2018年02月18日

スーパーマーケット・トレードショー:三豊から5社が出展!

 こんにちは、ショウタロウです。
 2月14日から16日にかけて、千葉県の幕張メッセで開催された「スーパーマーケット・トレードショー」に行ってきました。
 スーパーマーケット・トレードショーは、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会です。全国のスーパーマーケットなどの小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食、海外などから多数のバイヤーの方々が参加して、出展者の新たな販路開拓やビジネスチャンスにつながる場として開催されており、今回で52回目となるそうです。

 IMG_7495.jpg
 幕張メッセの11ある国際展示場のホール全部を使っています!

 企業の出展会場です。大手企業の名前が見えますね。これでもほんの一部です。
企業ブース.jpg

 こちらは地域からの出展会場です。こちらもやはり写真に収まりきらない広さでした。
ブース全景.jpg

 そして、こちらが香川県ブースです!
IMG_7541.jpg
 県全体で41の企業が出展していました。

 続々と人が集まっていましたよ。
香川県ブース.jpg

 今回、三豊市からは5つの企業が出展しました。

⬛仁尾興産株式会社
仁尾興産株式会社.jpg
 イチオシは瀬戸内オリーブ車エビアヒージョ!新開発の塩もオススメですよ〜!
(オリーブ車海老のHPはこちら

⬛白井の実ファーム
白井の実ファーム.jpg
 イチオシはやっぱりぶどう!時期的に実物はありませんが美味しさと思いが伝わってきました!
(HPはこちら

⬛さんわ農夢
さんわ農夢.jpg
 イチオシはお芋「弘法の恵」!「夢の芋」との食べ比べ。ん〜どっちも美味しい!
 (HPはこちら

⬛さぬき鶏本舗
さぬき鶏本舗.jpg
 もうひとつのさぬき名物と言えば「骨付鶏」!試食もどんどんなくなっていきます〜
 (HPはこちら

⬛株式会社エフディアイ
株式会社エフディアイ.jpg
 「Only One」のバームクーヘンラスク!食感はもちろん、いろんな味付けも楽しいです!
 (HPはこちら

商談.jpg
 それぞれのブースで商談が進んでいきます。売る方も買う方も真剣です!!

 3日間の来場者数はなんと8.8万人!
 出展された方々にとっては全国のバイヤーの方々やすでに取引のある方々とも直に会える貴重かつすごく大きな機会であり、みなさま一所懸命に商品をPRされていました

 三豊の素晴らしい企業の素晴らしい商品が広まりますように!
 出展された皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした!

 スーパーマーケット・トレードショーについて詳しくはこちら

 ありがとうございました! 
posted by ほんまモンリポーター at 10:00| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

かがわ里海大学「里海料理ワークショップ」に参加してきました!

 こんにちは、ショウタロウです。
 先日ご紹介した(こちら)、かがわ里海大学の「里海料理ワークショップ」に参加してきました!

 場所は仁尾の三豊市市民センター仁尾です。
三豊市市民センター仁尾.jpg

 調理室の前にかがわ里海大学ののぼりが立っていました。
かがわ里海大学.jpg 

 今回作った料理はチヌのさつま、チシャもみ(今回はレタスを使用)、かきたま汁で、講師は香川県農業士の川上さん達4名のみなさまでした。
 講師の川上さん.jpg
  川上さんからのご挨拶。

  テーブルには、すでに焼いたばかりのチヌなどの材料を準備していただいてありました。
準備していただいたもの.JPG

 まずはさつま作りです。さつまは焼いた魚の身をほぐしてすり鉢で滑らかにすり、だし汁で伸ばして味噌で味付けをした郷土料理です。チヌだけでなくカマスなどいろいろな魚で作ることができます。

 チヌの身を手でほぐしていきます。
チヌの身をほぐす.jpg
 できるだけ骨をきれいに取りながら…

 ほぐした身はすり鉢へ。頭や骨の部分はだしをとるため別の鍋で煮ます。
チヌの身をほぐす2.jpg

 身はさらに骨を取り除きながらすりつぶしていきます。
中村さんと安藤さん2.jpg
 写真のお二人は観音寺から来られた中村さん(左)と安藤さん(右)。懐かしい味を食べたくなって参加されたそうです。
 「母はよく作ってくれたけど、私達の世代からは作る人はあまりいなくなったね…」とは中村さん。ちなみに参加者の中でも食べたことがある人はほとんどいませんでした。

出汁でのばす.jpg
 よくすりつぶしたら頭や骨から取った出汁でのばしていきます。途中で味噌も加えて味を整えます。

出汁でのばす2.jpg
 お父さんはやっぱり力強い!味付けやどこまでゆるく伸ばすかはそれぞれの好みで。

 お次はチシャもみ
 油揚げを細く切ってカリカリになるまで炒めておきます。
 油揚げを炒める.jpg
 お、なかなか手際いいね!

 最近ではチシャはほとんど手にはいらないので、近い種類のレタスを使います。
 彩りに細長く切ったかまぼこを加えて、レタスは少しもんで酢味噌(ダイダイのお酢でした!)であえます。
 ちしゃもみ.jpg

 さて、もう一品はかき卵汁ですが、その前に参加者の中に香川大学の学生さんがいらしたのでご紹介します。
 香川大学の橋本さん.jpg
 お名前は橋本さん、魚食の振興をテーマに研究していて、今は特にチヌに焦点をあてた取り組みをされているそうです。

 指導されている香川大学の原教授と一緒に。

 橋本さんは2/17にはかがわ里海大学の「海・山の幸講座」で数々のチヌ料理をつくる講座の担当者としてレシピの研究や講座内容の検討をされていて、当日は司会進行などもされるということですよ(講座のチラシはこちら

 さて、かきたま汁をつくりましょう。温めた出汁をかき混ぜながら、溶き卵をいれていくと…
 かきたま汁.jpg

 ふわっふわのかき卵汁ができあがりました!

 講師の方が作ってくださったしょうゆ豆も添えて…できあがり!
 さつまは温かいご飯にかけていただきます。
 できあがり.jpg
 美味しそうですね〜

 いただきま〜す!

 「懐かしい味やね〜美味しい!」

 はじめてのお味はどうかな?

 家族みんなで頑張って作られましたね!

 チシャもみ、お口いっぱいだ!

 約2時間の講座の中でみんなで楽しく作って、最後に美味しくいただきました。
 おみやげには特製の「かつおあめ」(はったい粉を使ったあめ)と講座の修了証までいただいて大満足のお昼でした!

 さつまは魚を焼いて、身をほぐして、出汁で伸ばして…と普段つくるにはちょっと大変なお料理ですが、地元の方に聞いたところでは、冷めてしまった焼き魚や、結婚式の引出物でもらった鯛の塩焼きなど、冷めてしまった魚を美味しく食べるための一つの工夫でもあったとか。電子レンジなどがなかった時代の知恵でもあるのですね。

 海の幸も豊富な三豊。先人の知恵と工夫で生み出され、昔から伝わってきた郷土の味、これからも大切にしていきたいですね。

◆かがわ里海大学
 ホームページはこちら ※開催予定の講座の案内なども掲載されています
 お問い合わせは…
  香川県 環境森林部 環境管理課
  水環境・里海グループ
   Tel 087-832-3218
   Fax 087-806-0228
   メール: kankyokanri@pref.kagawa.lg.jp  

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

『食』を知り楽しもう♪ 『瀬戸内0円キッチン』

こんにちは。ひとみです🍀

突然ですが、


毎日どんなご飯を食べていますか?

誰とご飯を食べていますか?

世界の食料生産量の3分の1が毎年放棄されている」

「日本の食料廃棄は年間7000万人分」




びっくりしませんか?



そんな現状に何かできないかな?
と動き出した人たちが三豊市にいます。


そして始まったのが

「瀬戸内0円キッチン」



「0円を囲むhappyな円卓」

をコンセプトに、廃棄食材を利用してみんなが集まれる食卓をつくる活動をされています。


今回はその0円キッチンより特別企画

0円キッチン❌とよけん
〜廃棄食材で本場南インドカレーを作るスパイス講座〜

ということで参加してきました


今回、講師として
教えてくださる豊田健(通称:とよけん)さん。(右)

IMG_0363.JPG

あいさつするとよけんさん(右)と
0円キッチンの発起人のひとりである松賀屋の家主はなちゃん(左)

直接、現地に足を運びながら
その場で料理人からスパイスの使い方を学んできた
南インド、スリランカ料理愛好家。

カレー屋さんか??と思いきや本業は地域と交流する旅行作り。

うーん。カレーももちろん彼のこともとっても気になります。。



スパイス2.jpg
テーブルに並ぶたくさんのスパイス


廃棄食材.jpg
今回の廃棄食材。こんなにたくさん!!


単品の食材で何種類も作って混ぜながら食べるのが本場のカレーの食べ方とのことで


今日もなんと11種類ものカレーをつくっていくそうです。


しかも食材はカレーに使わないものばかり・・・


どんなものができるかワクワクです!!



まずはテンパリング。油にスパイスの香りを移す作業です。

あたりにはいい香り〜〜

スパイスに熱を通すことで香りがひきだされるそうです。

IMG_0385.JPG

インドカレー用とスリランカカレー用と2種類テンパリングすると

あとは色々な食材をスパイスと合わせて火を通していきます。

IMG_0383.JPG

ニラと芽キャベツ、じゃがいも、アスパラとセロリ、さつまいもと人参と大根の根菜カレー、お肉、お魚・・・

それぞれの食材に合わせてスパイスを加えて・・・

最後にテンパリングした油も加えてまぜまぜ。

25630708_1011876965617834_311763798_n.jpg

火が通ればあっという間に出来上がり!

カレーって煮込み料理じゃないんだ。。。


子供達もお手伝い。

IMG_0377.JPG


お水につけるとお野菜さん元気になるんだよ


お鍋でご飯も炊けましたたちあがる湯気に子供達大はしゃぎ

IMG_0388.JPG

真ん中にご飯を乗せたお皿に、みんなそれぞれお好みのカレーを乗せて食べ方も現地流



25630541_1011876888951175_948041387_n.jpg

みんなでいただきまーす

なんて豪華な食卓!カレーもどれもとっても美味しい

本来なら捨てられていた食材からできていると思うと考えさせられます。

大きなテーブルを囲んでみんなで食べる食卓はとっても楽しい


食べるってあったかいことなんだな〜〜って実感。

本当に「0円を囲むHAPPYな食卓」でした

みんなで.jpg


瀬戸内0円キッチンは色々な形態を取りながら月1回開催されていくそうです。

お子様連れも大歓迎!!子供も大人も気軽に集まれる。そんな食卓を目指しているそうです。

みなさんもぜひ参加してみませんか?

開催予定はfacebookを通して案内されるそうです。

0円キッチンのfacebookは こちら






posted by ほんまモンリポーター at 12:44| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

らくだやさんでほっこりヒンメリづくり♫

こんにちは。ひとみです🍀

三豊の先っぽ。荘内半島にある『喫茶 らくだや』さんでヒンメリ作りのワークショップに行って来ました

らくだやさんの以前の記事は こちら

IMG_9840.JPG

そもそもヒンメリとは・・・フィンランドの伝統品で、収穫したライ麦の茎を使って作られるモビールです。


収穫祭やクリスマスの飾りとしても親しまれているそうで、今の季節にぴったりですね

IMG_9826.JPG

らくだやさんの店内にもヒンメリが飾られています。

今回、ヒンメリ作りを教えて頂いたのは高松市であみものの先生をされている田井裕子さん。

IMG_9844.JPG


デンマークのスカルス手芸学校に留学、北欧の伝統的な編み物や、織、刺繍など基本的な手芸を学んだ経験を
いかしてして手芸全般を楽しみます。




IMG_9878.JPG

難しそうにみえるヒンメリですが、基本的な形は8面体。三角形をたくさん作っていく作業のコツを覚えると、意外と後は簡単

みんな集中〜〜

こういう時間、なかなかお家じゃ取れないんですよね。

IMG_9822.JPG

どんどん出来上がって来ました!!

IMG_9824.JPG

今日の生徒さんはみんな手際いいですね〜と田井先生

IMG_9827.JPG

IMG_9843.JPG

今回のワークショップはお子様連れや、赤ちゃんも一緒に来られている方も多くて、らくだやさんの空気感もあいまって、とってもほんわかした雰囲気でした。


IMG_9877.JPG

完成〜〜!!

IMG_9845.JPG

完成した後は、らくだやさんのスイーツ付き

乳製品を使っていないスイートポテトでした!ココナッツミルクの甘い香りにほっっ

IMG_9839.JPG

お店を出ると穏やかな冬の海の景色。

日常の中に、こんな場所で、こんな時間、とっても贅沢ですよね。


IMG_0085.JPG



早速お家に完成したヒンメリを飾りました手作りしたものがお家にあるのっていいですよね


らくだやさんでは、これからも暮らしにまつわるワークショップをされていくそうですよ。

らくだやさんの情報は こちら

らくだやさんの美味しいご飯は無双地図さんの移住者のcafe場でも食べることができますよ。

無双地図さんの情報は こちら
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

せとうちクリーンアップ in 浦島(積) に行ってきました!

ふじまるです

12月3日(日)、せとうちクリーンアップin浦島に参加してきました。
場所は荘内半島の積。フラワーパーク浦島を下ったところにある
目の前に粟島が見える海岸です。

朝早くから集まった参加者は、スタッフも含めおよそ50人。
地元の積楽しまん会の皆さんの協力も得て、
賑やかなクリーンアップとなりました
B1B34138-666C-40F9-9AF9-DE2FC6066CFC.jpg
キレイになった浜辺で記念の1枚📷




県下各地で実施している、せとうちクリーンアップ。
ぼくも毎回参加させていただいております。
というのも、じつはこのクリーンアップ、
たいへんユニークな特徴が3つあるんです。

まず、1つめは、『世界共通の手法で海ごみを調査』
FB7D14BB-5879-467A-9A98-2CD6831009A1.jpg
ICC(国際海岸クリーンアップ)の手法をもちいて
海岸にどんなゴミがどのくらい落ちているのか、
数をかぞえながら専用のシートに記入していきます。
ゴミを拾うのは当然なのですが、一歩進んで
ゴミの発生を抑制するための貴重なデータをとります。
7BD8889D-A82A-49B5-B5DE-B0C07D1721D7.jpg

A7D2E5A7-7A36-4A32-ABEA-1F952F683B69.jpg
この日は、3〜4人で1グループをつくり
グループごとにゴミの回収と調査を実施しました。
D1E9F69C-2BDC-4E43-9D11-54F7E301B53D.jpg

569E2B37-B35C-4769-927D-28043B947609.jpg
すごいゴミの量です
あっという間にゴミ袋がいっぱいに…
462D351B-6144-466C-9CEC-1705A7A2141C.jpg

6C07A652-1597-4690-A0F0-592737D69A28.jpg


2つめは、『お宝探し』
8A7C4690-BCF8-4B06-AD7B-516BBD0F4C2B.jpg
海に落ちているものは、ゴミだけではありません。
キレイな貝殻やビーチグラス、
インテリアに使えそうな流木などさまざまあります。
3D42B5D0-9FB1-40CF-8E5D-0AA3782F9A84.jpg
一見するとただの漂着ゴミですが、
自分にとって価値あるものになれば、それはお宝
海からの贈り物になるんです。

海岸清掃をしながら、同時にお宝探しも楽しめるのも魅力です。
8A321C0A-BB7D-41D4-BA09-F11712B45CAF.jpg

EB241958-2EDB-492A-B937-0273A925D27D.jpg
およそ1時間の清掃活動で、
なんとトラック1台分のゴミを回収
4D28AC10-F70B-4E30-8469-830CA72C015D.jpg

E2A5663B-EA00-4AC7-A28D-8459ACFEFE4E.jpg
クリーンアップの後、いま深刻化している「海ごみ問題」や
「漂着物」についてのお話しがありました。

知らないところで起きている身近な問題に、
みなさん無関心ではいられなくなった様子でした。
8069D997-84AB-4D3A-847C-1899D8A9D9A4.jpg


3つめは、『里海ランチ』
B4D03972-8458-42A6-BD39-57C159794688.jpg
今回は、積楽しまん会の皆さんの協力もと
地元で採れた山の幸、海の幸を使ったおもてなしランチ。
DF1D156B-0EA0-448E-A1B1-A65CB5EF528F.jpg

A23B6790-868B-48A8-AAC1-2B8E49581316.jpg
山菜おこわに漬け物
近くの海で採れたひじきに、あったかい団子汁
最高のごちそうです
57658D34-2F58-4050-92B7-C1EA81A86804.jpg

4F76735D-7732-4380-89B1-00F4219B21A6.jpg
参加者のみなさんは、食器を持参。

ゴミ拾いをしたあとは、ゴミを出さないという思いから、
それぞれの食器に自分で盛り付けて食べるという
青空ビュッフェスタイル
066F8D30-18EA-4588-8A4B-8EB6BC4CC7A6.jpg

16EF8F9C-35A7-4CEA-96BD-76DA814AB0C4.jpg

3120ED28-7CFA-4D95-9EB5-59744CDAD418.jpg
地面に腰をおろしたり海を眺めながら、
思いおもいのランチタイムを満喫されていました
3DCB7F48-6E71-4CDA-A3BD-035CD2FED5B8.jpg

624BBEE4-DCA6-41DE-90FE-8D87B2B4231A.jpg
来た時よりも、見違えるほどキレイになった海岸 

参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした
ありがとうございました




posted by ほんまモンリポーター at 21:15| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする