2019年11月17日

昔なつかし駄菓子屋&11/24映画製作スクール作品上映会

 こんにちは、ショウタロウです。

 以前、三豊市内の中学生が脚本づくりから演技、撮影する「映画制作スクール」の記事をお届けしました(記事はこちら)。
IMG_9532.jpg
 (撮影風景)

 その時から気になっていたのが舞台の一つになった高瀬町二宮地区の駄菓子屋「後藤菓子舗」さんです。そこで改めてお店にお邪魔してみました!
IMG_3572.JPG

 店に入ると昭和世代には懐かしい風景が…
IMG_3584.JPG

 お店を切り盛りされている後藤實千代さんにお話を伺いました(写真はご遠慮されましたのでありません。すみません!)。

ショ「お店は何年ぐらいされているんですか?」
後藤さん「もう82,3年になるねぇ。昔はお菓子を作って売っとったんやけどだいぶ前にやめて、今は駄菓子や日用品やね。」

IMG_3586.JPG

ショ「どんな方がお店に来てるんですか?」
後藤さん「最近は少なくなったけど、やっぱり子どもたちが来てくれるし、時には通りがかりのお客さんもおるね。」

IMG_3587.JPG
(以前は文房具もたくさん売れたそうですが、今はその名残が残るばかりです)

後藤さん「こんな店やから儲けは全然ないけど、近所の人とか買いに来てくれる人もおるし、売れた分だけ仕入れてなんとか続けてます」

 なるほど、たしかにご商売としてはなかなか厳しいでしょうが、こういうお店が現役で残っているなんてすごいです!

IMG_3582.JPG
 おや、左上のお菓子は…

IMG_3589.JPG
 手作りポップにほっこり!

 「いつまで続けられるかわからんけど…」とおっしゃる後藤さんでしたが、子どもたち、そしてかつての子どもたちが笑顔になれる店、どうか長く続けていただきたいです。
 みなさんも一度、お店に寄ってみませんか??

IMG_3591.JPG

⬛お知らせ
 後藤菓子舗も舞台となり、三豊市内の中学生が脚本づくりから演技、撮影した映画「みとよ物語」が、11/24(日)マリンウェーブで上映されます!(「秋だ!祭だ!市民でつくる!!マリンウェーブフェスタ」にて)

■日時 11月24日(日)10:30頃予定
■場所 マリンウェーブ
    香川県三豊市詫間町詫間1338−127(地図はこちら
■内容 マリーンウェーブフェスタ開会式のあと、10:30頃から
■問合せ 三豊市・学校教育課(0875-73-3131)

 ぜひ御覧ください!


posted by ほんまモンリポーター at 17:45| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

木のおもちゃでハロウィンパーティー!

 こんにちは、ショウタロウです。

 先日、旧財田上小学校(三豊市財田町)にある「木のおもちゃと子ども家具工房 なかよしライブラリー」さんの製造工場にお邪魔したころ、とてもかわいらしいハロウィンのおもちゃを見せていただきました。早速ご紹介します!

IMG_2227.jpg
 こちらは月の舟にのったおばけたちの「ゆらゆらお月様」。うまくバランスをとりながらのせないとコロンと落ちちゃいますよ。

IMG_2232.jpg
 こちらは「かぼちゃの馬車」。この中に動物たちが乗ることもできます。
 こんな感じです!
かぼちゃの車.jpg

IMG_2230.jpg
 右がハロウィン企画のフランケンシュタイン「フランケンロボットくん」です。フランケンでもやっぱりかわいいのが、なかよしライブラリーさんならでは、ですね。

IMG_2238.jpg
「ジャック・オー・ランタン」中に電気式の小さなランタンが入っていて、このまま吊り下げることもできます。

IMG_2233.jpg
 こちらは…??シルエット?? 2種類ありますね。

IMG_2234.jpg
 これは…おばけですよね??裏返してみると…

IMG_2235.jpg
 やっぱり、おばけでした!ほかは…?

IMG_2236.jpg
 あ、いろんな顔のおばけがいますね。
 実は2つずつのペアになっています。そう、これは「おばけの神経衰弱」なのです!
おばけの神経衰弱.jpg

 これらの商品は、ハロウィン期間限定の商品で販売は10/27まで!だそうです。
 興味のある方は、オンラインショップへGo!(こちら
 トップページから「木のおもちゃ」をクリックして御覧ください!

 木育など木に対する熱い思いをお持ちの取締役・濱田さんとお話していたら、クリスマス限定の商品の一部をこっそり(?)紹介してくださいました。
 浜田さん.jpg
 (濱田さん。今回写真撮り忘れたので一昨年のお写真です。すみません!)

 その商品がこちら!!
 IMG_2248.jpg
 マッチ箱…??

 開けてみると…








 「あ、見つかっちゃった!」


IMG_2249.jpg

 おお、マッチ箱のサンタさんですか!
 すごくかわいいですね!!

 いやあ、私のようないい歳したおじさんが「かわいい」連発でお恥ずかしいですが(^_^;) ほんとに上品なかわいらしさのある作品ばかりで、お子様だけでなく大人の方へのプレゼントにもぴったりだと思いました。実物をご覧になりたい方は平日の17時までに財田町の工場に行けば見せてもらえるそうですよ(念の為お電話してから行かれると安心です)。
 なかよしライブラリーさんでは、他にもいろいろな商品の開発が進行中らしいです。またご紹介しますね〜

⬛なかよしライブラリー(オンラインショップはこちら
 製造工場:香川県三豊市財田町財田上726
 お問合せ先:0887-52-9773(平日9:00〜18:00)

ありがとうございました!



posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

出発進行!鉄道博物館「Kトレインワールド」

 こんにちは、ショウタロウです。

 今年3月「駅の横にトレインワールドが生まれます!」という記事でご紹介した「Kトレインワールド」(記事はこちら)。

 あれからほぼ半年。去る9月8日に無事開館しました!
 ちょっと遅くなってしまいましたが、10月14日の「鉄道の日」にお邪魔してきましたよ!

 Kトレインワールドは、比地大駅のすぐそばにあります。
IMG_2311.jpg
 左側の白い建物が比地大駅、右奥の揃い建物がKトレインワールドです。
 駅前のローターリーから車も入れる入口があります(車は10台ほど停められます)。

 さて、建物に入ると…
IMG_2279.jpg
 自動ではなく、「手」動きっぷうりばです。スタッフの方に入場料500円を払います。

 「普通入場券」雰囲気出てますね〜
IMG_2273.jpg

 入場券と一緒にカップも渡してもらえるのですが、コーヒーやオレンジジュースなどからワンドリンクいただけますよ。
IMG_2275.jpg
 有料となりますが、追加でコーヒーなども注文できます。

 Kトレインワールドの一番の見どころはやっぱりジオラマだと思います!
IMG_2300.jpg

IMG_2281.jpg

所内には様々なスケールのジオラマが作られています。
IMG_2287.jpg

IMG_2296.JPG
 ジオラマを見ているだけでも楽しいのですが、ここを列車が走るのです!
 一番大きなジオラマの横には観覧席もありますよ。
IMG_2276.jpg

 ジオラマの他、館内には様々な展示品もあります。たくさんあって紹介しきれませんが、その一部をご覧ください!
IMG_2282.JPG

 こんな急行が走っていたのですね。
IMG_2288.jpg

IMG_2285.jpg

 あ、これは「みの駅」の前の駅名の看板ですね。ちなみに1961年に合併で三野町が誕生した後、駅名も改称されたそうです。
IMG_2284.JPG

 中だけではありませんよ。外では、この日は「鉄道の日」ということもあってミニSLが運行されていました(乗車などは別途有料です。詳しくはHPを御覧ください)。
IMG_2292.jpg
 写真はありませんが、某「トー◯ス」的な列車も待機してました。

 これだけの施設を作られたことがなによりすごいのですが、運営も大変そうだなぁと思ったら、たくさんのスタッフの方がいらっしゃいました。
IMG_2278.jpg
 館長の木川泰弘(きがわ やすひろ)さんの思いに呼応した方々がボランティアでお手伝いされているとのことで、この日は7名の精鋭がお手伝いされていました。ちなみに、下の写真の真ん中黒いシャツの方が木川さんです。
IMG_2304.jpg
 木川さんにお客様からの感想を伺うと「そうですね、『思っていたよりもすごかった!』という感想が多いですね」とのこと。
 お客様の中には小さなお子様連れのお母さんもいらして「子供が好きなので(笑)」とおっしゃってました。
 年代問わず、鉄道ファンの集いの場になっているようです。

 ちなみに、今月は以下のイベントもありますよ。

10月22日 お召し列車イベント
10月26日 ハロウィンイベント

 三豊の新名所「Kトレインワールド」、みなさまもぜひ一度おでかけください!

⬛Kトレインワールド
 開館日・時間:土日祝の10:00〜16:00
  ※臨時休館などもありますので、念の為Facebook(こちら)でご確認ください!
 住所: 香川県三豊市豊中町比地政本 2509番地8(地図はこちら
 Facebookはこちら
 HPはこちら

ありがとうございます!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

イリコを大解剖!

こんにちは、ショウタロウです。

さて、前回の続きです(前回の記事はこちら)。藤田水産(渡海屋)さんで見つけた気になるものとは…
標本.jpg
店の奥に飾ってあった、こちら!
IMG_7922.JPG
ショ「これはなんですか!?」
藤田さん「あ、これはイリコの解剖標本なんですよ」

解剖標本!?あっ、標本の周りを見ると…
IMG_7926.JPG

 説明写真がありました!
IMG_7925.JPG
 とても細かく解説が書かれていますよ。ん〜、尾びれや背びれはわかるけど、「さいは」って…!?
 (後で調べてみたら、えらの一部で餌と海水を分離するザルのような役目をする器官だそうです)

IMG_7924.JPG
 え、脳だけでなく大脳、中脳なども判別できるのですか!

IMG_7923.JPG
 精巣があったということは、このイリコは雄だったのですね。

 あの小さなイリコを解剖されるとはすごい技ですね。藤田さんにお伺いしたところ、以前お店を訪れたお客さんがお店で披露してくれたのに触発されて…ということだそうです。
 それにしても実際に解剖してみて、しかも標本箱を作って、さらに解説写真までつけてとは…さすがイリコのプロです!!
IMG_7973.JPG
 標本を作成されたイリコのプロ、藤田水産五代目・藤田則久さん。この標本に興味を持ったお客さんとお話されることもあるそうですよ。

 ちょっと早いですが、このイリコの解剖、子どもたちの夏休みの自由研究にもいいのでは!?
 見本は藤田水産さんにありますし、ご自分で試しみたい方には、こんな本もありますよ!
IMG_8018.JPG
 調べてみたところ、三豊市内の図書館にはありませんでしたが、県立図書館、観音寺市(大野原図書館)、まんのう町、善通寺市などの図書館にはあるようです(県立図書館の蔵書は、市内の図書館から取り寄せることもできますよ)。

 美味しいものだけでなく、勉強にもなりそうな藤田水産(渡海屋)さんでした!

たまちゃん.jpg
 藤田水産の愛猫「たまちゃん」。猫にとっては天国みたいなところにお住まいです(笑)

⬛有限会社 藤田水産
 住所 三豊市仁尾町仁尾丁1446ー3(地図はこちら
 電話 0875-82-3864
 営業時間 8:00〜18:00
 定休日 不定休

 ありがとうございました!


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

GW中、本山寺五重塔の一般公開見学会開催!

 こんにちは、ショウタロウです。

 「平成の大修復」を終えた国宝、本山寺の五重塔。去る13日には山下三豊市町、本山寺五重塔整備委員会、檀家の皆様や一般の方々も参加しての竣工式が行われました。
IMG_5769.JPG

IMG_5834.JPG
 素晴らしい天気のもとで執り行われました!

 山下市長や本山寺五重塔整備委員会長、ご住職からの祝辞・ご挨拶。
IMG_5822.JPG

IMG_5843.JPG

 五重塔の心柱に結び付けられた五色の紐に触れて祈願します。ちなみにこの色は5つの智慧を表しているそうです。
IMG_5800.JPG

 記念撮影。
IMG_5850.JPG  

 竣工式の後には内覧会が開催されました。すぐにたくさん並ばれていましたよ。
IMG_5851.JPG
 内部の様子については、先日の記事(こちら)をご覧ください。

 上からの眺めも素晴らしい!  
IMG_5873.JPG
 来られた方にお話を伺ってみると…
「テレビのニュースを見てきました!すごく立派です!」、「たまたまお遍路の途中に寄ったのですが、運が良かったです」、「日本建築の素晴らしさを感じました!」とみなさんとても満足されたようでした。

 さて、この五重塔ですが、5月のゴールデンウィーク中にご住職(または副住職)のご説明付きの見学会が開催されますよ!

日程:5月3〜6日
時間:9:00〜16:30(30分毎の開催です)
志納料:おひとり 1000円(※五重塔本尊修復浄財となります)

 ◎注意事項
  @安全のため、15人程度づつの見学会です。
  A先着順のため、お待ち頂く恐れがあります。
  B見学会は二層目までです。
  C30分毎の説明いただきながらの見学会です。

 志納料として1000円必要ですが、これからまだ御本尊の修復もしなければならないので、ぜひご協力ください。あなたもこの機会にぜひ五重塔の雄姿とその内部の凄さを感じてみませんか?

IMG_5852.JPG

⬛四国霊場八十八カ所70番札所

 七宝山持宝院本山寺

住所:三豊市豊中町本山甲1445(地図はこちら
電話:0875-62-2007
FBページはこちら

posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする