2018年07月06日

粟島で作品制作中 その1 マユール・ウイェダさん

さくらです

三豊市詫間町の沖合の島、粟島では、
毎年この夏の時期に、滞在したアート制作を進める
『粟島滞在アーティスト』を受け入れしています。

今年も、魅力的なお二人が制作中と聞きつけ、お話を伺ってきました!


まずは、お1人目
インドご出身のマユール・ウイェダさん

IMG_4969.JPG

マユールさんが手がけるのは、『ワルリー画』
IMG_4973.JPG

IMG_4970.JPG

IMG_4971.JPG

ワルリー画とは、インド西部のマハーラシュトラ州ターネー県に居住する先住民族ワルリー(インドに住む500に及ぶ部族のひとつ)によって描かれる壁画です。
米をすりつぶし水を混ぜただけの真っ白な絵の具と竹を削ったペンを用いて、牛ふんや赤土を塗った壁に、繊細なタッチで細い線をつない絵をつないでいきます。書かれるモチーフは伝統的な神話、民話、生活と、ワルリー族の日常などです。
ワルリーの方たちの結婚式に、ワルリー画は欠かせなかったために、この伝統的な技法でもある制作方法は、受け継がれてきました。


竹を削ったペン
IMG_4974.JPG


マユールさんは、このワルリー画の文化の残る里で育ち、
ワルリー画の制作を続けています。
IMG_4977.JPG

日本に来るのは、今回が3回目だそうです。
その中でも、日本という島の、さらに小さな島に滞在していることが不思議な感じだそうです。

今回は、滞在先の粟島で、粟島の生活や文化に触れ、粟島の方から見聞きした島の物語や、粟島の日常を、ワルリー画の技法で、作品のかたちに制作を進めています。
IMG_4975.JPG


この建物は・・・、粟島海洋記念館!?
IMG_4978.JPG

粟島港を上から見たら・・・?!
IMG_4979.JPG

こんな感じで・・・粟島を、ワルリー画で表現中です!
どんな作品ができるか、楽しみです!!!



そして、来週末7月14日(土)に行われる、『粟島滞在作家ワークショップ』では、インドの伝統的なチキンカレー作りを披露してくれます。
今回はワークショップ形式で、一緒に作りながら、「食べること、そして食べられること」を自然の中で感じる時間を共有するスタイルになるそうですよ!
 
 ◎7月14日(土)『粟島滞在作家ワークショップ』
  詳細はこちらから

とても楽しそうなので、私も参加しようと思っています♪


また、8月の成果発表会が、楽しみです!!!
アーティスト情報、来週にも続きますので、お楽しみに!

posted by ほんまモンリポーター at 14:38| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

夏休みの始まり♪ 三豊へ遊びに行こう!!! 三豊なす収穫、青空レストランツアー

さくらです

香川大学の学生さん x 旅行のプロ『新日本ツーリスト』が
地域の魅力をぐっと引き出して企画&手配を続けているツアー『またたび』

今年の夏も、三豊市財田町を舞台に、おいしい&楽しいツアーが誕生しました♪

ただいま、参加者募集中!!!


7月21日(土)  in 三豊市財田町

【地元再発見の旅 第28弾
  三豊で味わう!
    三豊なす収穫 青空レストラン ツアー】


36352004_1521731667937233_2742253055612289024_n.jpg


ツアーのみどころ👀

📌廃校になった小学校で焼印入りのmyお箸づくり

IMG_2914-03893.jpg

数種類の国産木からひとつ選んでお箸づくり!
木によって色や香り、硬さが全然違っていて、お好みのお箸を作ることができます☺️
焼印を入れて世界に一つだけのmyお箸を!


📌三豊なす収穫&三豊なすづくしの手料理

IMG_2431.jpg

ふつうのなすの3〜4倍もある大きな三豊なす!🍆
県外にあまり出回らない希少な三豊なすを収穫体験!
キッチンカーで青空試食会も✨
お昼は三豊のお母さんが作ってくださる三豊なすづくしの手料理!
みずみずしくてジューシーな三豊なすを堪能しましょう!



📌マンゴー畑見学&フレッシュジュースを味わう!

11401344_1083113221717130_3731906339800041989_n.jpg

アンファームさんでハウス栽培されている香川では珍しいマンゴー畑を見学!ミニマンゴーを使ったフレッシュなジュースもご用意します🍹アンファームさんこだわりの甘くてなめらかなミニマンゴーを味わいましょう!


お1人様 9,980円

ぜひお早めにお申込みください!
ご参加お待ちしております😊

お申込みはコチラ
https://www.kotobus-tour.jp/sp/tour/s/s289.html
TEL: 0878235678 新日本ツーリスト(株)


posted by ほんまモンリポーター at 21:05| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

【三豊の産直】メダカもいるよ!とれとれふるさと市@三野町

 こんにちは、ショウタロウです。

 三豊の産直を紹介するシリーズ、今回は三野町の「とれとれふるさと市」です!
IMG_2235.JPG

 詫間と高瀬を結ぶ県道23号線沿いにあります。ちょっと目立たないかもしれませんが、お正月の三ヶ日を除き毎日朝7:30から営業している頼りになる産直です!

 もちろん、地元の新鮮野菜がたくさん並んでいます!
 IMG_2233.JPG

 元気の素、にんにくも。
 IMG_2234.JPG

 取材当日(7/2)は、今シーズン初物となる三豊ナスも並んでいました。お買い物に来ていたお母さんから「漬物にすると美味しいんよ」と教えていただき早速買いましたよ。大好きな辛子漬けにしようかな(^^)
 IMG_2212.JPG

 衣料品も充実しています!
 IMG_2216.JPG

 鉢物もたくさん並んでいます。
 IMG_2221.JPG

 そして、外から見て「おっ」と思うのが…
 IMG_2236.JPG
 「メダカ屋さん!?

 はい、こちらでは様々なメダカも販売しているのです!
 IMG_2222.JPG

 IMG_2225.JPG
 楊貴妃や黄金ヒカリ、幹之(みゆき)などといった様々な品種が販売されています。多度津の業者さんから仕入れているそうです。天然物は絶滅危惧種になってしまいなかなか見ることができなくなったメダカ。その姿や品種の違いを眺めるだけでもかなり楽しいです!

 店主の田尾博(たお ひろし)さんご夫妻はお二人とも明るくお話好きな方でした。せっかくなので写真をお願いしたのですが、お二人ともご遠慮され…そのかわり「この看板娘撮って!」とのことで
 IMG_2230.JPG
 看板娘のマクちゃん(6歳、♀)です!表情がとっても可愛らしい!

 なんだかほっとする産直「とれとれふるさと市」店主ご夫妻やマクちゃんに会いがてら、地元の美味しいものお買い求めにおでかけください!

⬛とれとれふるさと市
住所 三豊市高瀬町新名473-3
電話 0875-72-1088
営業時間 7:30〜18:30
定休日 なし ※正月三ヶ日のみお休み

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 18:06| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

2018年7月14日(土) 粟島滞在作家ワークショップ


3年に1回開催される瀬戸内国際芸術祭。

その拠点の1つでもあり、
アート制作をされる若手アーティストを育て続けている
三豊市の沖合に浮かぶ粟島!

毎年、夏の時期に、
粟島のアート制作を監修している世界的アーティスト日比野克彦さんサポートの元、
2名のアーティストが島に滞在しながら、アート制作をすすめます。


今年は5月に入村し、現在アート制作をしているのは、
こちらの真ん中と右側のお二人♪

180507IMG_0446.jpg
(画像提供:三豊市役所)


(左)アート監修の日比野克彦さん
(中)東京都出身の大小島 真木さん
(右)インド出身のマユール ウイェダさん


アート制作期間中である来週末7月14日(土)、粟島でワークショップを開催します。

今回は、インド出身の芸術家マユールさんとチキンカレーを作り、
食べることで、インドの文化に触れながら、食についての記憶について話し合うワークショップと、
実際に島で製作しているインドの先住民の一つであるワルリ族伝統の絵画の制作を
体験していただくことを目的にしています!


粟島滞在作家ワークショップ
日 時 :7月14日(土)午前11時〜午後2時
会 場 :三豊市詫間町粟島 旧粟島中学校
参加費 :無料
定 員 :20名
締め切り:7月11日(水)


予約受付:三豊コンシェルジュセンター
     電話番号0875‐24‐9230で受付中


粟島へは、三豊市詫間町の須田港から、片道15分ほどの船旅です。
1日8往復の船がありますので、ワークショップの時間以外にも、
島での時間を楽しんでいってください♪

◎粟島汽船のスケジュールなどの詳細はこちら

posted by ほんまモンリポーター at 17:47| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

かがわ里海大学『里海の恵み 料理教室』を受講してきました。

ふじまるです

6月24日(日)、仁尾町沖に浮かぶ無人島 つたじまで
かがわ里海大学『里海の恵み 料理教室』
が、おこなわれました。

講師は、仁尾町を拠点にSUP・シーカヤックツアーを
展開するFree Cloudの小前さんご夫妻。

楽しく美味しく受講してきました
4C715ADB-480C-429F-AF97-B6886CB90E04.jpg

この日、教えてもらったメニューは、
簡単ブイヤベースだしがらいりこのオイルサーディン風
それに、とうもろこしご飯魚のホイル焼き
BD11E97D-15F9-4172-B8A2-B483E96EC55C.jpg

796E1761-5B12-4B17-A044-737B3C83D75A.jpg
参加者は、およそ25人。
講師からレシピの説明を受けたあと、
5つの班に分かれて調理をおこないました。
17A06655-C2F8-418E-A47B-F22DAB53F277.jpg

ここからは写真多めになりますが、
それぞれ調理の様子をご覧下さい。
F7D7BD5F-D113-47FB-982A-4B30029A2DD4.jpg
まずは、ブイヤベースの出汁をとるのに使う「いりこ」
みんなで頭と骨を取り除いているところです。
5D65D675-FFDF-4494-87FB-B5BD20EBCBC7.jpg

AB697252-FE96-42C4-BFE5-B7A26AA46643.jpg

4CDFF55C-681A-4905-B8D6-6D59BEAA949A.jpg


こちらは、ご飯を炊く準備をしている様子です。
1677E5BB-7F80-4658-8609-4C4B8D3BE3D0.jpg
じつは、海水でお米を洗っているんです。
こうすることによって、お米に塩分が浸透するんだそう。
42C54687-80CC-468B-9598-4E2932013372.jpg
水を適量入れ、少し寝かせたら
ダッチオーブンで炊き上げます。
2311FECF-DDDA-4211-8081-46C67310E347.jpg


こちらはブイヤベースに使う野菜を切り、
65733A51-A933-4FE0-901A-EAF636FD849C.jpg
スキレットで炒めているところです。
玉ねぎにズッキーニなどが入っています。
9EDDCD10-ACF9-4D54-BE0C-2C19918547CA.jpg
時間が限られているので、みなさん協力して
調理を進めています。
6EAD35BA-42DB-42FD-8B70-AE075487528A.jpg
白身魚にイカなども切る。
AF3A6191-AC2C-45CF-BE5B-61932BF777C3.jpg
炒めた野菜は、出汁をとった鍋の中へ投入。
沸騰したら魚介類も投入します。
634F03D3-309B-409F-BC9A-AB2352AF0146.jpg
グツグツ沸かして味付けをしたら出来上がり。
FBC0C42B-F7F9-4EBA-AEDD-A1EF0783C05E.jpg

使い終えたスキレットには、だしがらいりこを。
C6E97E40-D7C0-4AAC-849F-DE127E3F1A38.jpg
オリーブオイル、にんにく他、味付けをして
じっくり煮込みます。これで一品完成です。
611B4177-A2BF-40D4-B267-8F04C405A0DC.jpg



男性陣は炭火の準備。
C62C9127-16D5-42D3-8222-A53E5FD7E277.jpg

これは、ホイル焼きに使用する「鯛」
かなり大きめの切り身です。
2FD9A324-DDC3-4581-A57E-FC85B66A2669.jpg

だしがらいりこのオイルサーディン風
03DB8199-FB94-4210-A583-D4F29203EC33.jpg
トマト風味の簡単ブイヤベース
663F634C-6337-41E7-B885-D021F6DFD8BA.jpg


ホイル焼きの準備も着々と。
886A15D6-8F63-4634-874E-ECEE40CFB73A.jpg
アルミホイルを敷き、そこに具材を詰め込みます。
946FA69A-3C28-4D4E-A186-0110EB0B48D8.jpg
こちらも少し味付けをして、アルミホイルで包んでいきます。
8D377EA5-0B86-4105-B667-090732B2B39E.jpg
包み終えたら、バーベキューコンロの上に置き
しばらく焼き上げます。
6CBEBD5B-55D4-48CD-A548-36A342C1B499.jpg
こんな感じで待ちます。
99B9B9C4-E358-43CE-84C0-7142044F8968.jpg
空いているスペースにパンやいりこも焼いてます。
お好みや思いつきで、いろんな楽しみ方ができるのも
アウトドアクッキングの魅力ですね。
BC475957-AC2B-4B86-B133-40D27FE7E3E4.jpg

これは炊き上がったばかりの
とうもろこしご飯
275B8FEC-39E7-4E01-8E6D-903D11C95B0D.jpg
海水が絶妙な塩加減を出しています。
うまい
6FD9B627-7856-45D0-9ED2-AABE9394A853.jpg

写真の撮り方が悪く
ちょっとインスタ映えには程遠いですが…
出来上がった料理はこんな感じ
ED143D81-D660-4A5B-8592-91DCF0383BAF.jpg
どれも美味しかった〜
63D21B01-864B-420B-9076-F795661D71B4.jpg

5B3DBA5E-EC25-43D3-83DE-1E1FC6B3C242.jpg

間もなく梅雨明け。アウトドアシーズン到来です。
つたじまも海開きを迎え、いよいよ夏本番
教えてもらったアウトドア料理を活かして
今年も楽しい夏を満喫したいと思います


◎今回の会場にもなった、三豊市仁尾町の無人島『つた島』
渡船&海グッズの情報はこちら

F7F8D4A6-E0F6-491A-8D43-48BE8EF2E0D9.jpg

県内各地で開催されている
かがわ里海大学の情報は、こちらをチェック

posted by ほんまモンリポーター at 00:43| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする