2019年01月12日

若い力でよりよい未来を創る!香川大SteeePのみなさんのご紹介

 こんにちは、ショウタロウです!

 先日「たからだの里さいた」で行われたスープイベントの記事(こちら)で活躍していた香川大学のみなさんについて、改めてご紹介したいと思います!
 IMG_2657.jpg
 左から、富川みうさん(1年生)、藤田七虹(ななこ)さん(1年生)、三重野風樹(ふうじゅ)さん(2年生)です。

 みなさんは、香川大学の学生さんで、SteeeP(ステップ)というグループで活動しています(FaceBookはこちら)。
 SteeePでは温暖化をはじめとして様々な環境問題に取り組んでいてたくさんの学生さんたちが参加しているようです。今回は写真の3人が食品ロスを減らすための普通なら廃棄されてしまう材料で作ったという、それでいてとっても美味しいカレースープを提供してくれました(しかも無料!)。

 IMG_2643.JPG

 会場に集まったみなさんにその趣旨と思いを丁寧に説明されてましたよ。
 IMG_2634.jpg

 さて、みなさんどうしてこういう活動に取り組んでいるのか興味があったので聞いてみました!
IMG_2679.jpg
富川さん高校の時から防災士の活動をしていて、環境のことも学ぶことでもっと活動できると思って参加しました。環境に配慮したホテルのフロントのアルバイトも含めて、今まで知らなかったいろんなことを学べて、自分の生活やライフスタイルも振り返るきっかけにもなっています!」

IMG_2682.jpg
藤田さん小さい頃から双子の兄とよく地域のゴミ拾いをしていたんです。いつもいろんなゴミを持って帰って来るので、『分別できないものまで拾ってきて…』とおばあちゃんが困ってました(笑)でも、その活動を見た地域のおじいちゃんおばあちゃんも参加してくれて今でも地元でその活動が続いてるそうです。将来は警察官になりたいです!」


IMG_2671.jpg
三重野さん小さい頃からゴミ拾いのイベントなどに参加していて大学を選ぶ時に環境のことを学びたいということで香川大学を選びました。香川県地球温暖化防止活動推進員の活動もしているのですが、この1月からはSteeePのリーダーになったのでがんばります!将来は補助金などではなく、自分たちで資金を調達して環境保全に関するイベントや活動を行いたいです!」

 いやあ、みなさん本当にしっかりしていて、頭が下がります。できることなら、同じ学生だった頃の自分に聞かせてやりたい(^_^;)。それにしてもみなさん小さい頃から環境などに対する意識が高かったのですね。やはり環境教育などの賜物でしょうね。

 この学生さん達の活動を暖かく見守っていらっしゃるのが、経済学部の古川尚幸先生です。環境に関わる活動だけでなく直島や小豆島などの地域活性化などにも取り組まれていらっしゃいます。
 IMG_2669.jpg
古川先生「本当に今の学生は私達の頃と違って(笑)、とても真面目で環境問題や地域再生にも積極的ですね」

 そうなのですね!そういう点では着実によい方向に向かっていますね。これからの社会をよりよくしていくためには、経済ももちろんですが、やはりそれが成り立つための環境の保全、そして人とのつながりを含んだ地域活性化が不可欠ですよね。
 IMG_2687.jpg
 香川大、そして若い力に期待大!です。私もいい年になりましたが、負けずに頑張ろうと思いました、いい刺激をありがとう!また三豊でもいろんな活動を展開してくださいね。期待&応援しています!

⬛香川大学学生esdプロジェクト SteeeP 
 FaceBookはこちら!

⬛香川大学経済学部古川尚之研究室
 FaceBookはこちら!

 ありがとうございました!


posted by ほんまモンリポーター at 12:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2019年1月14日(月・祝) 復活♬ みとよマルシェ in ゆめタウン三豊


  
この冬の三豊を盛り上げるプロジェクト
   「みとよクエスト」開催中!
  

03f1ed2a2fb34de5aacc7862e9d70f3c-300x120.jpg


2019年1月14日(月・祝) 
復活!!! 『みとよマルシェ』開催♬

marushe.jpg


日時:2019年1月14日(月・祝) 
   午前10時〜午後4時

場所:三豊市豊中町 ゆめタウン三豊 
   1階 ゆめ広場
IMGP3650-a5645-a4380.jpg


現在、みとよクエスト、三豊市内で展開中ですが・・・

広い三豊市内、ぐるりと回るのはちょっと大変だなあ・・・という方、3連休の3日目となる、114日(月祝)には、市内の美味しいお店がぎゅっと集まることで人気だった「みとよマルシェ」が復活します!

その名も、復活! 三豊マルシェ!

みとクエに協力してくれてるパートナーショップの中から、20軒程度のお店が、ゆめタウン三豊に集結し、お勧めの商品や体験をぎゅっと楽しめるイベントです!

スイーツ店、居酒屋、パン屋など、三豊市内お勧めのお店が、ずらりと並ぶ予定です!

・森一誠堂(和菓子・ドーナツ)
・御菓子司じょうと(和菓子)
・グルマンディーズ(洋菓子)
・ケーキ工房れいくんち(洋菓子)
・ハレハレコーヒー(洋菓子)
・パティスリーマルヒラ158(洋菓子)

・森一誠堂(和菓子・ドーナツ)
・御菓子司じょうと(和菓子)
・グルマンディーズ(洋菓子)
・ケーキ工房れいくんち(洋菓子)
・ハレハレコーヒー(洋菓子)
・パティスリーマルヒラ158(洋菓子)

・大西柄物製作所(柄物)
・仁尾マリーナ(ボートPR)
・DEMI1/2(雑貨)
・エッチングガラス工房にのみやあ〜と(ガラス商品)
・カイロプラクティックすこやか(整体)


また、先週末のゆめタウン三豊でのみとクエキックオフイベントを、かっこいいパフォーマンスで盛り上げてくれた、みとクエアンバサダーのラプラスも、みとよマルシェを応援してくれます! 今回は、地元の子どもたちと、何やら大きく盛り上げてくれるらしい・・・と聞いていますので、ぜひ、こちらもお楽しみに!!!

IMG_6598.JPG


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
    みとよクエスト開催中!
2018年12月22日(土)〜2019年2月28日(木)

★関連イベント!

 実施期間中は、イベントも盛りだくさん!
 1月14日(月祝) みとよマルシェ in ゆめタウン三豊
 2月17日(日) キッズ向けストライダーイベント in 河内小学校
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
      
★パートナーショップ一覧
 続々増加中!最新情報はWEBでチェック! → こちら!

 webアプリのご登録はこちらから!!スマホから、下のURLもしくはQRコードURLよりご登録ください。
https://www.love-mitoyo.net/index.html



posted by ほんまモンリポーター at 16:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

石が語る三豊の自然(荘内半島編)

 こんにちは、ショウタロウです。

 前回の七宝山山系に続き、今回も「観音寺あけぼの山の会」(HPはこちら)の会員の方々と讃岐ジオサイト探訪(HPはこちら)受講者の方々とのコラボ企画ということで「荘内半島」を歩いてきましたのでご紹介いたします!

 さて、今回のルートは紫雲出山→三崎灯台→箱ビジターハウスです。
IMG_2111.JPG

スタート地点の紫雲出山の駐車場から。いつもながらよい眺めですね〜
IMG_2064.JPG
長谷川先生「島の形からあるていど地質も推測できるんですよ。溶岩である安山岩は硬くて谷ができにくいので、台形になったり、島が火山だった場合はおにぎり山のような形になります。一方花崗岩は風化によって谷ができやすいのです。眼の前の粟島は花崗岩の島ですね。」
 さすが先生、見るポイントが違いますね。

 さて、すぐ三崎灯台のほうへ方面へくだるのか思いきや…一度登ってきた道を少し戻ります。
IMG_2047.JPG
 ここは大浜から登ってくる登山道との交差点です(地図はこちら)。以前からあった解説板が新しくなっていますよ。歩く人も増えているのでしょうか。
IMG_2042.JPG
 紫雲出山付近の地質について書かれています。
IMG_2033.JPG
 長谷川先生もこれは初めてご覧になったようで、「いや、これはいいですね!」と絶賛です!
 看板の前でのレクチャーの後、すぐ近くの場所に移動します。
IMG_2061.JPG

IMG_2052.JPG
 この場所は上から順に

塊の安山岩(溶岩が固まったもの、写真上部に少し写っています:約1400万年前)
 ↓
板状の安山岩(溶岩が流れた時に下の岩盤とこすれてできたもの、写真上〜中央:約1400万年前)
 ↓
花崗岩(四国の基盤となっている岩、写真中央〜下:約1億年前)

 となっています。

 前回も書きましたが、1400万缶前の香川は大火山地帯だったようで、七宝山系も場所によっては200mほどの安山岩の層ができているそうです。200mも溶岩が溜まるというのは想像を絶していますが、当時は日本列島が大陸から分離した時期で地殻活動がかなり活発だったようなのです。

 さあ、一度紫雲出山に登って…三崎の灯台を目指します!
 IMG_2069.JPG
 この半島の先端です!

 IMG_2073.JPG

 最初の方は礫がたくさん混ざった岩が落ちています。ちょっとお話を聞きそびれてしまったのですが、溶岩や火砕流が礫を巻き込んだもののようです。
IMG_2078.JPG

 道を下っていく途中で凝灰岩(火山灰などが水の中で堆積してできた岩、湖などがあった証拠)がありました。
 IMG_2081.JPG

 長谷川先生「凝灰岩の見分け方の一つにかけらをなめてみるというのもあります」
 IMG_2082.JPG
 「え!?なめる…のですか??」

 → なめてみました。「あっ!」

長谷川先生「舌にひっつくでしょう(笑)凝灰岩は小さな穴が多いのでひっつくんです。」

 先生、石をなめたのは子どものとき以来ですよ!

 しばらく歩いていると、目につく岩は花崗岩になってきました。山を下っていくと出てくるということは、やっぱり四国の基盤の石なのですね。
IMG_2087.JPG

 ずんずん下って車道に出て(地図はこちら)、荘内半島の先端を目指します。
IMG_2304.JPG

仁老浜の海水浴場に向かう途中には雰囲気のいい家並みもありますよ。
IMG_2132.JPG

仁老浜に着きました!ここで昼食です。
長谷川先生は早々に昼食をすませると…「ちょっと気になる岩があって、どうしても確かめたいんです」とのこと。その岩はこちらです。
IMG_2160.JPG
長谷川先生「とてもよくできた亀に見えるのですが…浦島伝説のある荘内半島なので、もしかして誰かが作ったのでは!?」
と近づいてみて…

長谷川先生「あ、本物だ!すごい!」

完全に天然の造形でした。日の当たり具合もあってニッコリ亀さんに見えていたようですが、プロ中のプロの目にも人手に寄るものと見えたとは…やはり自然はすごいです。

さて、三崎半島への道を歩いて立石休憩所につきました。
IMG_2206.JPG
以前来たときは「立石」という名前になんの疑問もなかったのですが、近くの林に目をやると…

IMG_2200.JPG
立派な花崗岩の巨石が立っていました(高さは6〜7mあると思います)。なるほどだから立石だったのですか〜参加者のみなさんからは「周りの木を整理して見やすくしたら名所になるのでは!?」なんていう声も聞かれていましたよ。

 さて、荘内半島の先端、三崎灯台に着きました!ここから引き返して…三崎神社、箱裏ビジターハウスへと向かいます。
IMG_2220.JPG

 三崎神社に参拝します。
 IMG_2238.JPG

 あ、先生は裏でなにか見つけられたようですよ!
 IMG_2243.JPG
長谷川先生「この祠、『豊島石(てしまいし)』という石(角礫凝灰岩)でできています。香川県の豊島や屋島などで採掘されるブランド石ですね。加工しやすいので昔の祠や灯籠などはこの石でできているものも多くあります。ちなみに手前の灯籠はもっと硬い花崗岩でできているのでこれは後から造られたものですね。」

 なるほど人の技術レベルと使える石にも関係があったのですね。

 この後、かつての海の関所であった「関の浦」もまわって、箱ビジターハウスで解散となりました。

 2日続けて長谷川先生と各地を回って私自身もとても勉強になりましたよ。

 長谷川先生は、讃岐をユネスコの「世界ジオパーク」にすることを目標とした活動をされています(こちら
 IMG_2039.JPG
 先生によると讃岐は、その地形や、世界でも讃岐などの一部にしか無く、古代の地球の地殻を作ったときと同じプロセスでできたサヌカイト(カンカン石、讃岐岩)や讃岐岩質安山岩など世界に誇れる資質があるということです(参考資料はこちら)。

 ただ、ユネスコのジオパークに認定されるには、地形・地質学的な資質だけでなく、それに関わる活動(教育や観光など)も必須であり、そのあたりの活動の盛り上がりも必要なのが課題だそうです。

 讃岐の世界ジオパーク計画、小豆島などでも盛んなようですが、三豊も特徴的なものが多くありますから、ぜひ関わっていったらいいのではないかと思いました。ちなみに香川大学では「ジオガイド養成講座」という取り組みもされているので(こちら)、私も一度受講してみます!

 長谷川先生、観音寺あけぼの山の会の皆様ありがとうございました。観音寺あけぼの山の会には三豊市の方も多く入会されているそうですよ。一人で歩くのが不安な方も仲間と歩けば安心、そしていろんなことを学べます。ご興味のある方はぜひお問い合わせください(HPはこちら

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | てくてく 歩いてみとよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

石が語る三豊の自然(七宝山系:絶景の縦走編)

 こんにちは、ショウタロウです。

 先日香川大学の長谷川教授による香川大学公開講座「讃岐ジオサイト探訪」(HPはこちら)が高瀬町で開催され参加しました(記事はこちら)。

 今回、「観音寺あけぼの山の会」(HPはこちら)の会員の方々と讃岐ジオサイト探訪との受講者の方々とのコラボ企画ということで「七宝連山」と「荘内半島」を歩いてきましたのでご紹介いたします!

 さて、まずは「七宝連山」です。今回は連なる山々を縦走するということで、観音寺→吉津峠と歩きます。
 スタートは、あん餅雑煮うどんでも有名な「かなくま餅」さんの横から山に入ります(地図はこちら)。
IMG_1841.JPG

早速、長谷川先生が斜面に落ちていた石を解説してくださいます。
49581117_2070307419765043_8934275009317175296_n.jpg

IMG_1845.JPG
長谷川先生「安山岩ですね。溶岩が吹き出して急速に固まったものです。この地域は1400万年前頃にはとても活発な火山活動があったのです。」

 四国って現在では火山はないというイメージですが、火山活動が活発だった時代があったのですか!
 いきなり想定外のお話を聞きつつ山を登ります。冬の里山は、寒くはありますが、木々も落葉していて明るく気持ちいいです!
IMG_1849.JPG

IMG_1873.jpg
長谷川先生「石の縞模様は流理(りゅうり)と言い、溶岩が流れた方向に水平につきます。このように見えるということは、この石は固まった当時からすると90°傾いていますね。」

 縞模様一つからそんなこともわかるのですね。

 途中、江甫草山(つくもやま)と伊吹島を一列に眺める眺望ポイントもありました。
IMG_1890.jpg
 讃岐にはこのように富士山のような形をした山がたくさんありますね。これらはほとんどが1400万年前ぐらいの火山だったそうです。
 中心部に硬い安山岩の芯が鉛筆の芯のように存在していて、その周りの岩石が風化していくことでこのように整った形になるということです。
 このような形の山が多いということは当時の香川は昔図鑑で見たようないたるところで噴火が起こり、マグマが流れる灼熱の地域だったということですね。今からは想像もつきません。。。

 途中、「天空の鳥居」で有名な高屋神社(稲積山)へ向かう車道を横切ります。今回は時間の都合もあり高屋神社には寄りませんでしたが…
49560083_311821749675655_3476416601773834240_n.jpg 

 この分岐点からすぐ先にも絶景が待っていました!
49818063_319613202098227_5675122072695603200_n.jpg

とても眺めのいい場所でしたよ(地図はこちら)。

途中、山系の最も高い場所を通りました。このポイントには山としての名前がないのですが、まちづくり推進隊豊中のみなさまの活動によって標識が立てられていましたので、よくわかりますね!
49138038_588770954926521_7860890741344567296_n.jpg

さらにしばらく歩けば、尾根筋にパラグライダーの離陸場もあり、こちらも絶景です!(地図はこちら
49608170_359955848135080_3605766748847996928_n.jpg

 絶景を楽しみながら歩いているうちに、下りに入り、七宝連山の名所の一つ風穴(地図はこちら)にたどり着きました。
48963685_226377558276085_744607012544839680_n.jpg
 しかもここでは、風穴を発掘し、周辺の手入れをされている真鍋和正さんともお会いでき、一緒に写真も撮らせていただきました!
49013319_2360675257486712_1189797002888609792_n.jpg
 真鍋さんは後列中央の赤い帽子の方です。この日も寒い中、手鋸で森の手入れをされていました。「私のライフワークなんです」とのこと。頭が下がります。メンバーの中には久しぶりにこの風穴を訪れた方も多かったのですが、「前より全然きれいになっている!」と驚かれていました。みなさんもよかったらぜひ夏に訪れてみてくださいね。ひんやり気持ちの良い場所ですよ!

 さて、この風穴に使われた凝灰岩・凝灰角礫岩は近くで切り出されたものです。
49468753_603946123367493_2486276251765964800_n.jpg
49761383_397829584117068_8102133917580001280_n.jpg
長谷川先生「凝灰岩や凝灰角礫岩は、海や湖の中に火山灰などが堆積してできた石です。石の下の方の筋から水があったことを推察できます。このあたりはかつて湖だったと思われます。」

 尾根筋には安山岩があったということは、湖だったところに火山灰が積もって、さらに溶岩が流れ込んで…!?
 このあたりは今でこそ山になっていますが、かつては周りに比べて低い土地だったということです。
 人間のタイムスケールではピンとこないことばかりですが、とにかくそんな歴史が推理できるなんてすごい!

 49276806_370398487058559_3198312684764266496_n.jpg

 驚きの連続だった旅も、風穴の入口まで戻って終了です。いろいろ寄り道もしていることもあり、歩いた距離は12km、所要時間は約7時間でした。さて、次は荘内半島の旅です、お楽しみに!

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | てくてく 歩いてみとよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

【みとよクエスト:パートナーショップ紹介!】「なかよしライブラリー」「がっこうのイチゴ園財田上」「れいくんち」

  

 この冬の三豊を盛り上げるプロジェクト
   「みとよクエスト」開催中!

  

 合言葉の「みとよクエスト」で素敵な特典をプレゼント!パートナーショップをご紹介します!!

 今回は、財田町の「なかよしライブラリー」、「がっこうのイチゴ園財田上」、「れいくんち」をご紹介します!

⬛なかよしライブラリー

 旧財田上小学校を活用したなかよしライブラリーさんでは、ぬくもりある素敵な木のおもちゃを作っています。
award-gt1-thumbnail2.jpg

 合言葉で、なかよしライブラリーの中にあるTomoCraftで箸作り体験を割引価格(200円引き)で体験できますよ!

 IMG_1703.JPG
 (ひとみさんが体験した時の記事はこちら!

 自分の好きな風合いの木で作ったはおはしは、いつもの食事の楽しさもアップしてくれますね!

 IMG_1713.JPG

・なかよしライブラリー
  詳細はこちら!
  ホームページ http://wooden-toy.net/

⬛がっこうのイチゴ園財田上

 IMG_1716.JPG

 なかよしライブラリーと同じく旧財田上小学校を活用した「がっこうのイチゴ園財田上」です。
 先日「ストロベリーナイト」も開催されましたね(記事はこちら

 こちらのプレゼントは合言葉でお土産イチゴの100円引きです!
 IMG_1718.JPG

 甘くて美味しいイチゴをぜひどうぞ!
 IMG_1725.JPG

・がっこうのイチゴ園財田上
  詳細はこちら!
  ホームページ http://gakko-ichigoen.com/ 

⬛ケーキ工房れいくんち

 財田町の小さなスイーツのお店「れいくんち」
3997204B-F16C-4BA3-98D0-09084DC33469.JPG

 かわいくて美味しいスイーツで熱烈なファンもいらっしゃいます(以前ご紹介した記事はこちら!
 DSC05505.JPG

 れいくんちからのプレゼントはアイシングクッキーです!お邪魔したときには「お正月バージョン」でした!可愛いですね〜
 IMG_1754.JPG

・ケーキ工房れいくんち
  詳細はこちら!

 以上、3店のご紹介でした!特典をもらうために、お店に行ったら「みとよクエスト!」と言ってくださいね!!

 みとよクエストのパートナーショップは現在60店以上!もあります。
 これからどんどん紹介していきますよ〜お楽しみに!


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

        みとよクエスト開催中!

      2018年12月22日(土)〜2019年2月28日(木)

★パートナーショップ一覧
 続々増加中!最新情報はWEBでチェック! → こちら!

 webアプリのご登録はこちらから!!スマホから、下のURLもしくはQRコードURLよりご登録ください。

https://www.love-mitoyo.net/index.html

★関連イベント!

 実施期間中は、イベントも盛りだくさん!

 1月5日(土) みとよクエストkick off イベント in ゆめタウン三豊
 1月6日(日) うつらん会 in たからだの里さいた
 1月14日(月祝) みとよマルシェ in ゆめタウン三豊
 2月17日(日) キッズ向けストライダーイベント in 河内小学校

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよクエスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする