2017年08月19日

めでたい百日紅(さるすべり)

こんにちは、ショウタロウです。

暑い日が続きますね。
夏の花も色々ありますが、その中でも咲いている期間が長いものといえば、やはり百日紅(さるすべり)ではないでしょうか?
名前も「百日、紅い」ですし。

さて、各地で百日紅は見かけますが、その中でも今日は詫間町の長寿院さんの百日紅をご紹介します。

長寿院さんは、詫間町松崎のちょっと山手にある真言宗のお寺です。

長寿院全景.jpg

とてもきれいなお寺です。
左手奥に百日紅の木が見えますね。ん?けっこう大きいですよ。

全景.jpg

わ、やっぱりかなり大きいですね!
高さは約8メートルと屋根より高いです。

ぱっと見でみなさんもお気づきでしょうが、花は紅と白の二色が混ざっていますね。これは珍しい!

普段百日紅の花をじっと見たことはなかったのですが、せっかくですので近寄ってじっくり花を見てみました。

紅い花.jpg

こちらはよく見かける紅い花です。
花びらがうすくて、ふわふわした感じです。「真夏に元気に咲く」花というよりはもっと繊細な印象です。

白い花.jpg

こちらは白い花。白の百日紅というのはそんなに見かけないようにも思うのですが、「百日紅」という名前からの先入観でしょうか。さきほどの赤い花だと雄しべなどの軸の白さが目立っていましたが、こちらだと花粉の黄色が目立ちます。

それにしても二色の花が咲いているのはなぜ??

長寿院のご住職にお話を伺ったところ、「もともと隣り合っていた別々の2本の木が大きく育っていき、やがてくっついて一本のようになったもののようです」とのことでした。

幹をよく見てみると…
幹.jpg

たしかに右と左の幹ではちょっと色合いが違います。
幹を枝先まで目で辿っていってみると、たしかにそれぞれの木で花の色は違っていました。
もともとは別々の木だったんですね。


全景2.jpg

でも、離れて見るとやっぱりまるで「一本の木」ですね〜

木の根元には「香川の保存木」の標柱も立っていました。納得です。
保存木標柱.jpg

枝先にはたくさんつぼみがついていましたから、まだまだ花が楽しめそうです。

長寿院さんは高台にあるためか、百日紅の木陰を吹きぬける風がとても心地よかったです。
冷たい麦茶か何かを持っていって、しばし木陰からめでたい紅白のお花見を愉しむ、なんていかがですか?

🚩長寿院

[ここに地図が表示されます]

TEL 0875-83-3671

お読みいただきありがとうございました!

ショウタロウ

posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

8月26日(土) 松賀屋の夏祭り開催♬


来週末、8月26日(土)、三豊市仁尾町の松賀屋で、
「櫓をかこむ仁尾の”夏祭り”」を開催しますヽ(^o^)

IMG_1651.JPG


お祭りを主催している一般社団法人「誇」代表の今川宗一郎さんにお話を伺いました。

IMG_1641.JPG

現在、「誇」が運営をしている仁尾町の塩田王のお屋敷「松賀屋」
 ◎松賀屋のこれまでの取り組みご紹介はこちら

この地でこの屋敷を守りながら、同時に大切にしていきたいと思うのは、
今、地域にあるのが当たり前になっているけれど、
そのままにしていたら消えてしまいそうなものたちを掘り起こし、
次世代に伝えていく機会を自分たちの発信として続けていくことです。

夏祭りの中心となる、「仁尾踊り」もそうです。
昔は、仁尾に住む人だったら、誰でも踊ることができましたが、
地域のお祭りもなくなりました。
今なら、仁尾踊り保存会の方たちが練習を続け、踊りを伝えてくれることができます。
このことも、伝えていきたいと思うことの一つです。

仁尾踊りは、12曲あり、それぞれに踊りが違います。
曲には、仁尾の地名や思い入れのあるエピソードが唄われています。
一人が12曲覚えるのは大変ですが、今回の仁尾踊り練習会やお祭りを通じて、
少しずつでも耳や体に残すことができたらと思います。



IMG_1690.JPG

「櫓をかこむ仁尾の”夏祭り”」
場 所:松賀屋(香川県三豊市仁尾町仁尾丁980)
日 程:2017年8月26日(土)
時 間:17:30〜21:00
駐車場:観音寺信用金庫仁尾支店となりの空き地
参加費:入場無料、出入り自由
 ☆雨天延期(8月27日(日))
 ※小雨決行※27日も雨天の場合中止
  

【プログラム】
17:30 開始
18:00 @盆踊り
19:00 鮮魚の解体ショー
19:30 A盆踊り
21:00 終了

※プログラム詳細は変更の可能性があります。
 
出 店:ドリンク(お酒あり)
    ヨーヨーすくい、メダカすく
    綿菓子、たこ焼き、鮮魚の解体ショーなどなど
 ☆入場無料、各ブースごとに現金支払い


お祭りの会場は出入り自由です♪
仁尾町民でも、町外からお越しの方も誰でも自由に参加できます。
そして、浴衣でご来場の方には、お楽しみの特典があるそうです!!!

IMG_1646.JPG

当日踊る ”仁尾の盆踊り” 、お祭り開催前に練習も行っています。
来週8月21日(月)夜8時から、松賀屋で練習します!
こちも併せて、ぜひご参加ください。


かつて、仁尾で見られた夏の風物詩「櫓をかこむ盆踊り」、
今年の夏の終わりに、広大な敷地を持つ松賀屋の庭に復活です!

IMG_1652.JPG
この広い庭に、櫓が組まれます♪
たくさんの人で盛り上がりそう〜!



【お問い合わせ】
一般社団法人 誇
TEL:0875-23-6820 / Mail: info@hokori.or.jp
HP:
http://www.hokori.or.jp/#!what/cjg9
FB: https://www.facebook.com/matsugaya.nio/?fref=ts

posted by ほんまモンリポーター at 14:56| Comment(0) | 行事予定!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

注目度アップ♬ 『父母ケ浜海水浴場 Photo spot』

さくらです

最近、ぐっと注目を浴びているスポット『父母ケ浜』

20770193_1534098529982493_5107179604215631963_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

三豊市観光交流局の発信を中心に、
きれい&おもしろい写真が撮れる場所として、注目を浴びています!!!

遠浅の海と砂浜を生かして・・・
こんな写真が撮れたりします!

20770081_1530790183646661_8048906425441309868_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

20840669_1530790180313328_4504109459387559932_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

世界の絶景でもある「ウユニ塩湖(ボリビア)」のようで、
みんな、いろんなポーズに挑戦しているみたいですよ!!!


そして、なんといっても夕日の時間には、
刻々と変わっていく色のグラデーションが楽しめますよ!

20597211_1521729564552723_4262027968860964465_n.jpg
(画像提供:三豊市観光交流局)

1年を通して、その季節ごとの彩りが切り取られるはずです。
おすすめは、日の入りの時間の前後30分!
日の入り時刻をチェックしてね♪
 ◎日の出&日の入りカレンダーはこちら


 ◎三豊市観光交流局の「絶景フォトの撮り方」、要チェックです!
  
絶景フォトの撮り方.jpg



父母ケ浜海水浴場住 所:香川県三豊市仁尾町天王 父母ヶ浜海水浴場 

香川県三豊市までのアクセス.jpg


●駐車場:有(7月〜8月海水浴シーズンのみ有料)
料金:500円
時間:8:30〜17:30
※17:30以降は、柵の外の100円駐車場をご利用ください。

●車で行く
 高松自動車道 さぬき豊中ICより約20分
        三豊鳥坂ICより約20分
〔ナビ指標〕香川県三豊市仁尾町仁尾乙203‐3

●バスで行く【月〜土曜日(日・祝日を除く)】
 JR詫間駅 or 観音寺駅→バス(仁尾線)→父母ヶ浜で下車

  バス時刻表はこちら (土日祝はお休みです)




<strong>📝父母ケ浜の近くのおすすめスポット📝</strong>


🍴海を眺めながらお食事しませんか?
cafe de flots


🍴目の前に広がる父母ケ浜 季節のかき氷が楽しめる
KAKIGORI CAFE ひむろ


仁尾海岸緑地の近くには
🍴たこ判のお店 小前


🍴広い庭で絶品ピザランチ♬

Sun Cafe (サンリゾート仁尾)




続きをチェック!!
posted by ほんまモンリポーター at 11:10| Comment(0) | 三豊の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

第10回 粟島 芸術家村滞在作家展「セルフ尊景」

さくらです

今年の5月から、粟島に滞在し、アート制作を続けてきたお二人

IMG_1372.JPG

菊池良太さん(左)と森山泰地さん(右)

◎お二人のご紹介のblogはこちら


約4か月の滞在期間を終え、今週末8月19日(土)午前10時10分から
粟島の日々の笑学校(旧粟島中学校)にて
芸術家によるアテンドツアーを開催し、芸術家自ら作品を説明します。


気になる作品名などは、こちら♬

201701.jpg

【滞在作家展】
滞在期間中に粟島で制作した作品を展示します。
期 間:平成29年8月19日(土)〜27日(日)   10時〜17時
場 所:日々の笑学校(旧粟島中学校)ほか


【龍神様】
展示期間中、西浜の岩黒の上に龍神様が現れます。
期 間:平成29年8月19日(土)〜27日(日) 10時〜17時
場 所:粟島西浜海岸


【bondance】
島で行われていた「盆踊り」に新たなアレンジを加え、島民や来場者にも参加頂けます。
期 間:平成29年8月26日(土) 18時〜
場 所:日々の笑学校(旧粟島中学校)



201702.jpg


そして、さらに粟島を盛り上げる、2つのイベントが♬

その1
8月19日(土)10時10分頃、
ART SETOUCHI2017夏イベントとして、切腹ピストルズ「縦横無尽」が
三豊市粟島に出没します。

6C062864-0894-4E11-86DE-BF06C00F4508-thumbnail2.jpg

 ◎2016年瀬戸内国際芸術祭期間中の切腹ピストルズの記事はこちら


その2
8月26日(土) 午後1時〜4時
漂流郵便局定期開局

いつかの、どこかの、誰か宛の郵便物が届く、アート作品『漂流郵便局』
流れ着いたいろいろな想いに触れる豊かな時間をお過ごし下さい。

630-df954-thumbnail2-31b0f-thumbnail2.jpg



夏休みももう終わりが近づいていますが・・・
夏の最後の思い出に、のんびりとあアートを楽しみに、粟島へ♬
そんな、素敵な時間もよさそうです!


◎粟島への船の運航スケジュールはこちら
続きをチェック!!
ラベル:粟島 芸術家村
posted by ほんまモンリポーター at 20:01| Comment(0) | 行事予定!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

仁老浜海水浴場にいってきました!

ふじまるです

ジリジリと焼ける音が聞こえそうなほど暑かった山の日、
ぼくは荘内半島の先端部にある仁老浜海水浴場にいってきました。
632985B7-3EB5-4DBE-9CFB-939754DAC688.jpg
ふだんはプライベートビーチのようなこの場所も…
3B54AAE1-96CF-4E5D-8D78-F1AC47D7ECCC.jpg





この日は違っていました
AFA440CD-612E-4B54-A061-FE2CF184F144.jpg
砂浜にはいくつものテントが並んでいて
32C3D0A2-AE24-41AE-9351-628A0DCA96DA.jpg
たいへん多くの人で賑わっていました
C2965EE2-858E-41FE-9E0F-B7AB629D488C.jpg
青い空と青い海、目の前に広がる水平線
8ED94988-A225-4778-8E20-066CB0B852F2.jpg
ロケーションは最高ですね
E1E175EF-C0A8-46D8-A38A-9454205A3A1E.jpg


駐車場には県外ナンバーの車も多く見かけました。
E7A52297-E5A9-4D1F-B477-084089CFF50B.jpg

バーベキューをしているグループもたくさんいました。
ちなみにこれは、ぼくのグループです(笑) 
7D9DD3AD-FB03-4956-8546-3A098784BD15.jpg
ただ焼くだけでは物足りないのでパスタやアヒージョなど
簡単にできるものはなんでも作ります
アウトドアクッキングも楽しい〜
EC6511BE-81D5-4C93-8943-91606BF1EFE2.jpg

お腹を満たしたら海へ
B4F09CA3-73EA-4751-8826-72209B5DE75C.jpg

9E5F00E7-B4A3-4A34-815F-C57A2364E8FD.jpg



仲間たちが海で泳いでいるあいだに、
ここの海水浴場にはどんな施設があるのか探索。

一軒だけ海の家がありました。
37C2EBB2-EB98-4184-8026-D59057691CAC.jpg
 こちらがメニュー表です。D6A44ABB-4846-4C5E-BB56-05015E6C9859.jpg
 この氷の旗が海の家の目印になります。
お店の人に話しを聞くと、8月中は営業しているそうです。
886FDD68-2D12-4D81-8D2D-225894B15982.jpg


この竜宮城のような建物はトイレです。
DDFDA50D-EBBF-485A-84CF-EA6100341D6F.jpg
更衣室に有料のシャワー室もありました。
A2D66EA4-E5C8-45DC-A1FF-BAF045AC8460.jpg
その他、利用料が必要なものがこちら。
駐車代に水道代。水道代とはシャワーのことです。
野営テント代は、駐車場スペースに立てると有料。
砂浜に立てると利用料はかからないそうです。
A726D86C-F3A4-4AA1-B9CE-030AEE7D91EE.jpg

仁老浜海水浴場までのアクセスは
こちらをチェック


8D6A36D0-5A38-4ACE-82FD-38EE77F821B5.jpg
飲んで、食べて、泳いで
仁老浜の海を満喫した1日でした
まだまだ楽しめますよー
97DA0680-2363-4689-A615-B2DDF1EFA997.jpg




posted by ほんまモンリポーター at 19:27| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする