2017年05月15日

さんわ農夢 いものつるさし

さくらです

春の時期、市内を取材していると、
遠足中や地域の活動を楽しんでいる子どもたちを、
たくさん見かけます♪

先日、取材をさせていただいたのは、
三豊市山本町の「さんわ農夢」の畑!

「さんわ農夢」は
平成28年度三豊市ものづくり大賞で、
ブランド化し販売しているさつまいも
「弘法の恵」&「夢の芋」が大賞を受賞されました🎵
 ◎さんわ農夢、過去の取材の記事はこちら

 ◎『弘法の恵』&『夢の芋』、めちゃおいしい焼き芋❤
CDEB66FC-88CA-43F3-B2BF-75519FFA0C18-thumbnail2.jpg


おいしいサツマイモを作り続けている畑では、
毎年、地域の子どもに、畑に触れる体験も続けています!
『春のいものつるさし体験 & 秋のいもほり体験』


さんわ農夢では、おいしいお芋を作ることはもちろん、
地元の子どもたちに土に触れる機会や、野菜が育つところを見て、
野菜をどんどん好きになってもらいたいという思いから、
毎年、畑に子どもたちを招待しています♪


ということで、春!
地元山本町の子どもたちが、さんわ農夢さんの畑へ、
芋のつるさし体験にやってきました🎵


さあ、今から、おいも植えるぞ〜🎵

やってきたのは、山本町内の5歳児、42名。
みんな、昨年の秋に、こちらの畑で、芋ほりをしています!
先生から、
『お芋が育って、秋に芋ほりができるように、
 5歳児さんの大事なお仕事です!』と任されてました!

DSC07044.JPG

さ〜、畑に入って!!!
DSC07050.JPG

教えてもらいながら❤
DSC07055.JPG

DSC07056.JPG

DSC07060.JPG

DSC07061.JPG

どんどん、上手になって・・・
DSC07071.JPG

DSC07070.JPG

楽しくなって・・・

<植える前>
DSC07045.JPG

<植えた後>
DSC07072.JPG

予定していた面積は倍に!
合計、1500本くらいの苗を植えました!


秋の芋ほりが、楽しみだね♪


DSC07040.JPG

さんわ農夢(ノーム)株式会社
住所:三豊市山本町辻1393番地1
TEL:0875-63-2365
FAX:0875-56-7227
HPはこちら
 *今年のお芋情報は、秋の発信をお待ちください〜♬

posted by ほんまモンリポーター at 11:53| Comment(0) | 農業−farming- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

『クボタファーム がっこうのいちご園 財田上』 詳しくご紹介♪

さくらです

今週からプレオープンしている、こちら

『クボタファーム がっこうのいちご園 財田上』

DSC06914.JPG

一歩足を踏み入れると、そこは暖かい春の気候と、
あま〜い香りに包まれたうっとりしたくなる世界が広がります♪
DSC06906.JPG

DSC06909.JPG

DSC06910.JPG



大手農機具メーカーのクボタが、
日本農業へさらなる貢献を深める取り組みとして、
現在日本国内に8か所に『クボタファーム』を展開している、
その1か所として、今週の開園へ向けて準備を重ねてきました。


ここは、2016年3月に閉校になった財田上小学校。
地元で110年の歴史があった小学校の跡地を利用し、
『がっこうのいちご園』として、
地元の方との交流を深め、そして学びとおいしい場所として、
地域振興の一役となる新しい場所として生まれ変わりました。


農機具メーカーのクボタが運営するイチゴ園ということで、
新しい機会が導入され、その運用や試験的な試用の場としても、
これから運用されていく場所でもあります。
DSC06905.JPG

この日は、いちごの重さや糖度を量ることができる機械もありました!
DSC06876.JPG



今年は、プレオープンということで、
4月末ころまで、公式HP上から、予約ができるようになっています!

30分食べ放題なので、お腹を空かせて行って、
甘くておいしいいちごを、たっぷり楽しんでくださいね!!!
DSC06868.JPG



クボタファーム がっこうのいちご園 財田上 

DSC06875.JPG
住所:三豊市財田町財田上726
電話:0875−23−6037
公式HP:http://gakko-ichigoen.com/
公式FBページ:https://www.facebook.com/gakkoichigoen/?fref=ts


posted by ほんまモンリポーター at 08:14| Comment(2) | 農業−farming- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

今日から♬ クボタファーム がっこうのいちご園 財田上

さくらです


三豊市に、まさに今日から、新しいお楽しみスポットが誕生しました!

『クボタファーム がっこうのイチゴ園 財田上』
DSC06831.JPG

ちょうど1年前、平成28年3月に閉校になった、
110年の歴史があった財田上小学校。
DSC06913.JPG
◎昨年の小学校閉校式を取材した記事はこちら


その学校跡地のグラウンドを利用して、
大手農機具メーカーのクボタが、
いちごの観光農園を整備しました。
昨年の秋前から準備を初め、ちょうど今日から、
一般の方へ向けていちご狩りのプレオープンが始まっています!
DSC06906.JPG

いちごは、香川を代表する人気の品種『さぬきひめ』。
DSC06910.JPG
とてもデリケートで柔らかい品種のさぬきひめは、
しっかりした甘さと酸味のバランスがよくて、
いくつでも食べられそうなおいしさです!


観光いちご農園ということで、
30分いちご食べ放題を楽しめるわけですが・・・

いちごが、ちょうど大人の腰の高さくらいにずらりと並んでいて、
真っ赤なおいしそうなイチゴを探しながら、
たっぷりとイチゴが堪能できますよ。
DSC06886.JPG


今年は、4月末頃まで!、ということですので、
春の1日、採れたての甘いイチゴを楽しみに、
ぜひ足を運んでみてください。
DSC06877.JPG 


クボタファーム がっこうのイチゴ園 財田上
現在、公式HP上でイチゴ狩りの予約を受け付け中です。
午前、午後か選んで、ご予約ください。
30分食べ放題、中学生以上の大人1800円
3歳以上〜小学生までの子ども1500円となります。

公式HP クボタファーム がっこうのいちご園財田上
公式FBページはこちら
DSC06875.JPG



4月末までということで、すでに週末を中心に、
予約が埋まってきている日もあるということですので、
ご家族、友人とのいちご狩りをご検討の方は、
お早目にチェックしてください!

DSC06871.JPG
おかぴと一緒に楽しんできたいちごの詳しいお話は、
また、お届けします(^^)/




posted by ほんまモンリポーター at 07:54| Comment(0) | 農業−farming- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ロロロッサのレモン収穫体験が始まりました!

レモンを自分で収穫して、
そしてレモネードにして飲むことができる🎵
ロロロッサのレモン収穫体験が始まりました。

F3D19701-3B9D-4743-9568-1E1B834FE362.JPG
株式会社アグリデザイン 代表取締役 小林 憲由さんに伺いました。


🍋レモンの収穫体験について教えてください。

前々から観光農園のようなものを目指していて、今年からスタートしました。
実際にレモンを収穫していただき、
そのレモンをレモネードにして飲んでいただくというような内容です。
時間はおよそ1時間程度のもので、気軽に参加していただければと思います。
参加人数は10名〜30名程度。
参加費はおひとり1,500円
年齢制限など特にございません。
ぜひ、グループでのお申込みお待ちしています。

678514EC-642A-4E2B-9A7F-030A49A44E12.JPG

🍋嬉しいお土産もあり⁉

3個ほどレモンを収穫していただき、レモネードを作った後
残りのレモンはお土産としてお持ち帰りができますよ。


今が旬のレモン🍋
現在から大体5月ごろまでは収穫できるそうなので、
ゴールデンウィークまでレモンがあれば、収穫体験もできるそうです。
お申し込みは電話かメールにて受付中とのことです。


9F5A6374-4F47-4A8B-8E6D-DCC5137D56B6.JPG
ロロロッサの新商品
レモングラッセ🍋レモンドレッシング
についてはこちら

2/7から高松市のまちのシューレ963にて
レモンフェアが開催されます。
期間は
2/7(火)〜21(火)まで

【20日定休】
ロロロッサの商品もあります。
是非お立ち寄りください♪


0A7338D8-DFC8-407F-96B0-02F349C36D9F.JPG
ロロロッサ
住所:三豊市仁尾町仁尾甲477-1
電話:0875-83-6528
ロロロッサHPはこちら


posted by ほんまモンリポーター at 09:27| Comment(0) | 農業−farming- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

高瀬のお茶を詳しく知ろう〜♪ 『第一弾 品種によって味が違う!』

さくらです


日本茶、飲んでいますか!?




最近は、いつでもどこでもペットボトルでお茶が買えるために、
急須を使って、お茶の葉からお茶を淹れるという機会が、
ぐっと減っているように思います!

それでも、外出先で、とても美味しい日本茶をいただくと、
その空間や淹れてくれた方がとても素敵に見えるものです!!!

三豊市内では、高瀬町二ノ宮地区を中心に『高瀬茶』を生産していますが、
意外と・・・、お茶のことって知らない!!!

ということで、日本茶、高瀬茶を知ってもらう機会をと、
香川県でも2人しかいないという日本茶インストラクターである
高瀬茶業組合の柴川さんに、いろいろと教えてもらいました!
DSC03571.JPG


高瀬町二ノ宮地区に広がる、茶畑の風景。
現在、15種類ほどの品種の茶の木があるそうです。
DSC03573.JPG

現在は、ほとんど機械で刈り取るために、
このように手摘みでお茶の葉を摘む機会も、
貴重な体験になっていくのかもしれません・・・
DSC03580.JPG


現在15品種の茶の木を生育している高瀬茶ですが、
通常『高瀬茶』として出荷していく時には、
この15品種をほどよくブレンドしています。
DSC03585.JPG

その15品種にも、それぞれの個性があり、
それを知りつくして、ブレンドするのも、プロのお仕事なんだそうです。

今回は、この15品種のうち、ブレンドするのに特徴のわかりやすい3品種を、
それぞれ丁寧に入れて、味あわせていただきました。
DSC03621.JPG


3種類、それぞれ個性があります!

やぶきた
DSC03600.JPG
もっとも標準的な茶木の種類と言われ、試飲でもやぶきたを基準にする場合も多い。
ブレンドでも、比率が高めになることが多い。

さえみどり
DSC03602.JPG
柔らかいうまみがいっぱいのお茶で、単体で飲んだ時には風味がよかった。

やまかい
DSC03601.JPG
香りが豊かで、自然な『草原』のような香りが強いお茶


そして、その個性を理解したうえで、
『自分だけのオリジナルブレンドティー』を作りました!
DSC03634.JPG

香り、色、味わい、その3つを美味しく、そして自分の好みにするために、
最初の試飲から得た情報と感覚を総動員します!
DSC03635.JPG

DSC03638.JPG
最後の一滴まで・・・美味しいお茶の入れ方も教わりました!


ブレンドをしてみると・・・
必ずしも、単体として自分が好きだと感じたお茶が、
うまく引き出されるわけではないということも知りました。
DSC03622.JPG

それぞれの個性をうまく引き出し、まとめてあったのが・・・
プロの柴川さんがブレンドしたお茶でした。(一番左)
DSC03640.JPG

なるほど〜♪
それぞれのお茶の個性を生かして、
美味しい『高瀬茶ブレンド』を作り続けていくことも、
高瀬茶業組合の大切なお仕事なんですね!



これまで、『日本茶』、『緑茶』、『煎茶』くらいのくくりで、
あまり違いを感じようと思ったこともありませんでしたが、
農家さんの茶葉への思いや、お茶の葉のそれぞれの個性を、
もっと大切に知っていきたいなと感じた、お茶のお勉強でした!


高瀬茶業組合としても、これからもっと『お茶』について、
知ってもらう機会を増やしていけたらと計画をしていくそうですから、
楽しみですね♪

さて、お茶を知る勉強は、まだまだ続き、
お茶の葉を製品に加工する工場見学や、
お茶の葉の美味しい食べ方など、また続きでご紹介していきます!

お楽しみに♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年も、4月下旬から新茶が販売されています♪

高瀬茶業組合
12343440_461065844093527_1286877703_o.jpg
住所   三豊市高瀬町佐股甲2476
電話   0875−74−6011
営業時間 8:00〜17:00(11〜3月は8:30〜17:30)
定休日  日曜・祝日(4月20日頃〜5月20日頃の新茶シーズンは無休)

詳しい場所はこちら

12370001_461065894093522_1654899992_o.jpg
いろんなお茶が並びます。
おいしいお茶のいただき方なども、教えてくれますよ!



posted by ほんまモンリポーター at 10:31| Comment(0) | 農業−farming- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする