2018年06月22日

瀬戸内うどんカンパニー躍進中!!

 こんにちは、ショウタロウです。

 今、注目の地域商社といえば「瀬戸内うどんカンパニー」です!(http://udoncompany.com/

 昨年9月に設立されて以来、レストランバスの招致「さぬきうどん英才教育キット」の開発・販売などで話題になっていますが、今回CUO(Chief Udon Officer)の北川智博さんにお話を伺ってきました。

 IMG_09822.jpg
 ※事務所の引っ越しでお忙しくされている合間を縫っての収録でした。ありがとうございました!


これが話題の『さぬきうどん英材教育キット』!

IMG_6602.JPG

この中身がどうなっているのか・・・、
そしてその楽しみ方は、また明日のブログでご紹介します♪


− 5/1に発売された「さぬきうどん英才教育キット」はその視点のユニークさでも話題になっていますね。
北川さん「はい、瀬戸内うどんカンパニーとしては、今後『瀬戸内英才教育』として『英才教育』をキーワードに商品やツーリズム開発を行っていく予定で、その第一弾となります。ファミリーで楽しんでいただけるような『英才教育』を進めていきたいと考えています。」

− 「さぬきうどん英才教育セット」を皮切りにいろいろ展開するということですか?
北川さん「はい、例えば沖縄なら沖縄そばの英才教育セット、北海道なら豆腐作りの英才教育セット、など地域外に展開していくということですね。『さぬきうどん』という誰もが知っているキーワードを使って一番最初に展開することで『三豊発のブランドづくり』ができると考えています。すでに海外からも問い合わせがきているんですよ」

− 「さぬきうどん英才教育セット」の特徴を教えてください
北川さん「はい、ご家庭でおじいちゃんやおばあちゃんとお孫さんが、一緒にうどん作りをしながら香川の歴史や食文化を学べるようになっています。またうどんを作る中で子どもたちが感じる五感(うどんの生地の食感など)をワークブックに記録することもできます。私がまさに今子育て中ですので、自分がほしい商品を作りました(笑)」

− 香川だとうどん打ちは当たり前のことかな、とも思うのですが…
北川さん「当初は県外で売れていくものかなと思っていたのですが、発売してみると購入者の3〜4割が香川県内の方でした。シニア層の方が首都圏などに住むお孫さんへのプレゼントなどに使われているようですね」

− その他の取り組みはありますか?
北川さん「『さぬきうどん英才教育合宿所 UDON HOUSE』といううどんをテーマにした宿泊施設の整備が進行中です。JR予讃線本山駅から徒歩30秒のところにあった古民家を改装したもので、まずはインバウンドの方々をメインターゲットに考えています。」

− 今後の展開としてはどうお考えですか?
北川さん「『さぬきうどん英才教育キット』は、県内のシニア層の方が孫たちの誕生日や夏休みの自由研究のプレゼントとして送るという目的で購入されていることが多いようです。このような今までになかった『地域からの学びの贈り物』という新しい取り組みに成長させていきたいと考えています。さらにツーリズム事業も力を入れていく予定です」

 設立から1年も経たないうちに、様々な取り組みを進めている瀬戸内うどんカンパニー、そしてCUOの北川さん、これからの展開から目が離せません!!

⬛瀬戸内うどんカカンパニーについてはこちら
⬛さぬきうどん英才教育セットについてはこちら
⬛UDON HOUSEについはてこちら

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

みとよ未来図書館オープンしました!

こんにちは、ショウタロウです。

去る4月1日、三豊市高瀬町の市役所の向かいに「みとよ未来図書館」がオープンしました!

場所は市役所本庁の道路を挟んだ向かい側にある「みとよ未来創造館」の中にあります。
IMG_9367.JPG

 入り口を入っていくと…
IMG_9369.JPG

 大きなだ円形の閲覧席が目に飛び込んできます。おしゃれな作りですね。天井の造形は大木のよう、木陰でゆったり本を読むイメージなのでしょうか。
IMG_9381.JPG

 左の方には可愛らしいソファ、そして窓際にも閲覧席もあります。全体的にゆったりした造りになっていますね。
IMG_9382.JPG

 右には緩やかなカーブを描くカウンターがあります。
IMG_9387.JPG

 カウンターの奥にさらに蔵書や閲覧席があります。行ってみましょう!
IMG_9373.JPG
 お、こちらは個別の席ですね。集中して読書や調べ物ができそうです。

 さらに奥には二人がけの席もありました。
IMG_9374.JPG

 注目点としては、さきほどの楕円形の席と個別の席にはパソコン等が使えるようにコンセントが整備されていることです。
IMG_9377.JPG
 今やノートパソコンやタブレットは文房具の一種ともいえますので、これはありがたいですね。
 Wifiも使えるとのことですから、ますます便利です!

 さらに、パソコンを持ち込まなくてもインターネット用のパソコンも設置されています。
IMG_9375.JPG

 入口を入ってすぐ左手には赤ちゃんや幼児連れの方のために「赤ちゃんコーナー」も設置されています。仕切られているので絵本の読み聞かせなどで多少子どもたちが賑やかになっても大丈夫そうですね。
IMG_9378.JPG
 図書館は老若男女を問わず、教育・学習の知の拠点です。たくさんの人がたくさんの本と出会える場所になるといいですね。普段なら買わないような、あまり興味のない分野の本を借りてみるのも新しい発見があるかもしれませんよ。みなさま、ぜひご利用ください!

⬛みとよ未来図書館
住所:三豊市高瀬町下勝間2347番地1
   みとよ未来創造館内(地図
電話:0875-72-5631

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 11:45| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

春のドライブは荘内半島へ♬ 道中のお楽しみスポットご紹介!

おはようございます。ひとみです🍀


気持ちいいお天気が続いていますね😃


あちらこちらに色とりどりにのお花が咲き誇ってドライブが気持ちいい季節


三豊市のドライブコースといえば、外せないのが紫雲出山もある荘内半島です。


25299985_1646698722055806_3764109872008986362_o.jpg

(画像提供:三豊市観光交流局)



ちょうど、紫雲出山の桜も見頃🌸🌸🌸




青い海に映える桜色が何ともいえないこの季節、特にオススメのドライブコースです





今日はそんな荘内半島ドライブの時に、子供連れにも嬉しいオススメの立ち寄りスポットのご紹介です(*´∀`*)



今回は荘内半島ドライブの入り口エリアのご紹介


まずは詫間町から仁尾町へ抜ける県道21号線沿いにある、黄色いベスパと並んだブランコが目印の「DEMI1/2」



IMG_3772.JPG



IMG_3749.JPG



ブランコはちびっこも大喜び



IMG_3747.JPG


住宅建材を扱う「喜田建材」さんがプロデゥースされているだけあって



木のある暮らしのヒントになりそうなこだわりの素敵な雑貨がたくさん

見ているだけでワクワク



IMG_3761.JPG



IMG_3752.JPG


IMG_3759.JPG





地元の作家さんの作品も販売しています


IMG_3770.JPG


IMG_3757.JPG





月替わりの作家さんの展示もあります。

3月は ねんどあそび作家の kazahana+ さん

猫モチーフにキュン

IMG_3755.JPG

編み物作家さんの himawari さん

IMG_3756.JPG

そして4月の作家さんはこちらです


IMG_3768.JPG


訪れるたびに新しい発見があるのってうれしいですよね

お出かけのお土産探しにいかがですか?😃

店内にもキッズスペースがあってファミリーにとっても優しいお店です。


IMG_3751.JPG


DEMI1/2

住所:三豊市詫間町詫間 890-1
営業時間:9:30〜18:30
定休日:無休
電話:090-4504-8630

DEMI1/2 の以前の記事はこちら

※営業時間が変更されています。





お隣は「スピッツベーカリー」

IMG_3773.JPG



IMG_4207.JPG


こーんな桜色に染まった紫雲出山をモチーフにしたパンも

美味しいパンはドライブのお供にぴったりですよね

スピッツベーカリーさんの記事は  こちら






そして、ちょっと休憩にぴったりなのが石鎚神宮内にある、瀬戸内海を一望の絶景カフェの「茶房 茶久楽」

image-2211e-thumbnail2-thumbnail2.jpg


ヘルシーで美味しいランチも戴くことができます

26180082_1954438421461625_1401590568_o-thumbnail2.jpg

茶久楽のランチのご紹介記事はこちら




ファミリーのお出かけの休憩ならオススメはこちらの公園


詫間町より荘内半島につながる県道232号線沿い

左手に見える赤い橋のふもとにある、「明神川砂防公園」


IMG_3623.JPG



海を見下ろす景色が気持ちいい


IMG_3657.JPG



こじんまりした公園ですが、綺麗に整備されていて遊具もいろいろあって子供たちは大喜びです!隠れ家的な公園



IMG_3633.JPG


IMG_3634.JPG


滑り台の上からみた景色



あちこちにベンチが置いてあって


桜の下で内海を眺めながらパンを食べるのも良し。


IMG_3636.JPG


運転に疲れたパパがお昼寝するのも良し


IMG_3623.JPG


IMG_0893.JPG




今の季節鯉のぼりもたくさん泳いでいますよ〜🎏





詫間町をドライブしていると目に入るのは、これ♬
浦島太郎の電灯が可愛い💓


IMG_3745.JPG


浦島伝説の残る詫間町。町のあちこちにある浦島太郎のモチーフを見つけるのも楽しいですよ



今日ご紹介したルートはこちら


img91.jpg



紫雲出山のお花見情報はこちら
今週はかなり込み合っていると予想されます。
お時間には余裕をもって計画ください。



posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

うどんカンパニーのツーリスト事業『レストランバスで瀬戸内うまいもんin三豊』その2

さくらです

三豊市内をさっそうと走り、3月24日(土)&25日(日)の2日間、
SNSでもたくさんの写真が上がって、注目を浴びていた、
『レストランバスで瀬戸内うまいもんin三豊』

DSC08087.JPG

ブログその1では、2階建てバスの2階から広がるいつもと違う景色と、
仁尾町の海専門ガイドの『フリークラウド』の小前夫妻のガイドについて、
ご紹介をしました!
 ◎その1の記事はこちら


その中でも、なんと言っても、注目度が高かったのは、
レストランバスの中でいただける、お食事!!!

IMG_4098.JPG

今回お料理を担当されたのは、この全国を回るレストランバスで、
『旅する料理人』として活躍をされている比嘉康洋シェフ
比嘉シェフが外から見た目で美味しいと思った三豊市の食材たちを、
三豊市仁尾町の人気カフェ『Cafe de flots』の浪越弘行シェフと一緒に、特別なコースが仕上げてくれていました♪

DSC08012.JPG
(左)比嘉シェフ (右)浪越シェフ


まずは、お飲み物から♬
仁尾町で採れるデコポンを使った『デコポネード』
同じく仁尾町の特産のビワからできたお酢を使った『ビワ酢ウォーター』

DSC08038.JPG


一品目
オリーブうどん 〜スローポーチドエッグのフライを添えて〜
DSC08053.JPG

讃岐と言えばの『うどん』を、この三豊の食材と合わせて、
これまで食べたことのない一品に!
イリコの出汁の風味とオリーブオイルが

二品目
讃玄豚の発酵熟成ロースト 〜春野菜のグリーンバター焼き〜
IMG_4118 (1).JPG

三豊市のブランド豚『讃玄豚』を糀で漬け込み発酵熟成!
旬の春野菜をたっぷり使ったグリーンバターがいい香りでした♬


観光をしてバスにもどってくるたびに、いい香りがします♪
IMG_4177.JPG

三品目
瀬戸内桜鯛と車海老のアクアパッツァ 〜ボイセンベリーの香り〜
IMG_4186.JPG

瀬戸内海の恵みと言えば、やっぱり魚介!
今が旬の桜鯛と、仁尾町産のオリーブ車海老をメインに、
味付けには、ボイセンベリーが使われてました!
車海老の甘さに、びっくりしました!!!


四品目
完熟レモンのブリュレ 〜彩り豊かな塩と共に〜
IMG_4196 (1).JPG

三豊産の完熟レモンが器になったとろとろのブリュレ!
手前にあるのは、瀬戸内海の海水から、『Cafe de flots』の
浪越さんが作った塩♪


4品とも、素材はそれぞれ三豊市内で育ったものたち!
それが、レストランバスの中でいただくという贅沢さも併せて、
素敵におめかしされた、美味しいお皿に仕上がっていました。


食べてみたい!!!
って思いますよね♪

ということで、もしかしたら、これから!!!
三豊市仁尾町の海の景色を楽しめるカフェ『Cafe de flots』で、
このバスの中で楽しんだようなメニューが、登場する・・・かも!?

バスの中でいただいた、
デコポネードとビワ酢ウォーター(ソーダも可能)は、
いつでも、『Cafe de flots』で楽しめるそうですよ!


そして、レストランバスの報告、まだまだ、終われません!!!
お楽しみのお土産と・・・、インスタ映えを狙った写真の数々、
続きのブログで、ご紹介します!


posted by ほんまモンリポーター at 21:06| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

うどんカンパニーのツーリスト事業 『レストランバスで瀬戸内うまいもんin三豊』 その1

さくらです

レストランバスが四国初上陸!!!
しかも、三豊へ!!!!!

DSC08003.JPG

そんな情報をきいて、私たちが動かないわけがありません♬


2018年3月24日(土)&25日(日)の2日間、
『レストランバスで瀬戸内うまいもんin三豊』
という、画期的で特別なツアーが催行されるということで・・・
ほんまモンナビゲーターのおかぴと一緒に、
楽しみに、取材に行ってきました!!!

IMG_4096.JPG


1階がキッチン、2階がテーブル席になっているこのバスは、
景色を楽しみながら、美味しいものも楽しめるバスなんです!
DSC08015.JPG

日本に3台しかないこのバスのうちの2号車、
コンセプトは、『まつり』だそうで、車内には提灯が!
意外とこの提灯のハッピーな感じにはまります!

DSC08018.JPG

この企画プロデュースは、半年前に三豊市に誕生した『うどんカンパニー』
初年度の事業の柱である、
1.商品開発事業
2.UDON HOUSE事業
3.ツーリズム事業

今回のこのレストランバスは、ツーリズム事業の1つのテストケースとして、
新しい三豊の魅力を作り体験してみようという試みです!
DSC08001.JPG


このレストランバスを2日間運行するために、大事にしたかったのは、
地域のプレーヤーの方たちのつながりを作っていくこと!
 *食:Cafe de flots(仁尾町)の浪越シェフ
 *ガイド:フリークラウド(仁尾町)の小前夫妻
 *食材:地元のスーパー&農家さん
 *運行:新日本ツーリスト(琴平町)

などなど、この地域の魅力を探し、一つのかたちにしていくことに、
いろいろな事業者さんが力を合わせて作り上げていました!


実際に乗車させてもらい、回った2つのメインの行先は、
津嶋神社(三野町)
DSC08067.JPG

DSC08058.JPG

DSC08065.JPG


父母ケ浜(仁尾町)
IMG_4165.JPG

IMG_4163.JPG

これまで、海の上のアクティビティーを案内してもらったことのあった、
フリークラウドの小前夫妻の案内を聞きながら回ったこの2ヶ所は、
すでに知っている場所なのに、新しい発見や楽しさを湧き起こしてくれました。
DSC08024.JPG
車内で案内をしてくれる(珍しく)陸の上にいるフリークラウドの小前夫妻

そして、バスの2階席から見える三豊市の何気ない景色が、
とても新鮮で、ただ見ているだけでも楽しめる風景が広がっていました!

青い海と提灯と津嶋神社
DSC08052.JPG

木が近い!!!
IMG_4131.JPG

ピカソ詫間店の看板が目線の高さに!
IMG_4137.JPG

仁尾町への看板がすぐそこに!
DSC08076.JPG

何気ない風景がいつもと違う!
DSC08077.JPG

海に向かって行くように〜♬
IMG_4155.JPG

視点を変えれば、関わる人がより深い魅力を発信しようと努力すれば、
まだまだ魅力がいっぱいある三豊市だと、改めて痛感しました!!!



さて、明日の続きのブログでは、お楽しみの『お料理編』を
ご紹介いたします♪
こちらも、あんな、そんな、三豊の食材が、登場します!
お楽しみに(^^)/



posted by ほんまモンリポーター at 18:27| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする