2018年02月10日

冬の三豊の夜を楽しむツアー 「冬のあったか星めぐり」 by 無双地図

ふじまるです


一年で一番かがやく星の多い冬。
カップルやご夫婦、そして大切なお友達と二人で、
波音ときらめく星空に包まれる、
特別であたたかな夜を過ごしませんか?

先日、無双地図(株)が現在売出し中の
冬のツアー『冬のあったか星めぐり』
に同行させていただきました



ガイドの横山さんの案内で訪れた場所は、
詫間町・荘内半島のとある浜辺。
ツアーの参加者は、こちらの美女たち
E8B7A562-8EA8-4230-B122-B0459BD7C2C4.jpg
この日の夜空は、あいにくの曇り。
ときおり雪もちらついていました❄️

到着後、浜辺に用意された寝袋ベッドに入り、
準備が整うまでの間、暖をとりながら待ちます。
じつは寝袋の中に湯たんぽをしのばせていて、
中に入ると、彼女たちも「あったか〜い!」と、
想像以上にぽかぽかだったようです
5F53257C-7A72-4C6A-BF65-58BE60D9397E.jpg
寝転んで待つのもよし、空を見上げて待つのもよし。
ここからすでに、非日常の体験が始まっています。

雲の切れ間から、わずかな時間だけ見えた月。
皆既月食があった日の前日だったので、ほぼ満月です。
D3221D5A-C1DC-4724-A4A3-A471F8C9523E.jpg

しばらくすると焚き火も用意され、テーブルの上には
お待ちかねの料理が並べられています。
7E495D36-018F-4E1A-AE77-C5B66880BA0C.jpg
ランタンにも火が灯され、暗闇のなかに
あたたかな空間が出現しました。
62D112A1-CA02-4096-8743-FD5DADF77ACC.jpg
料理はチーズフォンデュとホットワイン🍷のセット
ほんと見た目にも美味しそうで、口にすると
彼女たちも「美味しい〜!」と大好評でした
AA1CAE7F-F25D-414A-B18C-67F1E085818A.jpg
笑顔も素敵
08F35C6E-0B3A-4F53-A514-75BA6A024565.jpg

お食事と語らいのひととき
725AA077-4B7A-4979-B990-EA4ADD4A5C29.jpg
BGMには、寄せては返す波の音
D59AA532-0162-48B8-8AEF-9B7B129EAC68.jpg

4C86AB44-8BB5-4E1F-99DA-A24930C12D11.jpg
ガイドの横山さんも話しの輪に加わります。
4EC1E6E1-BC4F-4A21-ACE0-89361FE7B919.jpg

お腹も満たされたところで、
この場所から見える星座についてや
星にまつわるいろんなお話を
ガイドさんが詳しく説明してくれます
711D1CDB-5B48-4FF1-9B3B-D38F0AF495A6.jpg
なにが見えたのだろう。。。
5BBB313B-8CC9-42D7-9B61-3EAF7C3BD2E2.jpg

9599472B-D13C-4804-9C0B-87A1AF591090.jpg
帰る前には、もう一度あったか寝袋で体を温めます。
その間も双眼鏡で天体観測できますよ
98C0C2C4-7E83-4E0C-A140-2A9EF543B5F6.jpg
美女たちに感想を聞くと、
「寒空の下でも比較的暖かく過ごせてビックリした」
「滅多にできない素晴らしい体験ができた」など、
とても楽しめたとのことでした。

こちらから見ていても本当に楽しそうでしたよ。
撮影にも協力していただき、ありがとうございました



こんな冬の楽しみかた、このツアーが気になるー!
というかたはこちらをチェック










posted by ほんまモンリポーター at 08:44| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

仁老浜海水浴場にいってきました!

ふじまるです

ジリジリと焼ける音が聞こえそうなほど暑かった山の日、
ぼくは荘内半島の先端部にある仁老浜海水浴場にいってきました。
632985B7-3EB5-4DBE-9CFB-939754DAC688.jpg
ふだんはプライベートビーチのようなこの場所も…
3B54AAE1-96CF-4E5D-8D78-F1AC47D7ECCC.jpg





この日は違っていました
AFA440CD-612E-4B54-A061-FE2CF184F144.jpg
砂浜にはいくつものテントが並んでいて
32C3D0A2-AE24-41AE-9351-628A0DCA96DA.jpg
たいへん多くの人で賑わっていました
C2965EE2-858E-41FE-9E0F-B7AB629D488C.jpg
青い空と青い海、目の前に広がる水平線
8ED94988-A225-4778-8E20-066CB0B852F2.jpg
ロケーションは最高ですね
E1E175EF-C0A8-46D8-A38A-9454205A3A1E.jpg


駐車場には県外ナンバーの車も多く見かけました。
E7A52297-E5A9-4D1F-B477-084089CFF50B.jpg

バーベキューをしているグループもたくさんいました。
ちなみにこれは、ぼくのグループです(笑) 
7D9DD3AD-FB03-4956-8546-3A098784BD15.jpg
ただ焼くだけでは物足りないのでパスタやアヒージョなど
簡単にできるものはなんでも作ります
アウトドアクッキングも楽しい〜
EC6511BE-81D5-4C93-8943-91606BF1EFE2.jpg

お腹を満たしたら海へ
B4F09CA3-73EA-4751-8826-72209B5DE75C.jpg

9E5F00E7-B4A3-4A34-815F-C57A2364E8FD.jpg



仲間たちが海で泳いでいるあいだに、
ここの海水浴場にはどんな施設があるのか探索。

一軒だけ海の家がありました。
37C2EBB2-EB98-4184-8026-D59057691CAC.jpg
 こちらがメニュー表です。D6A44ABB-4846-4C5E-BB56-05015E6C9859.jpg
 この氷の旗が海の家の目印になります。
お店の人に話しを聞くと、8月中は営業しているそうです。
886FDD68-2D12-4D81-8D2D-225894B15982.jpg


この竜宮城のような建物はトイレです。
DDFDA50D-EBBF-485A-84CF-EA6100341D6F.jpg
更衣室に有料のシャワー室もありました。
A2D66EA4-E5C8-45DC-A1FF-BAF045AC8460.jpg
その他、利用料が必要なものがこちら。
駐車代に水道代。水道代とはシャワーのことです。
野営テント代は、駐車場スペースに立てると有料。
砂浜に立てると利用料はかからないそうです。
A726D86C-F3A4-4AA1-B9CE-030AEE7D91EE.jpg

仁老浜海水浴場までのアクセスは
こちらをチェック


8D6A36D0-5A38-4ACE-82FD-38EE77F821B5.jpg
飲んで、食べて、泳いで
仁老浜の海を満喫した1日でした
まだまだ楽しめますよー
97DA0680-2363-4689-A615-B2DDF1EFA997.jpg




posted by ほんまモンリポーター at 19:27| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

夏はみとよでカヤックだ!

夏本番ですねふじまるです。
世間的にはお盆休みシーズンですが
みなさん、休日はなにをして過ごしていますか?
ぼくは、アウトドアライフを楽しんでいます

みとよでのアウトドアといえば
やっぱりここ仁尾町のFree Cloud

先日、ちょっと遊びにいってきました
なにをしてきたのかというと…
瀬戸内の海と島で1日たっぷりと遊ぶ
Free Cloud イチオシのツアー☝️

ワンデイ・カヤック・トリップ
に 参加してきました。


あまりにも楽しかったので、ブログを作りながら、
またいきたいという衝動にかられております(笑)
CF49E1F8-8924-471A-8F2B-7B5FBA7AB2CC.jpg



それでは、ここから体験レポートです。


ツアー当日、まずはFree Cloudのベースに集合し受付。
10:00〜、ガイドの小前さん(以後、ショージさん)から
ツアーに関する説明やカヤックへの乗り込み方
漕ぎ方を学びます。

そして、いよいよ海へと出発
AFB38637-D837-4AF4-88DA-CCDD6E6A0404.jpg

この日は、ショージさんと一緒にカヤックに
左側がぼくで、こんな感じで写真撮影をしています。
B423105D-C514-498D-BF63-056FD1270394.jpg

今回のツアーは、大蔦島から小蔦島を1日かけてぐる〜っと周り
休憩をはさみながら、ランチもいただけて
海遊びを満喫できるという贅沢なコース
D99AD522-960B-4253-983C-50CD0529EB36.jpg
ふだんはなかなかお目にかかることのない景色に
思わず見とれてしまいます。
B6A8CA63-B270-4A9B-9628-FB0433683822.jpg

しばらくすると水深の浅い岩場に接近船底スレッスレ💦
このあと目の前に見える岩と岩の間をすり抜けていきます
なんとスリリングなアクティビティなんだ
1AAAA470-192E-4BA8-A1A0-CCD9FD7AB0D4.jpg
この周辺を知りつくしたガイドがいてくれるからこそ
安心して楽しめる自然の遊びがいっぱい
91E42BC5-F39F-4655-84F9-67AB5168A948.jpg



時は流れ、お昼どき。大蔦島の砂浜でランチタイム
ガイドのショージさんが料理を振るまってくれました
8A828A57-95E7-4264-8F42-0B24FA275EAE.jpg

D57C9B90-2714-47D7-B5B7-83C14AE9AE1A.jpg

588B7D63-3374-4DEB-8367-C5840FC6C99C.jpg
メニューは、メキシカンタコス
トマトを使った2種類のサルサソースと
アボカドを使ったディップをお好みでトッピング
これはおいしーいお代わり3回しました(笑)
7560D73A-795C-4D04-8CE0-3623848A7798.jpg
一緒にツアーに参加していたみなさんもご満悦
FEB135E3-6F03-44CB-98DD-7C745384B2DF.jpg

食後にはコーヒーもまさに至福のひとときです
99CFE9D6-6BA7-477C-8494-563896048123.jpg



この日は、ショージさんの知り合いの方が
海の上から釣りたてのキスを差し入れしてくれました。
そして、そのキスを波打ち際でさばくという
このアウトドアスタイル👍
6A8A3408-3768-4075-A273-B3B86481D9C9.jpg
さばいてくれたキスは、あっという間にお刺身に
食後のデザートならぬお刺身に舌鼓
これもおいしかったー
(※注意:お刺身はレギュラーメニューではありません)
1541742E-F67A-428D-82EE-B48978240B07.jpg



お腹も満たされ、存分に島時間を楽しんだあと
再びカヤックに乗り込み、次なる目的地へと出発
6AC7A8F8-19BF-4D8B-8F08-C2A0C0DC6269.jpg
向かった先は「平石」と呼ばれる岩場。
文字通り平らな大きな岩なのですが
四国12景のひとつとして、古くから有名なんだとか。
そして、目の前に迫ったその「平石」に上陸します
AA7BCE5C-0BFD-4EFD-B453-A4B7447CC94F.jpg
上陸シーンを撮りたかったのですが、
ここでまさかのカメラのバッテリー切れ💦

しかし、「平石」に上陸してからは
少年の頃に戻ったようにはしゃぎまわりました(笑)
5FCA391B-484F-4822-82CF-088990D3278F.jpg
海のまん中の岩場から飛び込んで
そこで泳いで遊べるんですよ
2DFB3263-277D-4DD7-8735-B349002482B8.jpg

岩場に登り…
9024E136-BC60-4857-8C98-1E70ED95C1B4.jpg
飛び込む
こんな感じ。
BC38266E-EE64-4E40-AA2E-BFB2218DFAE6.jpg

ぼくも負けずに海へダイブ
テンションマックスです(笑)
F464D302-722C-4A7D-96D2-B0BFDADA30E1.jpg

注意:これは溺れているのではありません。
遊んでいるのです
E4CD27C1-C404-4DD9-AC4A-46E68C757D87.jpg
こんなこともできちゃいます
F51FA715-6F8B-4F7A-8B5F-EA80F42F142B.jpg
はしゃいだ後には冷たいオレンジジュースが待っていた
1FCB1444-18A6-4296-B37D-BB0798E71DDA.jpg


「平石」を堪能し、あとはベースを目指して漕ぎ進むだけ
CB0B20B5-3DBF-473D-819C-7015C208BBCE.jpg
再びベースに戻った時刻は、16:00。
ほんとうにあっという間の6時間でした
BCF3412B-867C-44A1-A0DF-C6C19A6A6EFB.jpg
まだまだ続く暑い夏
ときには自然の中に身を置いて
ゆったりと海で過ごすのはいかがでしょう
Free Cloudのワンデイ・カヤック・トリップ
超オススメですよー



ツアーの詳細は、Free CloudのHPをチェック
F06D1A0C-5EEA-41BE-A4B0-325CCF2D17AC.jpg
             ==========================
     Free Cloud (フリークラウド)
     住所 三豊市仁尾町家の浦 サンリゾート仁尾 内 
     電話 080-3924-9610 
     HP    http://www.free-cloud.jp





こちらもオススメですよー
サンセット・SUP・トリップ🏄‍♀️
4C5B84A7-E356-4AD0-94FA-F50D65BA5C5B.jpg







posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

紫雲出山は夜景もおすすめ!

こんにちは、ショウタロウです!

春の桜では多くの人で賑わった紫雲出山ですが、実は夜景もおすすめです。

夜景ポイントは山の上の舗装された駐車場に入らず、真っすぐ進んだところにある砂地の広場です。
広場.jpg

広場の奥には休憩所もあります

東屋.jpg

この場所からは粟島の眺めも良いですね。
夕闇に溶けていく粟島です。

粟島.jpg


この場所の大きな特徴は、
荘内半島の両側(坂出・多度津方面と観音寺・仁尾方面)が見られることです。
「半島にいるんだ〜」ということを実感します。

さて、日没頃(今の時期ですと19:15〜20分頃です)からだんだん街に明かりが灯っていきます。
坂出・多度津方面の眺めです。左側の特に明るい光は造船所の明かりでしょうか??

坂出〜多度津方面.jpg


こちらは詫間方面です。海沿いの道路を走る車のヘッドライトやブレーキランプが目を引きます。
詫間方面.jpg


半島の反対側、観音寺・仁尾方面です。写真に写っていませんが、右側のほうは四国中央市など愛媛方面も見えます。
仁尾・観音寺方面.jpg


日没からしっかり暗くなるまでは1時間半ぐらいかかりますが、
2時間ほど時間をとれば沈んでいく夕日やだんだん明るくなっていく街の様子
を眺める贅沢な時間を過ごすことができますよ♪

なお、屋外ですので、やはり虫よけや蚊取り線香はあったほうが安心です。

お読みいただきありがとうございました!

[ここに地図が表示されます]
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

5月14日(日) つたじまビーチクリーンアップ♬

こちらの写真
どこで撮影されたものか
わかりますか?


1C28A083-3FF0-42C1-AA0C-D6599F340F1F.jpg

AB7271E9-44E7-4252-B34C-EB8E32E51A3D.jpg
この赤い鳥居⛩
どこかで見たことありませんか?
B10AE412-EFC3-4475-BA90-B542E5BE6F9E.jpg



じつはこれらの写真が撮られたのは
仁尾町沖の無人島「蔦島」
E6D77EDC-68FB-48CD-A2E9-E7734E48EDD2.jpg



先月下旬頃、瀬戸内DAYOUTを目前に控えた
実行委員会のみなさんが
つたじまを訪れたときの様子です。
D4E4D729-599E-4097-80D6-C1C7CE9B295A.jpg
ゴールデンウィーク前に清掃があったようで
この時よりは少なくなっているようですが
まだまだたくさんのゴミが散乱しています。
              95AE0D2C-F22F-49C3-8F37-8F8D5668D993.jpg
そこで!このビーチをもっとキレイにしようと
瀬戸内DAYOUT実行委員会が主催で
ビーチクリーンアップがおこなわれることに!
2A66AA4E-E47B-4BB8-B6C1-252A20D3F1E5.jpg
写真提供:Free Cloud


詳細はこちら

つたじまビーチクリーンアップ
瀬戸内DAYOUT実行委員会主催

香川県三豊市仁尾町の大蔦島(つたじま)を掃除します。
つたじまは風光明媚な瀬戸内の無人島ですが、
冬の間の北風でかなりの量のごみが流れ着いています。

そうじミッションもありますが、そこは爽やかな5月。
5分の船旅と緑あふれる島への小遠足も兼ねて、楽しみ半分でご参加ください。

島で汗したあとは、みんなで椎茸農家さんの里ごはんを食べたいと思っています。
マイ食器(空の弁当箱)やマイボトル(水筒)、
お箸を持ってきてくださいネ!


■集合場所:三豊市仁尾町大蔦島 鳥居前
                  (仁尾港から市営渡船おととい丸利用。
                      往復大人400円、子供200円。港に無料駐車場あり。)

■募集人員: 30名程度(無料)

■お申込み: 準備の都合上、tours@free-cloud.jp まで
                       お名前、連絡先、参加人数をお知らせください。

■服装・持ち物:汚れてもよい服装・靴(長靴もOK)
               軍手、帽子、タオル、飲み水

*ごみ袋はこちらで用意します。


繰り返しになりますが、参加人数には制限があります。
参加のお申込みはお早めに!残りあとわずかですよー!







posted by ほんまモンリポーター at 07:51| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする