2016年10月26日

かがわ・山なみ芸術祭『TAKARADA is TREASURE!』





不安定なお天気が続いていますが、たまに見られる秋晴れが
とっても清々しくて美しい今日この頃。おとひめななこです*

先日、ちらりっとご紹介したかがわ・山なみ芸術祭
三豊でアートを楽しむ 粟島&財田

237-1s.jpg

かがわ・山なみ芸術祭
瀬戸内国際芸術祭2016パートナーシップ事業
テーマ「人をつなぐ 時をひらく」

三豊市財田町エリア『TAKARADA is TREASURE!』

会期:2016.10.29.sat.-11.13.sun.
会場:道の駅たからだの里さいた/鉾八幡宮/三ノ瀬産直市


237-2s.jpg

三豊市財田町エリアでは初めての開催となりますが
そのテーマは『TAKARADA is TREASURE!』

「たから」ってなんだろう?!
金銭で測れる財貨である一方、財貨として測れない財産である「たから」

会期中には、生活を送るうえで貴重なもの=「たから」を育み
アート作品というだけではなく、受け止める側や製作過程までもを
まるごと「たから」として、地元の方といっしょに楽しめる
ワークショップを中心としたイベントが企画されています。




---会期中イベント---

10月29日(土)    『開展式』13:30-/芝生広場
           『農isたからだ-もち投げ行事-』13:45-/芝生広場
           『サイタデリック(音楽的パフォーマンス)』14:00-17:00/芝生広場
10月30日(日)  『オノマトペ+打楽器セッション』10:00-12:00/芝生広場
11月3日(木/祝)  『カラダと話そうワークショップ』10:00-12:00/芝生広場
11月5日(土)   『しめ縄つくり体験』10:00-/伝承館
11月6日(日)   『香川県発動機愛好会』9:00-15:00/芝生広場
          『しめ縄つくり体験』10:00-/伝承館
11月12日(土)  『山の誕生日』10:00-12:00/芝生広場
11月13日(日)   『クロージングパーティ』/芝生広場



10月23日(日)にプレワークショップとして行われた『しめ縄つくり』
地元小学生のみんなにまざって、参加させていただきました。

E201C56F-0F2E-42EA-B31C-699C8C641267.jpg

AC8497C0-F30E-49C9-BECE-4F534AF2274A.jpg

農業も機械化や生活の便利かが進み、
刈り取った稲がほされている田んぼを見かけたり
乾いた藁を生活に使う場面がほとんどなくなってしまった今。

子どもたちの藁に触る手、お話を聞く目・・・
興味できらきらと輝いていました。


E99BCEF6-0005-438A-A01A-CEBCF3AD4EE2.jpg


3BB4EBF6-1038-42EC-9E1C-EE6EC358BE56.jpg

8D79A343-E61D-41E9-883A-6B59C1B1C6FC.jpg

37BB81F5-6C89-4410-9F73-75EAF5905F72.jpg

藁って意外に強いんだね。

7BC597AB-E57F-426A-A24C-5457A613955C.jpg

あたしも本数を重ねるごとに
きれいなヨリがかけられるようになりました。


16B72AAD-738F-4333-BA69-364C09B16A7D.jpg

こんな立派なしめ縄飾りを完成させた小学生も。
会期中のしめ縄づくりワークショップでは
この子たちが小さな先生として活躍してくれるかも?!


393B5751-E5E4-4CD6-A2FB-382F1F1F0F1A.jpg

アートで繋がる・アートで広がる豊かな心とあたたかい時間。
島で繰り広げられている瀬戸内国際芸術祭で感じていただくものとは
また違った風とふるさとを感じていただけると思います。

↓出展作家・作品一覧や会場までのアクセス方法などはこちら↓
かがわ・山なみ芸術祭 公式ホームページ

↓会場・会場周辺をご案内↓
道の駅たからだの里さいた ってこんなところ
アートで心を癒し 温泉で身体を癒す 環の湯




posted by ほんまモンリポーター at 12:50| Comment(0) | みとよアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

2016年春 芸術家村入村式

さくらです

瀬戸内国際芸術祭2016も始まり、
瀬戸内海へ、香川への関心が高まっているのを感じます。

そんな中、秋会期に芸術祭の会場となる、三豊市詫間町の『粟島』
秋までに、7つの会場に、18名のアーティストが力を合わせ、
9つのアート作品が展示される予定となっています。

その粟島に、今年も、『アーティスト・イン・レジデンス』
として、島に滞在してアート作品を作るアーティストがやってきました!

DSC02905.JPG
(真ん中は、校長の日比野克彦さん)


お2人をご紹介するために・・・
粟島の『日々の’笑’学校』での入村式の様子、お届けします!

DSC02877.JPG


青木春菜さん (宮城県出身)
DSC02886.JPG

粟島の方たちにお話を伺い、島や人々にゆかりのある『何か』に
張り子のおめんをつけていくイメージを考えているそうです。

DSC02925.JPG  DSC02926.JPG

初めて訪れた粟島は、すぐ近くにある海や。
島から見える山の形が新鮮だと話していました。



八田綾子さん (神奈川県出身)
DSC02888.JPG

透明のガラスを使った立体作品を制作しています。
透明のガラスを使って、粟島の過去の記憶と、現在の粟島を
表現したいと思っています。

DSC02901.JPG  DSC02902.JPG

初めて訪れた粟島は、時間の進み方が、ゆっくりと感じられますと話していました。



粟島の人たちと共に、歓迎の乾杯♪
DSC02897.JPG


お2人ともが共通して語ってくれたのは、
粟島の方たちとの交流を大切にして、
その島の魅力を、アート作品の中に、一緒に、
形にしていくことができたらということでした!
粟島を感じられる作品が誕生するのが、楽しみになりました。

そして、5月、6月に、作品を知っていただき、
一緒に作る楽しみを共有し合うために、
ワークショップ形式のイベントを企画していくそうです!

アーティストさんと一緒に、『自分だけの作品』を作りに行く機会も、
楽しみにしていてください。

また、ワークショップ情報など、
新たな情報が入ったら、お届けします!
お楽しみに♪

DSC02907.JPG
ブイブイ人形も、頭に花を『さ・か・せ・て』います


posted by ほんまモンリポーター at 19:50| Comment(0) | みとよアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

bito-展「漂白」



bito-展 「漂白」

期間:10月20日(土)〜11月4日(日)

場所:curry 冬椿



このBLOGでも、たびたび登場している
三豊市豊中町のユニークなカレー屋さん「冬椿」で
三豊市在住のアーティストbito-さんの作品展示が行われます。

冬椿ってこんなところです。 お料理もいろいろあります。
漫画家さんにも出会いました。 リクエストにも応えてくれます。


bito-.jpg bito-さんにお話を伺いました。


*個展のきっかけは何だったんですか。

冬椿のオーナーのアキオさんに「ここで作品の展示やってみん?」と
声をかけてもらったのがきっかけです。
今回の展示に続いて、12月末には詫間町のLazybonesで展示を行います。
そのあとも、どこかで展示が行えたらな、と思っています。



*今回の展示はどのようなものですか。

冬椿の一角をお借りして、僕の作品を10点ほど展示します。
作品は1週間くらいかけて描きあげた新作ばかりです。
もちろん、作品の配置なども自分でコーディネートします。



*描いている時は、どんなことを考えてるんですか。

何も考えてないですね。
空間とバランスを見ながら、感覚と本能で手を動かしているって
いうような感じです。何も考えてません。



*どんな思いで、今回の展示に臨みますか。

展示を行うこと・絵を描くことに意味があると思っています。
とにかく、僕の作品を見てほしいです。
そこから得られるいろいろな反応もあって、とても勉強になるし
これからの何かヒントに繋がるかもしれないって思ってます。

今は作品に対して、ぼんやりとしたイメージを抱くことしか
できないのですが、継続して描き続けることが大切だと思うので、
徐々に核心に近づけるように描き続けたいと思います。



今年の5月に行われた個展に伺わせていただきましたが、
どの作品も繊細さの中に大胆さがあって、素晴らしいものばかりでした。
見れば見るほど、感じるものがある作品だと思います。

bito-さんの豊かな世界観と
冬椿の美味しいカレーを堪能しにぜひお越しください。


P1002182 (300x400).jpg 今回のテーマは赤。

見れば見るほど、そこに何かメッセージが隠れているようで。
赤から連想される気持ちや感情。bito-さんの秘める情熱を感じました。






posted by ほんまモンリポーター at 21:30| Comment(0) | みとよアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

粟島芸術家村〜interviewA〜



三豊市詫間町・荘内半島の沖合に浮かぶ島「粟島」

今回5回目となる粟島アーティスト・イン・レジデンスが
9月17日からスタートしました。(入村式の様子はこちら

創作された作品は来年開催される瀬戸内国際芸術祭2013に
出展できることになっています。(瀬戸内国際芸術祭2013についてはこちら

CIMG1131 (400x300).jpg

招へいされた芸術家・佐々木類さんにお話を伺います。(写真右左)
麻生祥子さん(写真右)のインタビュー内容はこちら


*応募されたきっかけを教えてください。

去年の12月末にアメリカから帰ってきたんですが、
島の文化っていうものにすごく興味があったので応募してみました。
アメリカが大陸だということに対して、日本が島国だということに
改めて気づいて、島で何かしたいなと思って応募させていただきました。

粟島には来たことがなかったのと、小さい島だと聞いたので
創作活動の軸になる自生している植物が多いかな、と思ったので
粟島という瀬戸内の島に興味を持ちました。



*粟島の印象はいかがですか。

来たことないのに、懐かしい感じがしてビックリしています。
何人かの方とお話させていただく中で、みなさんが名言みたいなことを
おっしゃられていたので、ここで生きてきた方たちの島力を感じました。
静かな島なんですけど、内に秘めた活気みたいなのを感じています。



*創作の上でテーマにしていることとは。

ガラスをメインにやってるガラス作家なんですけど
透明であるとか、見えないけど存在するものに興味があって
そういったものをテーマにモノづくりをしています。



*どんな作品を残したいですか。

自生している花を摘んで、それをガラスの中に閉じ込めて
白い灰にしていくというような作品を作っていこうと思っています。
ひとつひとつが小さいので、100種類以上は採集したいですし、
見せ方もいろんな工夫をしていきたいな、って思ってます。

理科室の素敵な棚があったので、いろいろ考えながら
自分の納得できるインスタレーションにしていきたいですね。





粟島のゆったりとした時間の中で
のびのびと創作活動をされることを期待しています。

CIMG1132 (400x301).jpg

交流の場として、ワークショップも行われる予定ですので
ぜひ、ご参加くださいね^^



posted by ほんまモンリポーター at 13:38| Comment(0) | みとよアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

粟島芸術家村〜interview@〜


三豊市詫間町・荘内半島の沖合に浮かぶ島「粟島」

今回5回目となる粟島アーティスト・イン・レジデンスが
9月17日からスタートしました。(入村式の様子はこちら

創作された作品は来年開催される瀬戸内国際芸術祭2013に
出展できることになっています。(瀬戸内国際芸術祭2013についてはこちら

CIMG1131 (400x300).jpg

招へいされた芸術家・麻生祥子さんにお話を伺います。(写真右)


*応募されたきっかけを教えてください。

ずっとレジデンスを探していた中で粟島のレジデンスを見つけました。
瀬戸内国際芸術祭に出展できるというのも魅力的でしたし、
手島や直島の美術館を訪れた時に素晴らしい環境や作品たちに
感動したので、自分も島で創作活動してみたいという思いがありました。



*粟島の印象はいかがですか。

ゆったりした時間が流れているなぁ、って感じます。
時間が経つのが遅いとか早いとかじゃなくて、腕時計をしてなくても
不安にならないような、ゆったりとした時間を過ごしています。

潮の満ち引きを見たり、島の人たちにすれ違って挨拶したり、
粟島ならではのゆったりとした時間を感じています。



*創作の上でテーマにしていることとは。

昔あったけど今はない、あるものとないものの間であるとか
そこに漂っているものとか、曖昧な部分ではあるんですけど、
強く感じる思いや気配っていうものが誰にでもあると思います。

例えば、畳の上においてあった箪笥を動かしたときに、箪笥の跡を見て
箪笥があった時よりも箪笥の存在を感じる、というようなことが
誰にでもあると思います。

そういった所を意識化して、見える形にしていくっていうのが
これまで自分の中でテーマにしてきたことです。



*どんな作品を残したいですか。

寒冷紗っていう、本当は畑や蚊帳で使うような素材を使って
ものの形をかたどって、ものの抜け殻みたいなのを作っています。
人の想いがつまったものや、長く使われてきたものを
島の方たちからお借りして、創作活動を行っていきたいです。

寒冷紗を使った作品っていうのは、ここ1年くらいなので
まだまだ探り探りですが、研究しながら取り組みたいです。

同時に泡を使った作品というのも考えていますので、
寒冷紗で作った作品の見せ方も工夫していきたいと思っています。


CIMG1104 (300x400).jpg こちらが寒冷紗(かんれいしゃ)。



粟島のゆったりとした時間の中で
のびのびと創作活動をされることを期待しています。

CIMG1101 (400x304).jpg

交流の場として、ワークショップも行われる予定ですので
ぜひ、ご参加くださいね^^



posted by ほんまモンリポーター at 07:15| Comment(0) | みとよアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする