2020年11月28日

「鉄塔を壊すための鉄塔!?」

こんにちは、ショウタロウです。

早速ですが、以前から三豊市山本町神田(国道377号線のまんのう町との境界近くです)にあるこの鉄塔が気になっていました。
IMG_2608.JPG

「この鉄塔はなんなのだろう?」

近くにいってみると…
IMG_2872.JPG
と書かれています。「鉄塔試験場??」

看板を見て更に謎が深まりました。

「なんの試験をしているんだろう???」

ということで、看板に書かれていた「デンロコーポレーション」のHPから問い合わせをしてみましたよ。

 すぐに担当の方からお返事があり、なんと現地にて説明してくださるとのこと、ありがとうございます!

 約束の日にお越しいただいたのは株式会社デンロコーポレーションの営業部長の片山さんと技術課長の筒井さんのお二人。お忙しい中、問い合わせにご対応いただきまして、感謝申し上げます!


 デンロコーポーレーションは、主に鉄塔を作っている会社で、大阪本社の他、丸亀市、福島県相馬市、岩手県花巻市、大阪府八尾市に工場を、そして全国の主要都市に支店を持っていらっしゃる全国規模の会社です(鉄塔の全国シェアは断トツのNo.1とのことです)。

IMG_2864.JPG
(筒井さん(左)と片山さん(右))


ショ「早速ですが、こちらの鉄塔はなんなのでしょう??」

筒井さん「この鉄塔は鉄塔の耐久性などを試験しています。どれぐらい力をかけたら壊れるか?を測定しているんですよ」


ショ「えっ、壊れるのをテストするのですか?わざわざ壊さなくても『壊れなかった』という試験でもよさそうですが…」

筒井さん「そうですよね、でも特に海外に輸出する場合、必要以上の耐久性があることをテストで確認することが契約上求められているのです。ですので、『ここまで力を加えたら壊れました』というのを実際にテストして確かめます」


ショ「そうなのですね。どんなふうにテストするんですか?」

片山さん「今見えている3つの鉄塔の間に、実際にテストする鉄塔を建てて、3つの鉄塔からワイヤーをかけてウインチで引っ張るんです」

IMG_2866.JPG

(階層構造になっているのは、試験する鉄塔によって引っ張る高さが違うからだそうです)

 なるほど!鉄塔を壊してみるための鉄塔だったのですね!


 ちなみに国内にはこのような試験場は3箇所程度しかないとのこと。かなりレアな施設だったのですね。

ショ「試験はよく行われているんですか?」

片山さん「そうですね。昔ほどではありませんが、今も年に1回ぐらいは実施していますよ」

IMG_0173.jpg
(耐久試験で折れ曲がった鉄塔)

 運が良ければ通りがかったときに見られそうですね。鉄塔の安全性、経済性を試験するための試験場なのでした!

 ちなみに四国の電力鉄塔の多くはデンロコーポーレーションで作られたものだそうです。その他にも携帯電話や無線鉄塔なども作られていますので、みなさまが目にするさまざまな鉄塔が実はこちらの会社で作られたものかもしれませんよ。

 片山さん、筒井さん、この度は取材へのご協力ありがとうございました!

IMG_2869.JPG

⬛謎の鉄塔(デンロコーポレーション琴平鉄塔試験場)
 住所:香川県三豊市山本町神田
 株式会社デンロコーポレーション(HPはこちら



posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

三豊市への移住を検討されている方必見! オンライン個別相談あり!

 今年はコロナ禍の影響で、都市部から地方への移住が増えています。

 一方、離れた地方間の旅行に関してはまだまだ気軽に行くには難しい面もありますね。

 そのような状況だからこそのセミナーが開催されますよ。

小豆島と三豊市の合同で

移住のためのオンラインセミナー

12月13日に開催!

shodoshima-mitoyo.jpg

主催:小豆島・移住交流推進協議会
共催:三豊市、ふるさと回帰支援センター
運営:NPO法人トティエ

 内容は以下のとおりです。

【第1部】小豆島と三豊市による移住セミナー
 ※申込(zoomウェビナーでのエントリー)が必要。
 ※セミナーだけの参加も可能。ご参加者の顔は写りません。

 17:00〜17:05 香川県内に暮らしについて(ふるさと回帰支援センター)
 17:05〜17:20 小豆島暮らしについて(小豆島)
 17:20〜17:35 みとよ暮らしについて(三豊市)
 17:35〜17:55 小豆島とみとよのクロストーク
 17:55〜18:00 次回のイベントのご案内

【第2部】小豆島、三豊市の個別相談会 
 ※事前申込必要

 18:00〜19:00 ※1組約20分

 いずれも事前申込みの上、無料で参加可能です!

 ただ、第2部の個別相談会は1組約20分ですので、実質3組まででしょう。もしブログ読者のお知り合いで、三豊への移住を検討されている方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください!

 三豊に移住しても小豆島に移住しても、同じ県内ですから遊びやプチ旅に行く機会も多いでしょう。瀬戸内での暮らしをより知るためにもこのセミナーはとってもいい機会ではないでしょうか。

 お申し込み・詳細はこちらまで!


posted by ほんまモンリポーター at 16:00| 香川 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

財田にADDress拠点誕生!…でADDressってなに??

 こんにちは、ショウタロウです。
 先日の記事(こちら)でも少しふれましたが、三豊市に香川県で第一号となるADDress拠点がオープンしました!
 ADDress三豊.png 


 …ところで、ADDressってどういうもの?

 ADDressとは一言で言えば「定額制の全国住み放題」というサービスです(詳しくは公式HPへ → こちら)。

 サービスを利用するには会員となる必要がありますが(月額4万円〜)、会員になれば全国各地にある拠点(個室タイプやドミトリータイプなどあります)を利用できるというものです。

 それらの施設は今年10月の時点で全国に90以上あるそうですが、香川県には今までありませんでした。
 香川県での最初の拠点が三豊に誕生したというわけです。
 ちなみに候補物件は100箇所以上あったそうですから、選びぬかれた上での決定だったようですね。

 三豊の拠点は三豊市財田町にあるかつてお店も営んでいた古民家です。

 会員用の個室が3室(洋室1室と和室2室)。3組までが滞在できるのですね。

ADDress三豊洋室.png
(個室(洋室))

ADDress三豊和室.png
(個室(和室))

 日本家屋の良さがとても感じられる共有スペース。
ADDress三豊共有スペース.png
(共有スペース)

共有キッチンもありますから、滞在中に食事も作れますよ。近くには新鮮な野菜やお惣菜で大人気の「道の駅たからだの里さいた」もありますから、利用しない手はないですね。
ADDress三豊共有キッチン.png
 (共有キッチン)

 旅と暮らし、そして場合によっては仕事も同時に楽しめる拠点ができました。
 全国の方にとって三豊の拠点が「もう一つの我が家」になったら嬉しいですね。

⬛ADDressについて https://address.love/
posted by ほんまモンリポーター at 07:32| 香川 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

11月6日から受付♪ 宗吉かわらの里で「干支の置物(丑)」を作ろう!

 三豊市三野町にある「宗吉かわらの里展示館」

IMG_7866-6e7de.jpg

11/15(日)

無料開放デー&干支の置物(丑)づくり

同時開催です♪

CCI_000004.jpg

 宗吉かわらの里展示館は、かつて藤原京の瓦を100万枚も焼いた「宗吉瓦窯跡(国史跡)」を紹介する施設です。

 当時の瓦の作り方などだけでなく、かつて三野町周辺が海だったことも分かる、歴史と大地についての理解も深まる場所ですよ。

 この展示館は通常でも入館料が100円(15歳未満と65歳以上は無料)と格安ですし、窯跡付近も広々としていてとても気持ちのいい場所です。
76BBD4DA-2CC2-4764-9008-42113773A522.jpg

 新たな年を手作りの牛さんと迎えたり、年賀状書きに間に合うようでしたら、写真用に作成してみるのもいいかもしれませんね。
 置物づくり体験は2回各回15名(先着順・要予約)です。

 受付は11/6(金)から電話にて(0875-56-2301、9:00〜17:00)

 ご興味のある方はぜひお早めにお申し込み・お問い合わせください!

⬛宗吉かわらの里
 住所:三豊市三野町吉津甲153番地1
 

 開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
 電話 0875-56-2301
 入館料 15歳以上〜65歳未満 100円  団体割引(20人以上)70円/人
     その他無料(年齢等の分かるものが必要)
 休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館。その翌日は休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

11/1(日)竹チップ&竹炭作り参加者募集♪

11月1日(日)に三豊市財田町で

「竹チップ&竹炭で肥料づくり」

が体験できますよ!

 食用から様々な道具作りなど、とても有用な植物「竹」。

 美しく手入れされた竹林はそれだけでとても風情のあるものですが…今、全国各地、特に西日本において放置された竹林が問題となっています。

・森林への侵入
・放置された竹林の荒れた様子
・生物多様性の低下など…

3230551_s.jpg
(荒れた竹林)

 香川県も例外ではありません(詳しくは県HPへ(こちら))

 今回、この竹林とのいい付き合い方の一つとして今回「竹チップ&竹炭作り」をしようというものです。
 三豊市地域おこし協力隊(担当:澤井元気さん)の企画・主催で実現することとなりました。

竹炭.jpg
(竹炭:参考写真)

 竹チップの写真がないのですが、今回の竹チップは手に持っても刺さらない、フカフカのものができるそうですよ!

 竹チップや竹炭が役に立つと言われても一人で作るのはなかなか難しいものすが、今回は地元のアンファームさんなどの協力も得て実現したそうです。

 お申し込みの締切が明日10/30まで…と直前ではありますが、地域の環境・景観保全、地域内での資源循環、そしてご自宅の家庭菜園や畑の肥料、空気の清浄化などに様々に役立つ竹チップ&竹炭づくり。ご興味ある方ぜひお申し込みください!

●日時: 2020年 11月1日(日) 8:30〜15:00
(必要な量が出来次第終了。参加できる時間を事前に連絡してください)

●集合場所: 財田支所 香川県三豊市財田町財田上2171 (8:30に来られる方)

●定員: 15名

●服装 作業着(火に強い綿がおすすめ)、マスク、長靴

●持ち物 チップや炭を持ち帰る袋、耳栓、手のこ、なた、お弁当、飲み物

●参加費: おひとり様 350円(保険加入代)

●その他 
・お昼ご飯は各自持参
・参加前にも自宅で検温し、体調が良好であることをご確認ください。
・軽トラがある方は、荷台に積んで帰る事も可能です

●申し込み方法:
 三豊市地域おこし協力隊 フェイスブック(こちら)または澤井元気さんへメッセージ(こちら
 三豊市地域戦略課  0875-73-3011


posted by ほんまモンリポーター at 09:02| 香川 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする