2021年03月01日

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」企業人編 vol.4 

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」企業人編 vol.3 
株式会社 菅組 総務部 田尾円香さん
IMG_5959.jpg
―三豊市出身の田尾さんは、現在菅組で働き始めて2年目。
 地元の会社で働きたいという想いはあったのですか?
(田尾さん)
三豊市出身ですが、大学の4年間は関西に出ていました。家族と離れて過ごすなかで、もっと家族との時間を大切にしたいなと思い、三豊市へ戻って就職したいと思いました。
―菅組とのご縁は、どのように始まりましたか?
(田尾さん)
大学では、「まちづくり..
posted by ほんまモンリポーター at 07:00

2021年02月28日

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」会社編 vol.4 株式会社 菅組(後編)

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」会社編 vol.4 
 株式会社 菅組
前編に続き、代表取締役社長 菅徹夫さん(以下、菅社長)にお話を伺います。
 IMG_5955.jpg
―続いて、お聞きしたいのは、環境への配慮についてです。 
 HPを拝見していて、次世代に続く環境や森を大切にされていることが伝わってきます。
 このような視点は、最初からお持ちだったのでしょうか?
(菅社長)
1997年に、NPO法人ネットワーク地球村の高木善之氏の講演を聞く機会があり、地球温暖化の深刻さ、絶滅していく種が..
posted by ほんまモンリポーター at 10:00

2021年02月27日

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」会社編 vol.4 株式会社 菅組(前編)

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」会社編 vol.4 
 株式会社 菅組
代表取締役社長 菅徹夫さん(以下、菅社長)にお話を伺いました。
IMG_5955.jpg
三豊市仁尾町、父母ケ浜から続く海岸沿いの道に、たくさんの木に囲まれているところがあります。
この奥に、株式会社菅組(以下、菅組)の本社があります。
図1.jpg
(本社外観 画像提供:株式会社 菅組)
―三豊市にある建築業の中でも、菅組のように古い歴史のある会社はなかなかないと思います。会社の歴史を教えてください。
(菅社長)
菅組の..
posted by ほんまモンリポーター at 10:00

2020年11月19日

三豊ほんまもんゲストハウス探訪 「多喜屋」(仁尾町)

こんにちは、ひとみです🍀
インテリアコーディネーターである私がご案内する、三豊ほんまもんゲストハウス探訪。
今回ご紹介するのは、昨日ご紹介した『仁尾縁』第一弾としてオープンしたばかりの『多喜屋』です。
仁尾縁についての記事は こちら
4CE7AE79-0466-489B-9668-120DF5DF9207.jpeg
フロントとなっている表店の奥に多喜屋はあります。
B0B036AC-92B2-4682-AB6D-D32575C1A703.jpeg
もともと、江戸時代は商家だったという立派な建物。
痛んだ部分も、元々の材料を生かしながら補修され、しっかりと当時のままの趣が残されています。
..
posted by ほんまモンリポーター at 07:33

2020年11月18日

仁尾の街並み再生プロジェクト 始動!「仁尾縁」

こんにちは ひとみです🍀
仁尾町といえば、皆さんがイメージするものは何でしょうか?
今は何と言っても父母ヶ浜のイメージが強いかもしれませんね。
265F575B-E463-414C-91FB-1C511EBDC4D7.jpeg
目の前は海、3方を山に囲まれた仁尾町は自然の美しさはもちろん、海上交通の便がよく、古くは戦国時代から大変栄えた町でした。
ある時は城下町として、ある時は寺町として、商工業の中心地として。
それは今でもたくさんある立派な寺院や、町の風情に色濃く残っていて、
一歩街へ入ると、白い漆喰やなまこ壁など、なんとも味わい深い建物が多い..
posted by ほんまモンリポーター at 01:00

2020年03月12日

みとよほんまもんゲストハウス探訪 「讃岐緑想」 後半

こんにちは ひとみです🍀
インテリアコーディネーターでもある、私がご案内する
「みとよほんまもんゲストハウス探訪」
回ご紹介するのは父母ヶ浜目の前!
完成したばかりの「讃岐緑想」
後半です。
前半の記事はこちら
2階に上がるとこの建物1番のビュースポットが
IMG_3130.JPG
もちろん、おかぴ・・・座ってます
「最高
砂浜も、その奥の父母ヶ浜に沈む夕日もここから眺めることができます。
たくさんの人が動いているのもここから見ると..
posted by ほんまモンリポーター at 01:00

2020年03月11日

みとよほんまもんゲストハウス探訪  讃岐緑想 前半

こんにちは ひとみです🍀
インテリアコーディネーターでもある、私がご案内する「みとよほんまもんゲストハウス探訪」
今回ご紹介するのは父母ヶ浜目の前!完成したばかりの「讃岐緑想」
瀬戸内海を巡る豪華客船の宿「ガンツウ」を手がけた、日本を代表する建築家である堀部安嗣がデザイン!
そして、江戸時代末期、宮大工集団が始まりという地元密着の工務店である菅組がプロデュースするゲストハウス
一体どんな空間が待っているのか、入る前からワクワクです。
..
posted by ほんまモンリポーター at 01:00

2019年03月15日

たき火炭火で「遊ぶ」マーケット@仁尾・松賀屋

アウトドア好きに朗報!
3月24日(日)は、仁尾町・松賀屋に集まれー!
たき火炭火で「遊ぶ」マーケット@仁尾・松賀屋
D02F27EE-BD04-4933-8982-FBF2973D840D.jpg
自分のメシは、たき火&炭火で、自分で作る!!
無人島をジャックする「瀬戸内デイアウト」の面々がしかける、野外料理の体験マーケット
屋台みたいにすぐに頬張れるわけじゃありませんが、自ら火をいじり、「熱い!」「焦げた!」(じゅわり)「うまっ!」と作る過程ごと胃袋におさめましょう
5C78A474-21BE-4100-B7F8-006CC3346252.jpg
555E0295-F7C0-4DBA-80D0-4B2219C22447.jpg
その他、薪ストーブやテントの展示、薪割り体験、仁尾の山のパワースポ..
posted by ほんまモンリポーター at 19:55

2013年11月05日

11月10日(日)木のじかん 〜古木里庫xせとうち暮らし〜

秋をすっ飛ばしたかように、ぐっと寒くなってきた11月 さくらですかわいい 今週末のほっとあたたまりたくなる、ちょっとおしゃれなイベント、ご紹介です 11月10日(日) 午前10時〜午後4時 木のじかん 〜古木里庫 のみの市〜 event155_03.jpg  三豊市仁尾町にある古材と薪ストーブのお店、古木里庫  x 瀬戸内海に浮かぶ島々と陸をつなぐ島マガジン「せとうち暮らし」  瀬戸内海の島と陸をつなぐ島マガジンとして、たくさんの方に  注目されている島マガジン『せとう..
posted by ほんまモンリポーター at 11:34

2013年09月22日

ビフォーアフター!! つたじま丸 → 一昨日丸 〜ワークショップ編〜

こんにちは!もりいちです! 瀬戸内国際芸術祭2013秋会期まで約2週間 皆さんご存知のアーティスト日比野克彦さんの作品制作が 本格化していきます!→日比野さんについて詳しくはこちら DSCN1748.JPG 日比野さんが粟島にて制作・展示する作品は ソコソコ想像所瀬戸内海底探査船美術館「一昨日丸」 において、瀬戸内海の海底より引き上がった遺物を展示! そして、仁尾町蔦島行きの渡船「つたじま丸」を「一昨日丸」へと 変貌させるべく、仁尾港にて「つたじま丸」を上架。..
posted by ほんまモンリポーター at 13:37

2013年02月25日

23日(土) 三豊市初の企業説明会が開かれました!

2月23日(土曜) 三豊市初の企業説明会が開かれました! IMG_0619.JPG 企業説明会へ参加された企業名(50音順)はこちら 有限会社 石井製パン 株式会社 イナダ 株式会社 エイデン 大倉工業 株式会社 大淀ボイラー興業 株式会社 株式会社 喜田建材 株式会社 クシベウィンテック 株式会社 広立 株式会社 五星 さぬき麺機 株式会社 株式会社 菅組 大黒工業 株式会社 有限会社 詫間水産 株式会社 タクマテック 東洋炭素 株式会社 日本工機 株式会社..
posted by ほんまモンリポーター at 10:18

2011年12月11日

薪ストーブと古材のお店 古木里庫 インタビュー

薪ストーブに関する道具って、なんだかおしゃれですよねえ〜 DSC02814.JPG  鍋ひとつとってもかわいいるんるん すっかり憧れモードの乙姫さくらですぴかぴか(新しい) 先日の古木里庫さんのあたたかい薪ストーブ 菅組の菅徹夫社長に薪ストーブについて、たっぷりお伺いしました IMG_2478.JPG 薪ストーブの魅力について教えてください 暖房器具の一つですが、あたたかさの質が違います 輻射熱のため、体の芯から深くあたたまりますので 数字に現れない、質の違うあたたかさが一つ そして、視覚的に..
posted by ほんまモンリポーター at 21:10

2011年12月09日

薪ストーブと古材のお店 古木里庫

寒い冬 心も体もあたためてくれそうなほんまもんを探して   出会ったほんまもん 薪ストーブと古材のお店                古木里庫 まずは、”古木里庫”というかわいい名前について、うかがいましたひらめき 4〜5年前から 建築資材のストックしていた倉庫の跡地に 古民家を解体した時にすてられてしまうような古材を ”もったいない”とストックを始めたのが始まり その後、どんどん集まってきたので、ギャラリー形式で 古民家を利用..
posted by ほんまモンリポーター at 21:44