2018年01月10日

冬のため池の楽しみ

 こんにちは、ショウタロウです。


 雨が少ない香川県にはため池が多いですよね。ちょっと調べてみたところ、都道府県ごとの数では全国3位ですが(1位は兵庫、2位は広島)、密度では第1位で、全国平均の15倍近い密度だそうです。
(香川県HPより → http://www.pref.kagawa.jp/tochikai/tameike/data/

 夏に貴重な水をためてくれていた池も、この季節には「池干し」として水が抜かれて工事されたりしています。
IMG_6260.jpg

IMG_6268.jpg


 完全に水が抜かれたため池は運動場みたいですね。

 一方、水が残っているため池には、ある生き物が集まってきていました。
IMG_6097.jpg
 そう鳥たちです!普段から日本で暮らしている水鳥や、冬にシベリアの方から日本に越冬しに渡ってくる水鳥が集まっていました。

IMG_6108.jpg
 サギやマガモ、カルガモのようです。

IMG_6262.jpg
 ホシハジロ?ちょっと分かりませんでした。
 近づくとすぐ逃げてしまいます。双眼鏡が必須ですね。

 高瀬にある国市池では、渡り鳥の解説板も設置されていました。
IMG_6103.jpg
 ため池の周りには草地があることも多いので、水鳥だけでなく草場が好きなホオジロなどの野鳥も見かけることができますよ。

 ため池密度の高い香川県は渡り鳥たちにとって、たくさんの別荘がある「避寒地」かもしれませんね。
 外に出かけるのが億劫になるこの季節ですが、この季節だからこそ出会える鳥たちに出会いに行ってみませんか?

 ありがとうございました!

🚩国市池 ※農林水産省の日本のため池百選にも選ばれています
 三豊市高瀬町
 
[ここに地図が表示されます]







posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(4) | 三豊の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

注目度アップ♬ 『父母ケ浜海水浴場 Photo spot』

さくらです

最近、ぐっと注目を浴びているスポット『父母ケ浜』

20770193_1534098529982493_5107179604215631963_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

三豊市観光交流局の発信を中心に、
きれい&おもしろい写真が撮れる場所として、注目を浴びています!!!

遠浅の海と砂浜を生かして・・・
こんな写真が撮れたりします!

20770081_1530790183646661_8048906425441309868_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

20840669_1530790180313328_4504109459387559932_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

世界の絶景でもある「ウユニ塩湖(ボリビア)」のようで、
みんな、いろんなポーズに挑戦しているみたいですよ!!!


そして、なんといっても夕日の時間には、
刻々と変わっていく色のグラデーションが楽しめますよ!

20597211_1521729564552723_4262027968860964465_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

1年を通して、その季節ごとの彩りが切り取られるはずです。
おすすめは、日の入りの時間の前後30分!
日の入り時刻をチェックしてね♪
 ◎日の出&日の入りカレンダーはこちら


 ◎三豊市観光交流局の「絶景フォトの撮り方」、要チェックです!
  
絶景フォトの撮り方.jpg



父母ケ浜海水浴場住 所:香川県三豊市仁尾町天王 父母ヶ浜海水浴場 

香川県三豊市までのアクセス.jpg


●駐車場:有(7月〜8月海水浴シーズンのみ有料)
料金:500円
時間:8:30〜17:30
※17:30以降は、柵の外の100円駐車場をご利用ください。

●車で行く
 高松自動車道 さぬき豊中ICより約20分
        三豊鳥坂ICより約20分
〔ナビ指標〕香川県三豊市仁尾町仁尾乙203‐3

●バスで行く【月〜土曜日(日・祝日を除く)】
 JR詫間駅 or 観音寺駅→バス(仁尾線)→父母ヶ浜で下車

  バス時刻表はこちら (土日祝はお休みです)




<strong>📝父母ケ浜の近くのおすすめスポット📝</strong>


🍴海を眺めながらお食事しませんか?
cafe de flots


🍴目の前に広がる父母ケ浜 季節のかき氷が楽しめる
KAKIGORI CAFE ひむろ


仁尾海岸緑地の近くには
🍴たこ判のお店 小前


🍴広い庭で絶品ピザランチ♬

Sun Cafe (サンリゾート仁尾)




続きをチェック!!
posted by ほんまモンリポーター at 11:10| Comment(0) | 三豊の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

2017年 ホタルスポット、ご紹介♪

 こんにちは!ショウタロウです。

 三豊にはホタルの生息地がいくつかありますが、その中の宝山湖の財田里山ビオトープと帰来川の様子を見てきました。

1.宝山湖・財田里山ビオトープ

 宝山湖は山本町と財田町にまたがる香川用水の調整池です。

写真 2017-06-05 18 15 55.jpg
写真 2017-06-05 18 13 18.jpg
夕暮れの宝山湖

 宝山湖について詳しくはこちら

 ホタルが見られるのは宝山湖の奥(上流)財田町の区域にある財田里山ビオトープです。

[ここに地図が表示されます]

 財田里山ビオトープについて詳しくはこちら
 ビオトープの中のこの水路沿いでホタルが見られます。

 写真 2017-06-05 18 09 28.jpg

写真 2017-06-05 18 09 04.jpg

 ビオトープのある場所は以前からたくさんのホタルが生息していたこともあって、「生き物たちが生活できる空間・場所(ビオトープ)」として整備され、水質保全・環境保全が図られているそうです。

 私が行った日は涼しい風が吹くさわやかな夜でした。人間にとっては気持ちよかったのですが、ホタルにとってはちょっと条件がよくありません(ホタル観察の良い条件については、最後に書きました)。

 それでも水路全体では50〜60匹のホタルが飛び交っていましたよ(最後に短いものですがホタルの動画もアップしました)。

2.帰来川

 帰来川は讃岐財田駅から数百メートルのところを流れている川です。
[ここに地図が表示されます]

写真 2017-06-05 18 37 45.jpg
写真 2017-06-05 18 40 55.jpg

 川の中のうっそうとした草むらが印象的ですね。この川沿い数百メートルの区間でホタルが見られます。

 財田里山ビオトープと同じ日に見に行ったのですが、時間が遅くなったこともあったためか、数はやや少なかったです。それでも全体で30〜40匹程度は見られました。


 今回見られたホタルはどちらもゲンジボタルでした(ゆ〜っくり光るタイプでちょっと明るめ)。
 三豊市のホタル情報によると場所によってはヘイケボタルも見られるようです(車のウインカーのような速さで光り、明るさは弱め)。
 一般的には時期的には先にゲンジボタルが出現し、ゲンジボタルが終わる頃からヘイケボタルが見られるようになります。
 ヘイケボタルの情報がありましたら、後日改めてお伝えしますね。


✨ホタル観察の好条件とは!
 1.暑くてジメジメしている(ホタルは世界の中で熱帯を中心に多く分布しています)
 2.月明かりがない(新月や曇りの日など)
 3.風がない(ホタルは飛ぶ力はあまり強くありません)
 4.日没後〜約1時間が一番活発(これより遅くなると数が減ります)

 なお、ホタルが光るのはオスとメスがお互いに出会うためなのです。ですから、懐中電灯やカメラのフラッシュなど人工的な光で照らすことは彼らの恋路を邪魔することになるので、どうかお気をつけください。

 以前、ホタルに関する本で読んだのですが、ある地域にホタルがたくさんいるからということで毎年イベントを行って、ホタルを見やすくするために生息地に明かりをつけたり、イベントの提灯を掲げたり、屋台を出すなどしていたところ、3年ほどでホタルがほぼいなくなったということでした。

 もちろん、そうは言いましても暗闇を歩くのは危ないですから、観察場所に行くまでなどいくらかの明かりは必要ですが、観察場所についたら人工的な光は使わないようにお願いいたします。

‼ ホタルを見る時のお願い
 ・光をあてない(懐中電灯・カメラのフラッシュ・車のヘッドライトなど)
 ・ホタルを捕まえて持ち帰らない
 ・生息エリアに立ち入らない、汚さない(写真撮影での立ち入り、ゴミのポイ捨てなど)
 ・地元住民の方への配慮を(大声で騒がない、迷惑駐車をしない、など)

 ホタルたちがこれからもずっと光り続けられるよう、ご協力をお願いいたします!


 最後までお読みいただきありがとうございました!

ショウタロウ

・過去のホタルの記事
2014年06月07日 「今年のホタルは・・・!?
  
posted by ほんまモンリポーター at 06:13| Comment(2) | 三豊の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする