仏があります。
IMG_4973.JPG

いずれの石仏も、隣の粟島にある『船形』の形と同じであるために、
志々島八十八カ所の石仏を寄進したのは粟島の方たちではと言われています。

実際、石仏に刻まれる寄進者の名前ににも『粟嶋〇〇〇(名前)』と
なっているものが多いようです。


また、調査中に砂浜や出会った石仏もあったそうです。
長い間、海にさらされていたせいか、文字も番号も確認ができませんが、
他の石仏と同じく舟形をしているために、
同時代、同目的で作られた石仏ではないかということで、
海際のこの景色のいい場所に、祀ったそうです。
IMG_4969.JPG

IMG_4970.JPG


その後、二十四番までは、歩いて回れる歩道沿線にあるために、
ゆっくりお参りをしながら、案内していただきました。
IMG_4979.JPG

IMG_4980.JPG

IMG_4986.JPG

IMG_4998.JPG

IMG_4997.JPG

案内をされなければ、気がつかずに、見落としてしまいそうな場所に、
ひっそりと石仏は立っていました。


現在、志々島は、島の外周をぐるりと歩く道は整備されていませんが、
潮がうまく引いているタイミングを選ぶと、
島をぐるりと1周、2〜3時間程度で歩いて回ることができるそうです。

今回、天候の関係で、島の裏側へ歩いていくことはできませんでしたが、
また機会を合わせて、普段歩くことのできない志々島を、
ぐるりと1周歩いて、島四国の名残を参らせていただきたいなと思います。


posted by ほんまモンリポーター at 16:28| Comment(0) | みとよ 島たび♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

志々島探訪

先週、ウバユリが咲き始めたと聞きつけて訪れた志々島

じつは“ふじやま”、初めての志々島訪問だったのです
ということで、今回は。。。
ぼくが見てきた志々島をお伝えしたいと思います


志々島へは詫間町宮ノ下(マリンウェーブのすぐ近く)から
でている定期船で行くことができます
337D5BFF-BB6E-4BD4-8437-9B3EDEFDF603.jpg

E021C92F-BFE6-471C-BDC2-1DA4319D4D22.jpg
スナメリのマークが目印の粟島汽船に乗って
いざ志々島へ
D636C493-0389-40FA-894F-3A1DC269D50E.jpg
船に揺られることおよそ20分
船首の先に見えてきたのが志々島です

B03EB0DD-3E04-498C-AD66-24E1C32E8CC3.jpg

志々島に到着です
A74A0B65-03B1-4355-B9E6-866144B6A29D.jpg
こちらはパネルロード
「男はつらいよ」や「機関車先生」などの
映画のロケ地に選ばれたことがある
自然がとても豊かな島

当時の写真をたくさん見ることができました

9ACD3143-D187-418C-B2EE-63829D5117F4.jpg
住民の方が、島のことについて
親切丁寧に教えてくださいました

E8905449-E5FD-446C-B958-6E80633E7B9F.jpg
島の中へと向かう途中
蚊取り線香のお接待をしていました
557E0848-E85F-4BF3-81E7-B26B1247438D.jpg
本当に蚊が多かったので
とても助かりました💦

25411D2F-E600-4BDD-881A-218DA1C179E7.jpg
数十年に一度だけ花を咲かせるといわれる『竜舌蘭』を発見!

BB0DB7E6-9082-4CCC-B0A3-3D24A34E1DB1.jpg
志々島のシンボルとなっている『大楠
樹齢約1200年といわれる巨木で
県の天然記念物にも指定されています
想像してた以上の大きさにビックリです!
F36FF9A5-49A2-4C38-8BE3-FDFB49D31878.jpg
大楠の周辺には『ウバユリ』が咲いていました
ちょうどいまが見頃かもしれません
CA7D3988-CF7A-4D0E-94B7-97D8C7C8111B.jpg


さらに歩いていくと。。。
581A225C-DA28-4B02-822C-7EB2C863CFAC.jpg
こんな花畑を見つけました『水の浦の花畑』
EDE72B6E-692C-4298-829F-B081B925AB85.jpg

D767844D-089F-44B3-BDFD-F8AB2BA26837.jpg

DABCA73E-A004-4AEF-A867-1F179BCC319A.jpg

A3723625-F70B-4E38-A224-A55C20A1FD2E.jpg
こんな急な斜面も登りに登りました

56CD1D2E-E64D-4920-96AF-94562F91E9DA.jpg
志々島の大楠から少し登った所にある楠の倉
そこから見える瀬戸内海は絶景ですよ
なかにはテーブルとベンチがあり休憩ができます150F31DA-8D34-4F49-852C-F61025C2F2AA.jpg
窓から見える景色
8BBFAC21-8ADE-462D-9B8B-7BCBC7778BC2.jpg
島の頂上に行けるということで
頑張って行ってみました
6FB469DC-5C52-40E0-93CA-BE3E3380461D.jpg
ここが志々島の頂上、横尾の辻
CAD85126-46CE-46BB-98F7-903E83520995.jpg
四方をぐるりと見渡せます
瀬戸内の多島美が絶景でした✨
15FB9CF3-EB68-4BD1-82CE-58C22A3374C5.jpg

BC146536-47E8-4353-9E36-37BFC3CC8B04.jpg
これは三角点
主に見晴らしの良い頂上付近に設置されていて
この「三角点」を目指して登山をする
マニアックな趣味を持つ方もいるそうですよ

D9B3D940-9CA1-4486-BC7F-4779C38A2230.jpg
島から見える風情がある景色
66559580-4AA5-49BA-8A70-D8AF38507A06.jpg

226803AC-CC96-4782-B039-5DFCB89EF7BE.jpg

493467FB-AEA1-4F02-8E4C-514C5BFD3FAB.jpg

3B150B0A-C008-49E5-A39E-3DFFA0E79D7A.jpg
ヤギにも遭遇
A440E9C7-E588-4675-B4F4-AE4458E6C837.jpg
あっという間に帰りの船の時間に。。。
0AB61359-5622-48BB-822C-329EF2DFE5D2.jpg
ひたすら歩いて感じたこと
昔から今も変わらない独特な雰囲気がただよう
神秘的で静謐な
そんな魅力がいっぱい詰まった場所

また訪れたいと思います








posted by ほんまモンリポーター at 17:56| Comment(0) | みとよ 島たび♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

海水浴のシーズン到来@蔦島



真夏日が続いていますね。みなさん夏バテしてないですか?!
おとひめななこです*

7月2日に蔦島海水浴場で海開きの神事が行われました。

P7020509.jpg
(観光協会HPより神事の様子)

この季節だからこそ楽しめる海水浴やマリンスポーツ。
たくさんの笑顔が集い、無事故で楽しくひと夏を終えられますように。

7月2日から8月31日までのシーズン限定で海の家が営業中。
お茶・ジュース類やカップ麺(焼きそば、うどん)などの販売
そして、桟敷の貸出(ござ付き)などを行っています。

E2479D19-E275-4E6A-B822-C6F5C20A5586.jpg

1A3AD195-C20C-4297-AA19-CECDBAEEC4CB.jpg

海水浴場には桟敷25区画に加えて、シャワー(水のみ・無料)・トイレ完備。
仁尾港からつたじま渡船でわずか7分。気軽に渡れる自然豊かな無人島で
海水浴やバーベキュー、キャンプを楽しんでいただけます。

蔦島 料金表.jpg

蔦島海水浴場の詳細情報はこちら


蔦島へは、つたじま渡船「おととい丸」にご乗船ください。

7434D983-2DDA-49DC-AF95-4BB4FC90DB38.jpg

5CFB73BD-E88D-4B67-9A3E-5025022ED97C.jpg

渡船は8時30分から可能です。(利用者が来られたら随時運航)
蔦島発の最終便は16時45分となっております。

◎渡船料◎
往復料金 大人400円
小人(6歳〜12歳)200円
受託手荷物運賃 1個400円(30s未満)

つたじま渡船事務所 0875−82−2102(4/1〜10/31)
つたじま事務所 0875-82-2404(7/1〜8/31)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お天気の良かった海開きの翌日7月3日に
おとひめななこ、さっそく遊びに行ってきました‼

55BB5AE8-E8A9-4DB9-8257-2AF9166E764B.jpg

2C55787C-4E83-4C9C-A375-F4DA5A45FDC1.jpg

C1968B52-B976-4723-A260-0257C29D4EED.jpg

7A5ADA99-591F-49E9-A344-40F69B00BA06.jpg

CD666307-F06F-4AE0-9EF7-E4706BAD9C2D.jpg

818F2FD4-3A6D-4F69-884D-B8D4E30122F1.jpg

きらきらと水面にかがやく太陽のひかり
青い空、白い雲、まぶしい自然の緑。
体と心いっぱいに感じる色彩とパワーに
リフレッシュ&リラックスすることができました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



たくさんの笑顔で、蔦島が賑わいますように。
お友達と、ご家族と、お誘い合わせてお越しくださいね。

◎仁尾お立ち寄りスポット◎

話題のこだわりかき氷を召し上がれ KAKIGORI CAFE ひむろ

地元の新鮮うまいもん大集結 Sun*Cafe

1度は食べておきたい有名店 元祖たこ判小前


蔦島海水浴場・海の家、貸出品などのお問い合わせは
つた島事務所(0875-82-2404)まで。
※7月2日-8月31日の海の家営業期間以外は、三豊市観光協会(0875-56-5880)へ。




posted by ほんまモンリポーター at 20:49| Comment(0) | みとよ 島たび♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする