2017年07月30日

盛り上がってるよ♪ 「くらしの遊園地」

さくらです

暑い、あつい、アツ〜い中
盛り上がってるイベント、始まりました🎵

詫間町 喜田建材&DEMI1/2敷地内で開催中♪

7月30日(日)
〜木と触れ合ってとことん楽しめる1日〜
「暮らしの遊園地」


夕方4時まで、まだ今からでも間に合いますよ〜♬

 ◎詳しいイベントご紹介の記事はこちら

DSC07323.JPG

DSC07331.JPG

さてさて、一足先に、遊びに行ってきた様子、お届けします!!!

10時からのスタートに向けて、早い時間から大行列!!!
たくさんの方が楽しみにされていたのが、わかります♪

DSC07355.JPG


メインステージも、今日1日、歌に踊りに、
マグロの解体ショーに盛り上がりそうですよ!!!

DSC07329.JPG

DSC07332.JPG


敷地内を、列車が走ってます!!!
私だって、小さかったら乗りたい♬
DSC07344.JPG

DSC07327.JPG

ウォータースライダ〜〜〜〜〜❤
この暑さだったら、子どもは飛び込んじゃうね!
DSC07328.JPG

建材屋さんならではの、を楽しむブースも!!!
DSC07335.JPG

DSC07336.JPG

DSC07340.JPG

貯金箱、椅子づくりなどなど・・・
ここだけの話、夏休みの宿題にはもってこいですぜ!

DSC07337.JPG

DSC07341.JPG

DSC07338.JPG


たまには、DEMI1/2の店舗内で涼んでね♪
風鈴の音に癒されます〜
DSC07351.JPG

DSC07349.JPG


まだまだ、午後からも、盛りだくさんに、
おいしいもん&イベント&工作コーナーなどが
盛り上がりそうですよ!!!


間に合うかな〜と言ってる間はない!!!
午後4時まで、GO、GO、GO
DSC07330.JPG



***駐車場情報***
大混雑が予想されます!
地図を参考に、周辺施設駐車場に、駐車くださいm(__)m
20155905_1950555601900367_2293703477110981569_n.jpg



===============================
DEMI 1/2 (喜田建材)

DSC07347.JPG

住所:三豊市詫間町詫間890−1
電話:0875-83-3667 / 090-4504-8630 
営業時間:午前9時30分〜午後6時30分
HP :http://www.demi-kitaken.com/ 






posted by ほんまモンリポーター at 11:10| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

箱裏マルシェ×三豊発!!さぬき軽トラ市

こんにちは、レイナです(^o^)/

7月23日(日) あつい季節、あついイベントが荘内半島の先っぽ、
【箱浦ビジターハウス】で開催されました!!

今回はいつもと一味違うコラボイベント
【箱裏マルシェ×さぬき軽トラ市!!】
IMG_3290.JPG

今回もたくさんのお客様でにぎわいました(^^)
来場者数は約1000人!
新鮮な地元野菜や、果物、総菜、ワークショップ、スタンプラリーなど・・・
家族連れや、お友達でも楽しめるイベントです(*^^*)
IMG_3294.JPG

IMG_3295.JPG

【箱裏マルシェ】は、まちづくり推進隊詫間が2015年から
開催する箱浦ビジターハウスを活用したイベント。
【三豊発!!さぬき軽トラ市】は軽トラックの荷台に積んだ
新鮮な野菜を農家の方から直接購入できるイベントです。

今回は、市内外から約30店舗が出店いたしました!!
Ful11lSizeRender.jpg
↑こちら、まちづくり推進隊のスタッフTシャツ♥
詫間町の名所「紫雲出山」にちなんだイメージカラー✨
(けっして茄子色ではございませんので・・・。茄子売ってたけど!笑)

IMG_3286.JPG

IMG_3287.JPG



箱浦マルシェ×さぬき軽トラ市、詳しくは続きから・・・
posted by ほんまモンリポーター at 14:41| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ウミホタルを見に粟島へ♪

こんにちは。ひとみです🍀

みなさんウミホタルって知ってますか?

海にいる蛍??名前を聞いただけでなんだか素敵そうです。

ウミホタルのいる粟島で、
年に1度だけのウミホタルの観賞会があるということで
子供たちと行ってきました♪


粟島へは詫間町の須田港から。
この日も暑い日でしたが、ウミホタルが見られるのは
暗くなった20:00からということで
私たちは18:00頃に須田港へ行きました。
港はすでにすごい行列!!

切符を買って船を待ちます。
ちょうど暑さもやわらいで来る時間。
海風が気持ちいいです。

船は定期便だけでなく、2艘の船が順次往復してくれています。
待ち時間は30分弱くらいだったでしょうか?

「すごい人ですねぇ。いつもこんなに多いんですかねぇ」
「いや、私たちもはじめてなんよ〜」

前に並ぶ人と話したり。同じ目的に向かう人たち。
なんとなく距離も近くて待ち時間楽しめました。

IMG_4513.JPG

夕陽を眺めながら島へ。



島に着くと迎えてくれたのが、

IMG_4799.JPG

ウミホタル!?笑

IMG_4520.JPG

ブイブイアートがたくさんの粟島。
いたるところにブイで作ったいろんなキャラクターが迎えてくれます。
これが子供たちには大受け

粟島のこのゆるくて可愛い感じ。大好きです



粟島のマップの前では島の人が案内をしてくれています。

「ウミホタルがおるんはこの浜や。
今はコンサートもやんじょるで。あんたら漂流郵便局はいくんな?」
「行きたいです!」
「ほんなら・・・」

一人一人に丁寧に道を教えてくれるおじさん。

私たちは漂流郵便局経由でウミホタルの浜へ行くことにしました。



IMG_4798.JPG

夕暮れ時の漂流郵便局。とっても良い感じです。

来るたびに増えているたくさんのお手紙。漂流してきた思い。

IMG_4536.JPG

私は漂流郵便局にくるといつもランダムに何枚かお手紙をとって読みます。

もう会えない父へのお手紙だったり、
子供への伝えられない思いだったり、
ペットへの手紙だったり。

それは私の知らない誰かへの手紙なのですが、
その何万通もある手紙の中から私に届いたことには何か意味があるような気がして。
そのお手紙に書かれている言葉や、字からそのお手紙を書いた人を思い浮かべます。

IMG_4530.JPG

中田局長に聞くと、今でもたくさんのお手紙が届いているそうです。
その多くは、自分の中で消化しきれない思いを綴ったものだそうです。
そんな思いが流れて、ここへ集まってきて。
それを受け取る中田局長の優しい笑顔。

自分の出したお手紙に会いにここを訪れる方もたくさんいるそうです。
これだけたくさんになると、なかなか探し出せないんですけど。と局長さん。

だけど、仮に見つからなくっても、
自分の思いが眠っている場所がこんなに優しい場所だって分かったら、
そして探しているうちにも、たくさんの人の思いに触れられていくことも、
その誰かにとっては救いになるのではないかと思いました。

さて、話がそれました。

ウミホタルです。


IMG_4540.JPG

浜辺に着くともう黄昏時。
たくさんの人たちが身を寄せ合ってウミホタルを待っています。

どんどんどんどん、彩は無くなっていって、夜に染まった海に、
ウミホタルの登場をドキドキしながら待っていると・・・・

「お待たせしました〜!!
ウミホタルさんのお化粧がやっとできたようです〜!!」




ワイングラスを持ったおばちゃんの高らかな声。

「ちょっとかき混ぜてみてん?」

IMG_4548.JPG

ワイングラスの中に手を入れると....ボワンと青く光ります



回されてきたグラスに手を入れると、
ころころすた小さな硬いものが手にあたります。
硬いタピオカドリンクに手を突っ込んでいる感じです笑


ウミホタルは蛍といっても虫ではなく、エビやカニの仲間だそう。
波の上に浮いてはすぐ沈んでしまうので、年に1度、
みんなに見てもらうために前の日から地元の人たちが捕まえてくれているのだそうです。

「さぁまくでー!!!」





もうそこからはお祭りです

砂浜の上のあちこちにウミホタルがばらまかれて、あちこちで歓声が!!

IMG_4553.JPGIMG_4571.JPG

「わぁー!!きれい!!」

砂の上に天の川ができたみたい

子供たちも大興奮!!!

「触って見てん?」

「わ!!!手が光った!!!

普段も砂の上で生活しているものだから、踏んでも大丈夫。
潮が満ちてくれば海へ還っていくそうです。


いや、子供たち、海へ投げてます笑

強制帰還

波に触れると、また強くボワンと光って、波の闇に消えていきます。
儚い光は本当に蛍を思わせます。

「まだまだいくで〜〜!!!」

「わぁ〜〜かかったー!!!ウミホタルにんげんや〜!!!」


ほんまや...ナチュラルエレクトリカルパレードみたいになってる


そうこうしているうちに潮が満ちてきて、砂浜のウミホタルたちは海へ還っていきました。

一瞬の夢のような景色と時間。
この幻想的な光は、ぜひ実際にみて、感じていただきたいです





帰りの船を待つ間は、港で地元の方が生演奏してくれていました。

疲れた体に心地よく響きます。


そして、帰りの船のチケットは貝殻。これも地元の方達が拾ってくれたのでしょうか?

IMG_4826.JPG

そんな島のあったかさがなにより嬉しかったです。
夏の始まりにとっても素敵な思い出ができました。



IMG_4799.JPG

この子はウミホタルじゃなかったね笑











posted by ほんまモンリポーター at 17:34| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

「菓子屋娘」開催中です♪

おはようございますひとみです🍀

カシアボニータさんの10周年記念イベント「菓子屋娘」に行ってきました

IMG_3312.JPG


週末2日間限定で、株式会社河内小学校の図工室が和カフェに!!


この場所で、この日しか食べられないものだらけのカフェなんて!!限定に弱い女子にはたまらない企画です


小学校の雰囲気もなんだかレトロで懐かしく、和カフェにぴったりです!!


IMG_3307.JPG
この廊下の感じ・・・。そうそう!図工室の前にはこんな蛇口が付いていたよなぁ。。。

入口の前には満開のひまわり!!合えば元気をもらえるボニ子さんこと博子さんのイメージにぴったり🌻


こちらは地元の方からのプレゼントだそうです。そういえば、道中に満開のひまわり畑があったなぁ。


他にも葱坊主がいっぱいの畑に、水が張られたばかりの水田に。そんな会場の周りの風景もとっても素敵なのです。


IMG_3313.JPG

IMG_3310.JPG

中はたくさんの方で賑わっていました。

IMG_3311.JPG

私は和菓子コラボプレートを😋

IMG_3315.JPG

5月に充電期間に入り、店舗がなくなった「のあ家」さんの限定ねりきりに
7月からお休みに入る「おかし工房Botan」さんの和風スコーン
そしてカシボニ印入りのお饅頭

なんて贅沢なプレート!!

練り切りとスコーンは種類を選ぶことができ、私は塩麹フロマージュの練り切りとお抹茶のスコーンを選びました。

カシボニカラーのお花が可愛い💕そして塩麹フロマージュの酸味がアクセントでとっても美味しかったです💕

その他の感想は・・・

IMG_3305.JPG

あっという間になくなから美味しかったのでしょう(笑)

お兄ちゃんが選んだのは、こちらも地元に愛される豊中町のナリキさんのプリンと堅パンに好みのミルクジャムを添えて食べられるというもの

IMG_3316.JPG

ナリキさんの情報はこちら

IMG_3306.JPG

こちらも味見さえさせてもらえませんでした😂


IMG_3308.JPG

IMG_3246.JPG

スイーツだけでなく、美味しいものも色々購入することもできます。


今日は10時から、昨日とはまた違ったメニューが楽しめます。
今日どうしよう〜なんて思っている方今からでも間に合いますよ〜!!

お腹も心もほっこりできること間違いなしです

IMG_3314.JPG
イベントの情報はこちら






posted by ほんまモンリポーター at 08:52| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

100万人のキャンドルナイト2017夏至に行ってきました♪

こんにちは ひとみです🍀


電気を消してスローな夜を・・・・


100万人のキャンドルナイトへ行ってきました🌝


会場がオープンする19時はちょうど夕暮れ時。


この日は格別真っ赤に染まった空。

IMG_3093.JPG


刻一刻と変化していく空をゆっくり眺めて夜を待つのもスローな時間。


会場近くの父母浜は絶景の夕日スポットとしても人気です。


父母浜の情報はこちら


会場に入ると一面に広がるキャンドルの灯に思わずため息・・・・



IMG_2983.JPG


IMG_2985.JPG


IMG_2990.JPG


今年は約2000個のキャンドルに灯が灯されたそう。


古材とキャンドル。

IMG_2988.JPG


IMG_2920.JPG


IMG_2989.JPG


IMG_2909.JPG


鏡に広がる万華鏡の世界。

IMG_2984.JPG


IMG_2986.JPG


仁尾の風景をイメージしたものや、子供たちが作ったもの。


IMG_2870.JPG


IMG_2875.JPG


IMG_2880.JPG


ストーリーのある展示も素敵です。



たくさんの人たちがキャンドルを眺めたり、身を寄せて語り合ったり

キャンドルの炎が煌めき、影がゆらゆら

優しい音楽に、雑踏が混じるのがとても心地よいのです。



キャンドルの灯りを楽しんだ後はKAKIGORI CAFE ひむろへ寄り道。


こちらでもキャンドルナイトを楽しむことができます。

IMG_2980.JPG


IMG_2979.JPG


キャンドルナイト限定のマンゴーかき氷🍧


IMG_2981.JPG


暗くて見えませんね・・・笑

濃厚なマンゴーがとっても美味しかったです😋


もちろん他にも三豊の旬がたくさん詰まったメニューがずらり


KAKIGORI CAFE ひむろの情報はこちら


子供たちにとってはちょっぴり夜遊びして、特別な夜になったかなぁ。

IMG_2982.JPG


「なんでろうそくで過ごすの?」


という質問に、みんなの地球を大切にしたいねってお話もしながらお家に帰りました。


24回も続いてたくさんの人が訪れるキャンドルナイト。


みなさんキャンドルの炎に何を思っているんでしょう。


忙しい日常の中でふと立ち止まって炎を眺める時間。

とても贅沢な時間ですよね。


お家でもキャンドルナイトしようかなっていったら

それは怖いから嫌だそうです笑


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(2) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする