2017年11月27日

大坊市へ行ってきました🎵

 こんにちは、ショウタロウです。

 毎年、11月22-25日に開催される秋の風物詩『大坊市』に行ってきました

 三野駅近くにある本門寺が地元で大坊さんと呼ばれていて、そこで開催されるので「大坊市」なのですね。
 なんでも江戸時代から続く市だとか!

本門寺.jpg
 ちなみに市に来ていた女性からは「昔は、みの駅も大坊駅という名前だったのよ」と教えていただきました。

 参道沿いには屋台がずらり。
屋台の列.jpg
 別名「くいもん市」と言われるだけあって、食べ物屋さんが多いようです。

こんぺいとう.jpg
色とりどりの金平糖

プチたい焼き.jpg
プチたい焼き。とても小さなたい焼きです。

くじ引き.jpg
子どもたちにはくじびきも大人気でした〜

甘酒.jpg
 地元の丸岡味噌麹店さんも出店されていました。「ほんまもん!」の甘酒。

新盛堂.jpg
 こちらも人気の新盛堂さん。

揚げたてドーナツ.jpg
揚げたてドーナツがいただけます!

ドーナツ.jpg
 これで一つ90円!あったかくてふわふわしていて美味しかったですよ〜

植木市.jpg
境内では植木市も開催されていました。ここはプチ紅葉スポットですね〜

ゆず.jpg
超特大のゆず!

りんご.jpg
 小さな柿かな?と思ったら、りんごでした!

 門を出てすくそばの「せきたこ」さんへ…
IMG_5610.jpg
「笑顔がおまけ」

せきタコポスター.jpg
 大坊市特製ポスター

たこ焼き.jpg
 うん、「やっぱりおいしいわぁ(^▽^)」 

 張り子の虎.jpg
 張子の虎は香川の伝統工芸品なのですね 

 私が行ったのは最終日の25日(土)でした。市に来られた人に話をお聞きすると、昔よりお店の数も少なくなってちょっとさびしくなったという声もちらほら聞きましたが、一方で「ぜひ日曜日までやってほしい」という声も少なからずありました。

 お昼を過ぎると中学生の子たちもたくさん来ていましたが、彼らや彼女らがお父さんやお母さんになった時、その子どもたちが楽しみに来られる、地元ならではのこの市が続いてほしいと思いました。

屋台と人の列.jpg

 ありがとうございました。

本門寺
[ここに地図が表示されます]
posted by ほんまモンリポーター at 09:11| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

せとうちクリーンアップ in 浦島 参加者募集中!

ふじまるです

きょうは、12月3日(日)に三豊市詫間町で開催される
ビーチクリーンアップをご紹介します

場所は、フラワーパーク浦島を下ったところに位置する
目の前に粟島が見える海岸です。
県道232号線沿いにあるキャンプ場入口の看板が目印)

B3D32D98-6E6A-489D-B2EB-FDB24155FD93.jpg

2017年 第3回せとうちクリーンアップin浦島(積)
〜美しい海を瀬戸内から そして子どもたちへ〜

 瀬戸内海をもっときれいに!もっと親しみが持てる場所に!!
そしてこの美しい自然環境を子どもたち世代まで
残せるようにしませんか?
せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)では、
海ごみが大量に漂着している重点ポイントを中心に
年4回の大規模なクリーンアップの実施を計画しています。
4818A644-8883-4EA9-8727-84D754753428.jpg

8B2F188F-4DD5-432B-ACF3-CDE872DDBBCB.jpg
日 時:2017年12月3日(日)  9:00〜12:00 
場 所:集合場所 フラワーパーク浦島近くの海岸
                                         (香川県三豊市詫間町積)
参加費:無料
対象(参加人数):どなたでも参加できます(60人)
参加〆切:11月30日(木)

申込方法: Eメール又は電話、郵送にて、参加者氏名、住所、携帯番号、  
                    当日連絡が可能な連絡先をお知らせください。

※SCF個人会員の方は、Facebookページにて「参加」を押すだけで参加申込完了です。
主 催:せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)
後 援:香川県、三豊市、四国新聞社
準備物:帽子、タオル、飲み物、動きやすい靴・長靴、防寒着、
                  軍手(お持ちの方)
                  使い捨てじゃないマイ食器とカップ(汁用)、
                  マイ箸、マイボトル(お持ちの方)


<お問合せ、お申込み先> 
時間 月〜金 9時〜17時
せとうちクリーンアップフォーラム(NPO法人アーキペラゴ)
住 所:香川県高松市塩上町1丁目2番7 1/2階
連絡先:Tel.087-813-1001 / Fax.087-813-1002





(スケジュール)
          時 間   活動内容
           8:50 受付
           9:00 開会、オリエンテーション
           9:20 海ごみ調査、ビーチクリーンアップ 開始
         10:30 ビーチクリーンアップ&海ごみ調査 終了    
                  海ごみの話、お宝漂着物紹介、ふりかえり
         11:00 里海ランチ(軽食を準備しています)
         12:00 活動終了、解散
1D1676E4-6F29-4148-BA61-DF4EE98A1006.jpg


ぼくも毎回参加させていただいているこのイベント。
身近な海で起こっている問題や海ごみの実態を知る機会に、
学びと体験が同時にできるクリーンアップです。 

そして、おいしい里海ランチもついていて
しかも、参加費無料ですよ

主催者に話を伺うと、
今回の里海ランチは、地元の方の協力を得て
海と山の恵みが入った、暖かい汁物やご飯の準備を
考えているとのことでした

みなさんも一緒にいかがですか?

まだまだ参加者を募集中でーす



posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 里海づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

【三豊市ふるさと納税応援企画】その5:三豊オリーブ株式会社(その3)

 こんにちは、ショウタロウです。


三豊市ふるさと納税応援企画 その5 『三豊オリーブ』
furusatorogo (1).jpg
バナーをクリック♪

 先日三豊市のふるさと納税についてご紹介いたしました(記事はこちら
 週刊みとよほんまモンRadio!では、ふるさと納税にご協力いただいている各事業者のみなさまのご紹介をしていきます。



 前回に引き続き、三豊オリーブ株式会社の宮武さんにお話を伺います。
 今回は収穫からオリーブオイルができるまでをご紹介します。 

〇前回の記事(その2)はこちら


 三豊オリーブさんではオリーブの実はすべて手摘みです。

 手摘みスタイル.jpg
 前掛けの緑の袋に収穫した実を入れていきます。

 オリーブは木の高いところにも実がなります。やはり大変な作業ですね。

収穫の様子3.jpg

 収穫したら24時間以内にオイルを絞るそうですが。新鮮さが抜群ですね!

 さて、いよいよ搾油です。
 まず収穫したオリーブの選別をします。

オリーブの仕分け.jpg

 一般的的なオリーブオイルの搾油ではこのような選別はしないそうなのですが、
三豊オリーブさんでは「選別して」、「ヘタもとって」とかなりのこだわりです

 しっかり選別されたオリーブが搾油機にいれられていきます。

搾油機に入れられるオリーブ2.jpg

 搾油機からオリーブオイルがでてきました!

絞られたばかりのオリーブオイル.jpg

 生まれてたてのオリーブオイル!
 (生まれて初めてみました!)

テイスティング.jpg

 味の確認のためテイスティング。今年もいいお味のようです。

 ちなみに三豊オリーブの商品「あかつき」1本分に必要なオリーブの実はこれくらいだそうです。
(写真の中の小瓶があかつきに使われている瓶です)

 オリーブオイル瓶とオリーブの実.jpg

 私は思った以上にオイルが取れるんだ、と思いましたが、みなさんはいかが感じられましたか?

 三豊オリーブさんでは、主にルッカという品種のオリーブを育てられています。
 オイル量が多くてフルーティーな味わいが特徴だそうです。

 収穫毎に絞ったオイルをのちほど宮武さんが中心になってブレンドし、今年の味わいを決めていきます。
 ちなみにオリーブオイルの味わいにもいくつかのタイプがあるそうですが、個性の強い味わい(ストロングタイプ)ではなく三豊オリーブさんでは「デリケート」タイプの味わいを追求されているそうですよ。

 デリケートな味わいでありつつ、爽やかな香り、ほどよい苦味、辛みが調和したとても美味しいオイルです。
オリーブオイル.jpg
 左側が無濾過のオリーブオイル、右側が濾過したオリーブオイルです。美しいですね〜

 そのままいただいても、美味しいオイルですが、やはりパンにつけて食べてみたくなりました。
 オリーブオイルとパン.jpg

 いただきま〜す!

パンにつけて.jpg

 う〜ん、最高〜!!

 「すべて手摘み」、
 「24時間以内に選別・ヘタまで取ってから搾油」
 という新鮮さと純粋さといった品質に大変こだわっているだけでなく、

  地域の耕作放棄地を有効活用して産業を育成している三豊オリーブ株式会社

 みなさんも三豊オリーブさんのオイルや他の商品をぜひ一度味わって、試してみてください!

 ありがとうございました。


🚩三豊オリーブ株式会社のホームページはこちら




furusatorogo (1).jpg

📝ふるさと納税について詳しく知りたい、してみたいという方
 インターネットのサイト「ふるさとチョイス」、または
 市役所HP内の「ふるさと納税 ふるさと応援納税寄付」をご覧ください!

📝返礼品の一覧
 「ふるぽ」でご覧いただけます!


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

【三豊市ふるさと納税応援企画】 その5:三豊オリーブ株式会社(その2)

 こんにちは、ショウタロウです。


三豊市ふるさと納税応援企画 その5 『三豊オリーブ』
furusatorogo (1).jpg
バナーをクリック♪

 先日三豊市のふるさと納税についてご紹介いたしました(記事はこちら
 週刊みとよほんまモンRadio!では、ふるさと納税にご協力いただいている各事業者のみなさまのご紹介をしていきます。



 近年、香川県内の牛肉やハマチ、エビなどのブランドづくりに大きく貢献しているオリーブ。
いよいよその収穫の時期がやってきました。

 今回は三豊オリーブ株式会社を訪問しました。2回シリーズでご紹介いたします。

 インタビューにお答えいただいたのは、三豊オリーブ株式会社の宮武孝季(みやたけたかき)さんです。

IMG_5130.JPG

 今年は夏に雨がかなり少なかったり、雨に長雨となったりで影響が心配されたそうですが、無事実っているとのことです。

 早速園地を案内していただきました。

オリーブの木2.jpg

 素晴らしい秋晴れですね。オリーブの木々が輝いて見えます。

鈴なりオリーブ.jpg

木になっているオリーブの実.jpg

 たくさん実がなっています!この実からオリーブオイルが絞られるのですね〜

 さて、オリーブといえば、小豆島が有名なのですが、なぜこの三豊でオリーブ栽培を始められたのでしょうか。
 宮武さんに伺ってみました。

 実は、このオリーブ栽培は「耕作放棄地の再生」を目的とした事業だということなのです。

 約7年前、宮武さん達が産直の市場を運営されていた頃、地元の農家の方などから、跡継ぎもいなくて荒れていく一方のみかん畑などをなんとかしてもらえないか、と相談があったことがきっかけだったそうです。

 オリーブは原産地が地中海沿岸であることから、日当たりが良くて水はけのよい土地を好むことから、三豊市の仁尾町のみかん畑はその条件にあっていたようです。

 ただし、オリーブ栽培に転換することはそう簡単ではなかったそうです。
 既に荒れ果てて雑木林になった土地や水はけの悪い土地など、ゼロからというよりむしろマイナスからスタートすることが多かったそうですが、それらの悪条件を克服していくつもの園地を改良されてきたとのことです。

 その甲斐もあって、オリーブ園地は少しずつ増えてきており、現在では全体で5.5ha(標準的なサッカーコートの約8面分)にもなっているそうです。

 園地の様子.jpg

 ただし、園地は一つにまとまっているわけではなく、およそ120箇所にも分かれているそうですから、効率性から見ても作業はなかなか大変でしょう。

 それでも事業を続けられているのは、地域から必要とされているという使命感もあればこそなのでしょうね。
 耕作放棄地にオリーブを植え、その実を絞ってオイルを売ることで、地域の荒廃を防ぎつつ経済的な循環にも貢献されているのが三豊オリーブ株式会社です。

 そんな三豊オリーブ、宮武さんが作られるオリーブオイルは品質にも特別のこだわりをもって絞られているそうです

 次回はそのオリーブの収穫とオイルの製造についてご紹介します!

 ありがとうございました。  


🚩三豊オリーブ株式会社のホームページはこちら




furusatorogo (1).jpg


📝ふるさと納税について詳しく知りたい、してみたいという方
 インターネットのサイト「ふるさとチョイス」、または
 市役所HP内の「ふるさと納税 ふるさと応援納税寄付」をご覧ください!

📝返礼品の一覧
 「ふるぽ」でご覧いただけます!

ラベル:三豊オリーブ
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

【三豊市ふるさと納税応援企画】その2の2:さんわ農夢のお芋、出荷が始まってます♪

さくらです

三豊市ふるさと納税応援企画 その2 『さんわ農夢』
furusatorogo (1).jpg
バナーをクリック♪

 先日三豊市のふるさと納税についてご紹介いたしました(記事はこちら
 週刊みとよほんまモンRadio!では、ふるさと納税にご協力いただいている各事業者のみなさまのご紹介をしていきます。



今年もおいしい焼き芋が食べられる季節がやってきました♪

三豊市内の畑で育った、美味しいお芋・・・と言えば、
平成28年度 三豊市ものづくり大賞 大賞受賞
さんわ農夢株式会社の【弘法の恵・夢の芋】

1A62141B-CFEA-4FE1-9733-403566D73924.JPG

 〇ものづくり大賞受賞のお話 その1 その2
 土づくりへの想い、ブランド化への努力など、いろいろなお話を伺っています!


10月下旬の雨のころに掘られたお芋たち、
甘くするために寝かせる時間をしっかりとって、
お客様のところへ送る準備ができています!
IMG_2303.JPG  DSC07475.JPG
 〇雨の中の今年の芋ほりの様子はこちら


ほくほくの焼き芋にすると、おいしそうでしょ♬
CDEB66FC-88CA-43F3-B2BF-75519FFA0C18.JPG

・弘法の恵み(写真左)
色鮮やかな黄色で非常に甘い

・夢の芋(写真右)
しっとりと和菓子のような甘味があります。


ふるさと納税での発送も始まっています!
『田んぼのスイーツ』と言われるほどあま〜いお芋、
ぜひ、ご賞味ください♪

【三豊市ふるさと納税応援企画】その2:さんわ農夢でした♬


さんわ農夢関連の過去記事はこちらから


さんわ農夢(ノーム)株式会社
住所:三豊市山本町辻1393番地1
TEL:0875-63-2365
FAX:0875-56-7227
HPはこちら




furusatorogo (1).jpg

📝ふるさと納税について詳しく知りたい、してみたいという方
 インターネットのサイト「ふるさとチョイス」、または
 市役所HP内の「ふるさと納税 ふるさと応援納税寄付」をご覧ください!

📝返礼品の一覧
 「ふるぽ」でご覧いただけます!



posted by ほんまモンリポーター at 20:23| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする